ホーム » 医薬品と医薬部外品 » 育毛剤の副作用が気になる方|医薬品と医薬部外品の違いって?

育毛剤の副作用が気になる方|医薬品と医薬部外品の違いって?

育毛剤の副作用が気になるなら、まずは医薬部外品を試してみる


育毛シャンプーや育毛剤を探していると、
商品のラベルに「医薬部外品」と表示されているのを
ご覧になった方も多いと思います。


そもそも、医薬品と医薬部外品の違いとは何なのでしょうか?


簡単に説明すると医薬品は、病気や症状を治すために
医師が処方するもの、もしくは薬局で買える薬です。

病院で処方されて、もらう薬や、
薬局で買える風邪薬、胃薬などがこれに当てはまります。


医薬品は、薬事法と言われる法律で規制されているため、
その原料や成分、製造方法、ラベルに表示する内容、
広告の表現などが細かく規定されています。

当然、認可を取るには厳しい審査があります。

テレビCMの最後で、「用法・容量を守ってお使いください」と
言われるのには、こういった背景があるからです。


厳しい審査を受けている分、その病気に効果がある有効成分を
たくさん配合することができるため、医薬部外品よりも治る率は
高くなります。


デメリットとしては、育毛関係の薬に関していうと、
薄毛、抜け毛を治すための強い成分が配合されているため、
副作用の危険があるということです。



医薬部外品は、病気を治すというよりは、どちらかと言うと、
予防に重点が置かれています。
つまり、積極的に治療で使うものではありません。

最近の育毛剤などを見てみると、医薬部外品でも、
効果がありそうなものがたくさんあります。
ただ中には、表示ラベルには「医薬部外品」としか書かれず、
どんな効果・効能があるのかわからないものもあります。


配合されている有効成分も、体に優しい天然成分や
体内に必須の栄養素などが多く、積極的に発毛させる
成分はあまり入っていません。


医薬部外品の育毛剤を使った方の感想などをチェックしてみると、
同じ商品でも効果があった人と、なかった人がいます。

これは医薬部外品の効果は誰にでもあるわけではなく、
あくまでも効果が期待できるという範囲に収まっているからです。


そのかわり、医薬品と違って、副作用はほとんどありません。


育毛関連の代表的な医薬品は、現在日本で発売されているもので、
プロペシア(錠剤)リアップ(育毛剤)、そしてカロヤンガッシュ(育毛剤)の3つです。


雨後の竹の子のように、次から次へと発売される育毛剤ですが
現在、上の3つ以外は全て医薬部外品になります。
(※海外から個人輸入する育毛剤は別です)

Return to page top