ホーム » スポンサー広告抜け毛と頭皮の関係 » 頭皮の皮脂が多いと本当に抜け毛が増えてしまうのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

頭皮の皮脂が多いと本当に抜け毛が増えてしまうのか?

皮脂の過剰分泌が直接抜け毛や薄毛の原因にはならない


育毛シャンプーや育毛剤の宣伝文句を読んでいると、
よく出くわすのが、「頭皮の皮脂が多くなると抜け毛が増える」
というもの。


洗浄力の強いシャンプーで洗髪をしていると、
一時的に頭皮や毛穴の皮脂が取り除かれます。
そうすると、頭皮は乾燥します。

ところが今度は、頭皮や毛穴に皮脂分が足りないと
皮脂腺から以前よりも多く皮脂分が分泌されることになります。
これが皮脂の過剰分泌が起こる原因です。


皮脂が多くなった頭皮は、よくギトギトの頭皮や
髪がべたつくなどと表現されますが、こういう方は
洗浄力の強いシャンプーで洗い続けている傾向にあります。


では、皮脂が過剰分泌されると
頭皮にはどんな影響がでてくるのでしょうか?


よくあるトラブルとして、
皮脂が毛穴に詰まり、それが酸化すると、過酸化物質となり
毛穴の中で炎症を起こすというもの。

これが、フケやかゆみ、頭皮からイヤなにおいと出す原因です。

しかし、皮脂の過剰分泌が直接、抜け毛の原因になるというのは
どうでしょうか?

例えば、このような頭皮のトラブルが発展して、
脂漏性皮膚炎を発症し、粃糠性脱毛症になることはあります。

ただ、こういった抜け毛は皮膚科で外用薬や内服を処方してもらう必要があり、
当然ながら育毛シャンプーや育毛剤では治療はできません。

粃糠性脱毛症も、一時的なものであり、
俗に言われる「抜け毛・薄毛」のジャンルには当てはまりません。
頭皮の炎症が治れば、また新しく毛が生えてきますので。


抜け毛、薄毛のほとんどの理由は、男性ホルモンにあります。
もちろん男性ホルモンの増加に伴って、皮脂腺が活発化され
皮脂の分泌量が増えますが、これが抜け毛や薄毛の原因ではありません。


ですから、育毛シャンプーや育毛剤の宣伝文句で
皮脂が抜け毛や薄毛の原因というようなものがあれば、
購入する前に販売元に確認されたほうが良いでしょう。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。