ホーム » スポンサー広告抜け毛の原因 » 睡眠の質で抜け毛の本数が変わるとしたらどうしますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

睡眠の質で抜け毛の本数が変わるとしたらどうしますか?

睡眠不足も抜け毛の原因のひとつですが、
それは副交感神経の働きが関係していると、こちらの記事に書きました。


副交感神経の働きが活発になるのは、夜の10時から夜中の2時までと言われています。
ちょうどこの時間帯に髪の毛が成長するので、夜10時までには寝ましょう、ということなのですが、
そうは言っても、なかなかすぐに寝付けない方もいると思います。


では、どうしたら寝付きを良くすることができるか、
そして質の良い睡眠をとることができるのか、
この点について、まとめてみます。


まずは基本的なことから。

食事は寝る3時間、できれば4時間前までには済ませておきたいですね。
特に油っぽく、胃がもたれるものは消化に負担がかかりますので、睡眠の敵です。
夜は油っぽいものを控え、食事の量も食べ過ぎないようにすることで、質の良い睡眠がとれます。


そして、入浴は就寝の1時間前までに済ませておきましょう。
お風呂に入ると、交感神経が強くなり、興奮状態になります。
もし時間がない場合は、ぬるめのお湯やシャワーで済ませましょう。熱いお湯はNGです。


寝る前に摂ってはいけないもの、
それはコーヒーや紅茶などのカフェインの入っているもの。
そして、アルコール類です。

カフェインを飲むと、脳が興奮状態に入るので、
寝るどころではなくなります。

また、アルコールは一見、寝付きが良さそうにも思えますが、
睡眠の質は悪くなりますので注意が必要です。

逆に、ホットミルクなどは安眠効果があるので、
就寝前に飲むと質の良い睡眠を助けてくれますよ。


そして、これがもしかしたら睡眠の質を落とす一番の原因かもしれないのが、
寝る前にパソコンやスマホなどにいそしむ行為です。

パソコンのモニターやスマホの画面を長時間見ていると、
光の刺激を脳が受けるため、寝付きが悪くなります。

パソコンに夢中になる原因のひとつは、
フェイスブックやツイッターなどのSNSがありますね。
SNSにハマり過ぎると、寝る時間も惜しむようになり、
キリがなくなりますので、ほどほどにしましょう。


そして上に挙げたようなことに加えて、
早寝、早起きができればなお完璧ですね。

仕事の関係で帰宅が遅い方は難しいかもしれませんが、
なるべく朝早く起きるようにすると生活のリズムも変わってきます。


そしてポイントは、休みの日も同じリズムで生活することです。
明日は休みだから、今日は夜更かししちゃおう、というのは
生活リズムが崩れますので注意しましょう。

また、休日の寝だめ、昼寝の取り過ぎなども夜の睡眠の質を
さげますので気をつけてくださいね。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。