ホーム » 育毛関連ニュース » 医薬品のネット販売が禁止は本当に解除されるのか?

医薬品のネット販売が禁止は本当に解除されるのか?

医薬品のネット通販は便利か、それとも・・・


2009年の改正薬事法の施行以来、ネット医薬品販売は副作用リスクが高いとされる、
第1類と第2類の医薬品が禁止されていましたが、
2013年1月に行われた裁判では、ついにネット通販業者が厚生労働省に勝訴しました。


その後、原告のケンコーコムは一般医薬品のネット販売を本格的に再開スタート。
禁止以前よりも売上が好調のようです。




ケンコーコムが扱っている商品は、育毛剤やED関連の医薬品、
ジェネリック医薬品など、通常のネット通販では手に入らなかったもの。
これが豊富に揃っているから、売上げ好調も納得です。


そもそも、育毛剤などの医薬品は、個人が海外から取り寄せるのは面倒な上、
リスクも伴う。また医薬品の特性上、薬局などに買いに行くのは恥ずかしいものですよね。
消費者としては、ネットで医薬品が購入できるのは便利なのは間違いないです。


だから、こういった医薬品専門のネット通販業者は、
これから、どんどん増えていくのかもしれませんね。

ただ、厚生労働省は裁判で負けたにもかかわらず、
依然として医薬品のネット販売を省令として掲げたままなのです。

そりゃ、副作用のリスクはそこそこあるものだし、
厚生労働省は国民の安全確保に務めるという大義名分があるから
引き下がれないのはわかりますけれど・・・。


問題は、ネットで医薬品を扱う際に、副作用のリスクが十分に理解されなかったり、
ニセモノの医薬品が出回ったり、その結果、
健康を害する人が出てくるのではという心配があることです。



考えれば考えるほど、難しい問題ですが、
信頼のおける業者であれば、ネットでの購入もそこまで問題が
起きるとは思えない。新たに参入してくる業者に対する見極めを厳しくしていくしかないでしょうね。
関連記事

Return to page top