ホーム » スポンサー広告医薬品 » 海外の育毛剤と日本の育毛剤の違い|海外の育毛剤は安全なの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

海外の育毛剤と日本の育毛剤の違い|海外の育毛剤は安全なの?

日本にも星の数ほどの育毛剤があるように、
海外にも育毛剤はたくさんあります。
今回は、育毛剤の中でも医薬品に絞りたいと思います。


最近では、個人輸入などで海外の育毛剤を利用している人も増え、
ほとんどの場合、個人輸入代行業者を利用していることが多いようです。




海外と日本の育毛剤の違いですが、
育毛剤そのものの成分は同じでも、海外の場合、
成分の含有率が高く、
日本のものは低くなっています。


これは日本と海外での薬事法の違いなどがあり、
日本の場合、安全性を重視するため、含有量は少なくなっています。

例えば、AGAの治療に有効とされているミノキシジルの場合、
含有量は海外と日本では以下のようなちがいがあります。

<ミノキシジル>
海外 商品名:ロゲイン(含有率5%、2%※女性用)、サンドロックス(5%、12,5%、15%)

日本 商品名:リアップ(含有率1%)


サプリメントでも同じことが言えますが、
海外の製品は、海外の人向けに作られています。

体格や内蔵、肌なども含めて、日本人と海外の人では、
医薬品に対する適応の度合いは変わってきます。


勘違いしてほしくないのは、含有率が高いから、
より効果があるから、海外製の育毛剤を試してみよう、
と早合点してしまうことです。


医薬品ですから、含有率が高ければ、効果も高くなりますが、
副作用が起こる可能性も高くなります。


例え、ハゲが治っても身体がおかしくなってしまったら、
本末転倒になってしまいます。


日本で発売されている、処方されている医薬品の育毛剤は、
日本人の頭皮や肌の質などに合わせて研究がなされて、
開発されているため、基本的には日本のものを使うことをおすすめします。


何よりも安全性が高い、副作用の心配がなるべくないものが
一番ではないでしょうか。

日本の医薬品を使用してみて、効果が感じられず、
かつ副作用が起きてないのであれば、
海外の医薬品を試してみるのもいいと思いますが・・・。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。