ホーム » 頭皮のトラブル » 脂性フケと乾性フケの違いと見分け方

脂性フケと乾性フケの違いと見分け方

乾性フケはパサパサ、脂性フケはベトベトする


頭皮の悩みで抜け毛や薄毛と並んで、多いのがフケではないでしょうか。
年齢に関係なく、フケで悩んでいる人は多いです。
イヤですよね、フケって。不潔そうだし、人にもなかなか相談できないものです。


一口にフケといっても、大きく分けて2つのフケの種類があります。
それは乾性のフケと脂性のフケです。
どちらも頭皮のトラブルが原因で発生するという点では変わりません。


簡単な見分け方は、乾性のフケは細かくてパサパサと落ちます。
反対に脂性のフケは大きくて、べたついているのが特徴です。

乾性のフケの原因は、シャンプーのしすぎが主な原因です。
洗髪のし過ぎで、頭皮に必要な皮脂分までも取り除かれて
しまって頭皮が乾燥している方がなりやすいのです。


また、冬の時期など空気が乾燥してフケが出る方もいます。
髪を手で触って静電気が起きる方などは、
乾性肌の可能性が高いので乾性フケが出やすいかもしれません。


脂性のフケは、パサパサとは落ちず、手ぐしやコームで
髪を溶かした時に、ついてきます。比較的大きめな塊なので、
すぐにわかります。色も黄色っぽい場合があります。


このフケは頭皮の皮脂が過剰分泌しまっていることが主な原因になります。
脂性肌の男性に多い症状です。頭皮と顔はつながっているため、
ニキビのある方は脂性肌の方が多いでしょう。


この場合、皮脂分が頭皮に残っているため、そのままにしておくと酸化して
毛根の働きを弱めてしまうため、抜け毛の原因にもなりかねません。

また、脂性肌の方の場合、皮脂分を好物とする
真菌(マラセチア)が繁殖しやすく、フケが出てしまうので、注意が必要です。



説明したとおり、乾性フケと脂性フケでは、肌の体質も違いますし、
原因も異なるため、たとえば、乾性フケの方が、脂性肌用の
シャンプーを使っても治りませんし、その逆もまたしかりです。

フケを治すにあたっては、まずは自分のフケがどちらの種類なのかを見分ける必要があります。
関連記事

Return to page top