ホーム » スポンサー広告抜け毛を予防する食品 » 亜鉛はタンパク質を髪の毛に変える|亜鉛不足で髪は細くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

亜鉛はタンパク質を髪の毛に変える|亜鉛不足で髪は細くなる

亜鉛は髪の毛が太くたくましく成長するための必須ミネラル


髪の毛が成長するのに必要な栄養素は、
タンパク質とビタミン、そして亜鉛です。
このうち、どれが不足しても健康な髪の毛は生えてきません。


髪の毛の成長に対する、亜鉛の役割は、
ケラチンというタンパク質を髪の毛に変えることです。

いくら良質のタンパク質が豊富にあっても、
亜鉛が不足していれば、元気な髪の毛は作られませんし、
抜け毛が増えたり、髪が細く弱くなっていきます。


亜鉛を頭皮から直接吸収させることは不可能なので、
他のタンパク質やビタミンなどの栄養素も含めて、
食べ物として口から取り入れるしかありません。


亜鉛を含む食品を以下に挙げます。

牡蠣、レバー(豚肉、牛肉)、うなぎ、卵黄、納豆、ナッツ類など。


亜鉛の1日の必要摂取量は、成人男性で12mg、成人女性で9mgです。
亜鉛は基本的に、食物から摂取しにくく、たとえ亜鉛を含む食物を積極的に摂ったとしても、
調理の途中で亜鉛が失われたり、体内に入ってからも吸収されにくいと言われています。


ただ、クエン酸とビタミンCと一緒に摂ることで、
体内への吸収率はアップします。

たとえば、牡蠣と一緒にレモン(ビタミンC)や
梅干し(クエン酸)を食べるなど、工夫してみましょう。


また、一人暮らしなどで、食事で摂りにくい場合には、
サプリメントで補充するという手もあります。
ただこの場合、摂取量オーバーにならないように気をつけてください。


亜鉛を大量に摂取すると、免疫力が落ちてしまい、
風邪を引きやすくなったり、頭痛や吐き気などを催すという
副作用が報告されていますので、くれぶれも1日の摂取量は守りましょう。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。