ホーム » スポンサー広告抜け毛の原因 » 毛深くてヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になるという噂は本当か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

毛深くてヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になるという噂は本当か?

「毛深いと薄毛、ハゲになりやすい」

これって、巷でよく聞くフレーズですよね。

結論から先に言ってしまうと、これは半分正しく、半分正しくありません。


なにを隠そう、管理人は毛深い体質で体毛が人よりも多いほうです。

でも40代中盤に差し掛かった今現在、ハゲてはいませんし、薄毛でもありません。

この事実だけでも、この噂が本当でないことが分かります。


ちなみに私が、どれくらい毛深いかというと、ヒゲは人並み(1日1回剃る程度)ですが、胸毛や腹毛がありますし、腕やスネや腿の毛だってかなりの剛毛です。

そういえば、手の指の第三関節にも毛が生えてますね~。

手の指の毛 

こうみると結構、毛深いですよね~(笑)

若い頃はスネ毛や腿の毛がちょっと気になるくらいでしたが、胸毛が生え始めた20代中盤くらいから徐々に毛深さが目立ってくるようになりました。

おそらく、この毛深さは母親からの遺伝です。(父親は毛深くありません)

毛深いというのは女性はもちろんのこと、男性の私としても若い頃はかなり悩みましたが、40を過ぎた今では、気にすることはそれほどなくなりました。

そして、冒頭のフレーズである「毛深い人はハゲやすい」という噂にもビクビクしていたことは数え切れません

「そのうち、俺もハゲるんだろうなぁ。。。」とお風呂上がりに鏡にうつった自分の体をみて、よく思っていました。

でも今のところ、ハゲていません。

薄毛でもありません。

老化に伴って多少薄くなってはいますが、もともと毛深かったこともあってか、一般的に見れば薄くはありませんね。

でも、これってあながち間違いでもないのです。

確かに毛深い人や体毛が濃いとハゲや薄毛になりやすい人というのは実際にいますからね~。

たとえば私が、思いつくのは「ハゲとるやないか!」と突っ込まれていることで有名なフットボールアワーの岩尾さんとか。

彼は頭頂部が思いっきりハゲてる典型的なO字型ハゲです。


おまけに岩尾さんは、かなりヒゲが濃いので、1日に複数回、収録の度に楽屋でヒゲを剃っていると以前なにかの番組で言ってました。

そして、これまた何かの番組でAGAの治療をしていたので、岩尾さんは間違いなくAGA(男性型脱毛症)ですね。

O字型ハゲ 

毛深いのと、ハゲ・薄毛にどんな関係があるのか?

実はこれには男性ホルモンと女性ホルモンが関わっているのです。

まず体毛というのは男性ホルモンが深く関係しています。

ヒゲが濃い、すね毛がボーボーなど体毛が濃いというのは、いかにも男性的なイメージがあることからわかるように、主に男性ホルモンによって発毛が促されます。

女性でも体毛が濃い人がいますが、これは男性ホルモンの分泌が盛んということになります。

そして、頭髪に関して言うと少し複雑で、側頭部や後頭部は男性ホルモンによって発毛が促され、頭頂部や前頭部は女性ホルモンの影響を強く受けます。

男性ホルモンの分泌が活発になると、体毛やヒゲは濃く多くなっていき、代わりに頭頂部や前頭部の脱毛を促すのです。

なぜか?

男性ホルモンの中でもっとも割合が高いのがテストステロンです。

このテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが血液中に分泌されると、5αリダクターゼ(主にⅡ型)と呼ばれる酵素と結びついて、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。

Ⅱ型の5αリダクターゼ酵素は、主に前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在しています。

このDHTが今度は、アンドロゲンレセプターと結びついて脱毛因子を作ってしまいます。

この脱毛因子が、毛乳頭に対して髪の毛の成長を抑制するよう指示を出します。

これが、男性ホルモンの分泌が薄毛やハゲを誘発させる原因です。

ちなみに、5αリダクターゼの量は個人差があり、遺伝要素が強いとされます。

ということは、同じ男性ホルモンの分泌がされても、5αリダクターゼの量が少なければ薄毛になる確率は減るし、多ければ薄毛やハゲになる可能性が高くなるということ。

これがハゲが遺伝するという理由のひとつというわけ。

なーるほどね!

そして、このⅡ型5αリダクターゼの働きを抑制させるために使われるのが、AGA治療で使われるプロペシア(成分名はフィナステリド)なんです。

現在販売されている、ほとんど全ての育毛剤や育毛シャンプーに入っている、有名な成分の一つであるノコギリヤシも、Ⅱ型5αリダクターゼの働きを抑制してくれます。

最近では、スカルプDシャンプーで有名なアンファーからも、ノコギリヤシの青汁なんてものが発売されましたね。

大手メーカーがこぞって配合する、ノコギリヤシ配合の育毛剤やサプリ、シャンプーは、AGAが原因で薄毛になったのなら、一度試してみる価値はあるかもしれませんね。


まとめとしては、「毛深くてヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になる」というのは、ある意味正しく、ある意味正しくないということになります。





関連記事
タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。