ホーム » 食事 » 鉄分不足は抜け毛を進行させる|若い女性に多く見られる鉄欠乏症の症状

鉄分不足は抜け毛を進行させる|若い女性に多く見られる鉄欠乏症の症状

若年~中年の女性に多い鉄分不足で髪の艶がなくなり脱毛する


女性は男性と違って、生理が定期的にあるために、
その際の出血によって、体内の鉄分も失います。
体内に、鉄分の予備があるのですが、これがなくなると、鉄欠乏性貧血という症状にかかります。

これが、男性よりも女性が鉄欠乏性貧血になりやすい理由のひとつです。

また、これも若い女性に多いのですが、偏食や過度のダイエットによって、
鉄分が十分に摂取されない状況が続くことでも鉄欠乏性貧血になります。

鉄分不足で抜け毛が心配

実は、この鉄欠乏貧血になると、抜け毛が多くなることがあります。
これは、ある研究によって報告もされているのですが、
鉄の欠乏が、休止期脱毛を発症させるということです。


休止期脱毛症は、ヘアサイクル上の
成長期→退行期→休止期→自然脱毛という本来の流れの中の
成長期にあるはずのものが、急に休止期に移行することで生じます。


休止期脱毛症の特徴は、びまん性と言われる
頭部全体が薄くなっていくことが挙げられます。

鉄欠乏症による休止期脱毛症は、鉄分の摂取を怠らなければ、
徐々に回復していきます。


ちなみに鉄分を多く含む食材ですが、
代表的なものに、レバー、まぐろ、かつお、いわし、牡蠣、
ほうれん草、ブロッコリー、ひじき、豆乳、そば
などなどです。

鉄分は、ビタミンCやたんぱく質を一緒に取ると、吸収がよくなると言われています。
特に、朝食の30分前に取ると、最も効率よく吸収されると言われています。


一人暮らしなどで、偏食がちな方は、合わせてサプリメントでも摂取されると良いでしょう。
関連記事

Return to page top