ホーム » 有効成分 » FGF-5とFGF-5SとFGF-7とは

FGF-5とFGF-5SとFGF-7とは

育毛シャンプーや育毛剤などを使っていたり、
チェックしている方は、FGFという単語を見たり
聞いたことがあると思います。


FGF=Fibroblast Growth Factorの略で、なんでも
線維芽細胞増殖因子というらしい。
増殖因子というくらいだから、髪の毛に良さそう、というのはなんとなく分かるのだけど・・・。


しかし、よくよく調べてみると、FGF-5というのは、
脱毛司令を行う、脱毛因子なんですね。

それでFGF-5Sというのが、まさに線維芽細胞増殖因子
と呼ばれるそのもの。こちらは、FGF-5Sは毛乳頭と結合して
発毛司令を出します。


こりゃ、名前が似ているんで、こんがらがってきますね。


FGF-5Sは線維芽細胞増殖因子はタンパク質で
人間の体内にもともとあるものですが、加齢と共に減少するんです。


そしてこのFGF-5Sという成分は、非常に脆くて、
寿命は何と5時間しかないという、さらに外部から取り入れようとすると
とても高価なんで不可能に近いと。


ただ、育毛剤の中には体内でこのFGF-5Sを間接的に
生成させるものも出てきています。


FGFつながりで、もうひとつ、FGF-7という成分もあります。
これは別名KGFと呼ばれるもので、毛乳頭細胞から産生され、
毛母細胞に働きかける発毛促進因子です。



調べてみると、このFGFは、その他にもFGF-1やFGF-2
など計23種類もあるそうで、様々な細胞に対して、増殖を促したり、
分化誘導をもたらす細胞間のシグナル因子です。


実際に美容の現場では、このFGFを使ってニキビを治療したり、
皮膚の再生に使われたりもしているようですね。

興味のある方は、このFGFという成分、チェックしてみてください。
関連記事

タグ / FGF育毛

Return to page top