ホーム » その他の脱毛症の種類 » 粃糠性(ひこうせい)脱毛症は毛根の炎症によって髪が抜ける

粃糠性(ひこうせい)脱毛症は毛根の炎症によって髪が抜ける

多量のフケとかゆみを伴い、医師による診断が必要


粃糠性(ひこうせい)脱毛症は、多量のフケによって、
毛穴が塞がれ、菌が繁殖して毛根が炎症を起こします。

多量のフケと抜け毛を伴う脱毛症です。

場合によっては、脂漏性脱毛症と同時になる方もいます。


粃糠性脱毛症のフケは、脂漏性脱毛症で生じるフケとは違い、
脂漏性脱毛症が、皮脂の過剰分泌でフケが起こるのに対し、
頭皮の角質が異常を起こし、その角質が剥がれることで
フケが生じます。


普通のフケとの見分け方は、難しいですが、
フケそのものが、かさぶた状で、フケの量も相当多くなります。


「今までのフケと違う」、
「フケが異常なほど多くなった」、
という場合には、まずは皮膚科に行って医師の診断を受けましょう。


粃糠性脱毛症であると、一般人が判断することは難しいですし、
「フケが多いくらい、どうってことない」、とそのまま放置するのも
良くありません。


医師によって、粃糠性脱毛症と判断された場合には、
外服薬としてステロイド剤を含有したものが処方される
ケースが多いです。これは頭皮の炎症を抑えるためです。

かゆみには、内服の抗ヒスタミン薬が処方されます。


粃糠性脱毛症の原因ですが、未だ解明に至っていない
部分も多く、アレルギー体質の方がなりやすいですとか、
シャンプーが頭皮に合わない、すすぎ残しがある、など
が今のところ、主な原因だと言われています。


上述したように、粃糠性脱毛症が疑われる場合は、
必ず皮膚科に行って医師の診断を受けてください。

間違っても、市販の育毛シャンプーで1日何回も
ゴシゴシ頭皮を洗うなどの行為は、かえって症状が
悪化する場合もありますので注意してください。
関連記事

Return to page top