ホーム » 育毛シャンプーについて » ノンシリコンシャンプーは本当に髪や頭皮にメリットがあるのか?

ノンシリコンシャンプーは本当に髪や頭皮にメリットがあるのか?

育毛シャンプーに限らず、最近は、ノンシリコンを前面に押し出して
買い手に安心感を与えるシャンプーが増えています。

さらには、無添加・無香料、無鉱物油、植物性天然素材うんぬん・・・。
どれもこれも、髪の毛や頭皮に優しく良さそうな雰囲気がありますね。


食べ物などでもそうですが、無添加やオーガニックと聞くと
「体に良い」と素直に反応してしまう方が多いのかもしれません。

もちろん、言葉の通りの素晴らしい物もありますが、単純に、
全てを肯定するのはどうかと思います。


そもそも、ノンシリコンとは何か?

シャンプーに入っているシリコンは、具体的にはジメチコン、シクロメチコン、
シリカ、シロキ、シラン等
の成分表記がされています。

シリコンとは、いわゆるコーティング剤です。
コーティング剤のおかげで髪に皮膜が作られ、
髪への負担が少なくなり、指通りがよくなります。


なぜシリコンをシャンプーに入れるのか?

現在最も使われているシャンプーは高級アルコール系のものです。
これは洗浄力が強いタイプのもので、価格が安いのが特徴です。


洗浄力が強いため、汚れを取り除いてくれるのですが、
洗髪中に指通りが悪く指に髪が絡んでしまったり、
洗髪後にも髪がきしみ、パサパサしたりします。

そこで、シリコンを入れることで、これらの問題が解決します。


シリコン自体は、化粧品などにも使われており、
安全性に関しては、それほど心配するものではありません。

ただ、育毛シャンプーの宣伝文句でよく見かけるのが
「シリコンが毛穴に詰まって皮脂が毛穴に閉じ込められる」
「頭皮に悪影響を及ぼし、抜け毛の原因になる」

などです。

完全にシリコンが悪者に書かれていますよね。


実は、シリコンが頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすという根拠は
どこにもありません。

また、正しい方法で洗髪をすれば、頭皮や毛穴にシリコンが残ることもありません。


ただ、最近は育毛シャンプーの主流は、アミノ酸系シャンプーで、
これは高級アルコール系のものに比べると洗浄力がほどほどに抑えられていますので、
ノンシリコンのものが多いのです。

ですから、頭皮のトラブルや抜け毛、薄毛にお悩みの方は、せっかくですから
アミノ酸系シャンプー+ノンシリコンという選択肢がベストだとは思います。

ただ、シリコン=悪という考え方は間違いで、シリコンは前述したような効能があり、
自分の髪の毛や頭皮の状態に応じて、使い分けたり、選ぶということが重要だと思います。
関連記事

Return to page top