ホーム » スポンサー広告抜け毛の原因 » 枕についた抜け毛の本数は何本?|1日に抜ける髪の毛の本数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

枕についた抜け毛の本数は何本?|1日に抜ける髪の毛の本数

朝起きたら、枕に抜け毛がたくさん!
これってヤバイんじゃ・・・?



これは私の経験になりますが、ある朝、起きた時に
枕カバーの上に、10本くらいの抜け毛を発見しました。
たまたま、枕カバーが白だったので目についたのです。


その日は、1日気分がブルーで、
「俺ハゲちゃうのかな」と気になって、気になって、
仕事に身が入らなかったことを覚えています。


平均的な数値として、1日に抜ける髪の毛の本数を
計算すると、こうなります↓↓↓



日本人の髪の毛の本数(平均)=約10万本(※欧米人は約14万本)

髪の毛のヘアサイクルが、おおむね5年ですので、
10万÷(5年×365日)=約55本


ただ、あくまでもこれは計算上の数値です。
人それぞれが、髪の毛の本数や成長期の長さも違います。
また、抜け毛が多くなる季節もあります。


ですから、気をつけて欲しいのは、55本を超えたから、とか
100本を超えたから、という理由だけで、
このままじゃ、ハゲになると、短絡的に考えないことです。


個人的なことですが、思春期だった頃、年齢で言えば
15、6歳のころの僕は、正確に数えたわけではありませんが、
1日150本以上は間違いなく髪の毛が抜けていました。


自分の部屋の掃除をする度に、髪の毛が掃除機に詰まってましたし、
毎夜シャワーを浴びるたびに、排水溝がみえなくなるくらいの抜け毛がありましたから。

でも、そのままハゲにはならなかったのです。
つまり、正常な抜け毛だったわけですね。


考えるに、私自身、もともと髪が多かったことと、
思春期だったので新陳代謝が活発だったことも
影響しているかもしれません。


一例を出しましたが、抜け毛の本数は異常・正常を問わず
個人差があるということです。

ですから、間違っても枕の抜け毛の本数を数えて、一喜一憂しないことです。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。