ホーム » 副作用について » 育毛剤の副作用を知ろう|ミノキシジルとフィナステリドの副作用

育毛剤の副作用を知ろう|ミノキシジルとフィナステリドの副作用

医薬品を使用する前には、使用方法、用量などを確認すること!

育毛剤には、医薬品と医薬部外品があるというのは
以前の記事でご紹介しました。


医薬品の育毛剤は、抜け毛・薄毛を「脱毛症」という病気として捉え、
その症状を治療するために頭皮に塗布したり、内服を摂取します。
医師が処方し、適切に使うことで、医薬部外品に比べて、
症状が改善する可能性は非常に高くなります。


ところが、医薬品は治療に効果があるゆえに、
今度は副作用の心配が出てきます。

代表的な医薬品の育毛剤の成分である、
ミノキシジルとフィナステリドにも、
以下のような副作用が報告されています。



ミノキシジル(商品名:リアップ、ロゲインなど)

毛深くなる、頭皮が痒くなる、血圧の低下など。

※特に、心臓病の既往歴がある方や血圧に異常がある方は、
 医師に相談の上で処方してもらってください。


フィナステリド(商品名:プロペシア)

男性機能不全、性欲減退、胃の不快感、頭痛など。

※副作用はもともと少ないものの、未成年男子や
 女性は服用できません。


最近では、個人輸入業者を使って、海外から
医薬品の育毛剤や錠剤を手に入れる人が増えています。

日本のものに比べて、海外の医薬品は成分濃度が高いため、
副作用の危険性も高くなりますので注意が必要です。



いずれにしても、アレルギーのある方、心臓病や血圧に異常がある方は、
医師としっかり相談した上で、処方してもらいましょう。
また必ず、1日に決められた用量・分量を塗布、摂取するようにしてください。

また、使用し始めて、体に合わないと感じたら、
すぐ使用を中止し、医師の判断を仰いでください。

関連記事

Return to page top