ホーム » スポンサー広告抜け毛の原因 » 食べ過ぎが抜け毛の原因をつくる!?~過食は髪を滅ぼす行為~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

食べ過ぎが抜け毛の原因をつくる!?~過食は髪を滅ぼす行為~

私たちの体のあらゆる器官は、日々食べているものに影響を受けているのはご存知のとおりです。

「正しい食生活が健康な体をつくる」

もはや常識ですね。もちろん食べ物だけではありません。健康を保つためには睡眠や適度な運動、ストレス発散なども健康には重要なポイントです。

そして抜け毛や薄毛が気になっているあなたなら、髪の毛の健康にも気を配っていることと思います。

今日のテーマは、「食べ過ぎ」です。


昔から、「腹八分目に医者要らず」ということわざがある通り、食べ過ぎは体を悪くします。もちろん髪も例外ではありません。

たとえば、あなたは最近お腹が「グーッ」となるのを聞いたことありますか?これが1日1回程度聞こえてないようなら、あなたはもしかしたら食べ過ぎなのかもしれません。

実はあの音が鳴るというのは、胃腸が健康な証拠なのですからね。


それでは食べ過ぎると人間の体はどうなっていくのでしょうか?

1日3食しっかり摂って、3時のおやつもかかせない、夕食後もパソコンしながらお菓子をボリボリ・・・、運動?そういえばここ数年してないなぁ。。。なんていう人は危険です。

食べ過ぎ

生活が便利になったことで、体を動かすことが少なくなっていても、食事の量は以前と変わってない・・・、ということは、栄養過多、食べ過ぎ、高カロリー化している可能性が高いですね。

特に、食後に体のダルさを感じるようなら、明らかにその原因は「過食」です。


私たちの体は食べ物を食べると胃腸で消化されて栄養分が吸収され、血液をとおして各器官に運ばれていきます。これが食べ過ぎると、胃腸に必要以上の血液が集められて、他の器官の血液が減ってしまうのです。

そのため、体温が低くなったり、眠気を感じてしまうのです。そしてこんな生活を続けていると、間違いなく病気になります。

食べ過ぎると、食べ物を消化しきれないだけでなく、消化しきれないタンパク質や脂質、糖質は老廃物となって血液を汚してしまうのです。これが疲労物質を生む原因なのです。

そして、血液に乗った老廃物は頭皮や髪の毛(毛母細胞)にも運ばれます。

どうなるでしょうか?

食べ過ぎでできた老廃物は毛穴の奥にたまり、髪の生育の邪魔をします。これが、やせ細ったツヤやハリのない髪の毛の原因とも言われています。

ツヤやハリのない髪の毛が抜けやすいのはご存知ですね。


食べ過ぎが抜け毛の原因になっているとは思わなかったという方は、今日から食生活を変えましょう。

ポイントをまとめます。

1.食事は腹八分目に抑える

2.間食を控える

3.軽い運動(適度な運動)を取り入れる


要は正しい食生活と適度な運動をする!ということに尽きます。

食事は人間が生きていく上で無くてはならないもの。でも、取り過ぎは体を壊す原因です。

抜け毛や薄毛だけでなく、病気になりたくなかったら、毎日の食事の量に気をつけてみてください。
関連記事

タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。