ホーム » スポンサー広告男性型脱毛症(AGA) » AGAの40代の発症率はなんと30%|男性型脱毛症が発症する原因とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

AGAの40代の発症率はなんと30%|男性型脱毛症が発症する原因とは

AGAは男性ホルモンが毛乳頭細胞に働きかけて発症する

男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)は
何も今に始まったものではありません。

最近では、ストレス、シャンプーのし過ぎ、外食中心の生活が
抜け毛や薄毛の原因だと言われていますが、
実際には、男性の薄毛のほとんどの原因はAGAであり、
AGAを引き起こすのは男性ホルモンが作用することが原因だからです。


ある調査によれば、今も30年前もAGAにかかる人の割合は、ほとんど変わらないそうです。
現在AGAにかかっていると思われる男性は、推定で1000万人以上もいると言われ、
40代以降の男性の場合、約30%が発症するほどポピュラーなものなのです。

ちなみに、欧米人は男性の50%がAGAを発症します。
人種的には、アングロサクソン系に多い症状なのですね。


男性ホルモンは男性にも女性にもありますが、思春期になると
男性本ルモンの働きが活発化され、軟毛が硬毛に変わります。

男性であれば、ヒゲやすね毛、ワキ毛などが濃く、太くなってきますよね。
女性の場合は、ヒゲなどは軟毛のままですが、陰毛やワキ毛などは硬毛化してきます。


代表的な男性ホルモンである、テストステロンは細胞内で
5αリダクターゼという酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。


このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプターと結合して、
標的遺伝子に結合して作用します。


男性ホルモンであるDHTは毛根の毛乳頭細胞に働きかけるのですが、
前頭部や頭頂部では脱毛シグナルを出すのです。

これがAGAの症状を引き起こすメカニズムになります。


では、なぜAGAが前頭部と頭頂部にのみ作用するかというと、
頭部には、前頭部と頭頂部にのみ男性ホルモンレセプターが存在するからです。


ですからAGAのハゲのパターンを見てみると、
前頭部から禿げ上がったり、頭頂部が薄いという方はいますが、
後頭部がハゲる人はまずいません。
関連記事

タグ / AGA40代

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。