ホーム » スポンサー広告生活習慣 » 副交感神経の働きが頭皮の血管を拡張|寝不足で髪の毛が減る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

副交感神経の働きが頭皮の血管を拡張|寝不足で髪の毛が減る

副交感神経の働きを最大限活かす睡眠を心がけよう

睡眠は髪の毛を健康に保つためにも重要な要素です。
「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
髪の毛に関して言うなら「寝ると髪は育つ」のです。


夜更かしなどをして、睡眠時間を削ると体の疲れがなかなか取れません。
これは体の機能が低下している証拠です。
そして、それは確実に髪の毛や頭皮にも悪影響を与えています。

人は睡眠を取ると、免疫力が高くなります。
皆さんも経験があると思いますが、睡眠時間を削ったり、
深い睡眠が得られないことが続くと、風邪をひきやすくなったりします。


免疫力が低下すると、体は、重要な働きをする臓器を守ろうとします。
髪の毛や頭皮は、それほど重要ではないとみなされますので、
頭皮や髪の毛が一番最初にダメージを受けるのです。


人が睡眠を取ると、体は交感神経から副交感神経のスイッチに切り替わります。
特に、午後10時から午前2時までは、副交感神経が最も活発に働く時間帯で、
成長ホルモンも大量に分泌されます。



つまり、この時間帯に寝ていないと、副交感神経が働いていない、
そして成長ホルモンがでない、ということになります。
これは髪の毛にとっては、とんでもない機会損失です。


副交換神経が正常に働くことによって、血管拡張作用が働き、
頭皮の血行が良くなります。

頭皮の血行が良い状態においては、
毛根の細胞に栄養分がしっかり行き渡ります。

また、寝ている時は心臓と頭がほぼ同じ高さなので、
血液も頭皮にいきやすいのです。


睡眠を取るときは、なるべく毎日、同じ時間に寝て、
同じ時間に起きるとよいでしょう。毎日の寝る時間がバラバラだと、
体がついていかず、深い充実した睡眠が取れません。


髪の毛や頭皮に良い睡眠とは・・・

・睡眠不足にならないような生活習慣を心がける
・熟睡する。
・毎日なるべく同じ時間に眠りにつく。



また、寝る前に食事を摂ったり、熱いシャワーやお風呂に入ったり、
深酒などをすると、深い睡眠を妨げる要因にもなりますので注意してください。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。