ホーム » スポンサー広告抜け毛の原因 » 抜け毛はコラーゲン不足が原因という説|頭皮の真皮の新陳代謝が減る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

抜け毛はコラーゲン不足が原因という説|頭皮の真皮の新陳代謝が減る

お肌の曲がり角は頭皮にも関係あります


コラーゲン。良くきく言葉ですね。
「お肌のコラーゲン年齢はいくつ?」なんて
よくテレビ番組でやっています。

コラーゲンというのは、年をとっても体内の全体量は変わらないものの、
年を取るにつれて老化していきます。

では、コラーゲンが老化すると、どうなるか?

女性が最も気になることと言えば、お肌のシワじゃないでしょうか。
コラーゲンが老化すると皮膚の老化につながるのことはよく知られています。

俺は男だから、多少シワがあってもいいや・・・。
いやいやちょっと待って!
コラーゲン不足は実は抜け毛にも影響があるのです。


皮膚にはコラーゲンが含まれているということは
頭皮にも、もちろんコラーゲンが含まれています。
具体的には、頭皮の真皮という部分には70%くらいの
コラーゲンが入っているとのこと。



つまり、真皮内のコラーゲンが不足してくると
真皮自体の新陳代謝が落ちていき、毛根に栄養が
行き届かなくなるということです。


じゃあ、コラーゲンを毎日どのくらい摂ればいいのか?

コラーゲン不足に陥らないためには、
1日最低5グラムのコラーゲンを摂ることが必要とされています。

もちろん、コラーゲン不足だけが抜け毛の原因ではないですが、
すこしでも原因となる要素は取り除いたほうがいいですからね。

しかもコラーゲンは、大量に摂取しても一定量しか体内に入らないため、
体に悪影響はありませんのでご安心を。


コラーゲンはおおむね、1ヶ月以上摂取すると効果が出てきます。

さて、どんな食品にコラーゲンは含まれているかということですが、
ざっとあげると、さんま、シャケ、鶏軟骨、手羽先、牛すじ
などなどです。

ところが、これらの食品で1日5グラムのコラーゲンを摂ろうと思ったら、
相当の量を食べないといけません。ちなみに、さんまですと16匹も必要です!
しかも皮も骨も食べなきゃいけません。

これは、ちょっとムリがありますね。

そこで、一番おすすめなのが、ちりめんじゃこ
こちらは、22グラムで5グラムに相当するので、
毎日でも食べられるでしょう。ただし塩分にだけ気をつけてくださいね。

ちりめんじゃこ

あとは、一人暮らしで時間の無い方などは、
サプリメントで摂取することをおすすめします。

こちらのサプリもコラーゲンの形成に役立ちます。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。