ホーム » スポンサー広告女性の薄毛 » 男性型脱毛症は女性もかかるって本当なの!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

男性型脱毛症は女性もかかるって本当なの!?

薄毛、ハゲと聞くと、昔は男性だけの言葉だったように思えますが、
最近では、女性が薄毛を訴える時代になりました。統計上では、
日本全国で薄毛や抜け毛に悩む女性の数は何と650万人もいるそうです。


最近、女性専用の育毛剤や育毛シャンプーが販売されたり、
薄毛治療のクリニックに女性が通い出したりしており、毎年
来院数がうなぎのぼりに増えているらしいです。



女性の場合は男性とは違い、円形脱毛症や抗がん剤による脱毛を除けば
若い頃から薄毛が進行するケースは少なく、あまり深刻ではないように思えますが
実際、脱毛が進行してからは、男性の薄毛、ハゲに比べて何倍も深い悩みとなります。


男性なら、「ハゲてもまぁ、しょうがないよね」の一言ですむ方もいますが
女性はそうもいきません。中年になろうが、更年期を迎えようが、女性にとって
薄毛やハゲは耐えられないものなのです。




女性が脱毛症はいくつか原因があるのですが、その一つに
男性型脱毛症が関係しているってご存知でしたか?

実は女性の脱毛症の原因で最も多いのが男性型脱毛症なのです。


えっ?

と驚いた方も多いと思います。


男性がかかる男性型脱毛症については、こちらの記事で詳しく書いていますが、
簡単に説明すると、睾丸から分泌された男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭に
入ると、Ⅱ型の5αリダクターゼによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、
男性ホルモンレセプター(受容体)と結合します。これが毛乳頭細胞内で作用する
ことによって薄毛や抜け毛を引き起こします。


具体的には、頭頂部が薄くなったり、生え際がM字型に後退したりします。


対して女性の場合は、更年期を迎えるあたりから、頭頂部を中心に、
髪の毛自体が細くなり、髪全体が薄くなり、頭皮が透けて見えるような
脱毛パターンが多いです。決して生え際が後退するようなハゲ方はしません。

女性の脱毛症



女性がかかる男性型脱毛症の場合も、男性ホルモンが関係していますが、
そのメカニズムは男性とは少し違います。


女性の場合、更年期や閉経を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌量が減るため
相対的に男性ホルモンの分泌量が増えることで起こります。



男性の毛乳頭細胞にはⅡ型のの5αリダクターゼが多いのですが(特に前頭部と頭頂部)、
女性の毛乳頭細胞にはⅡ型はなく、Ⅰ型の5αリダクターゼしかありません。


実際、まだ女性の男性型脱毛症のメカニズムは解明されていないのですが、おそらく
Ⅰ型の5αリダクターゼが毛乳頭細胞に働きかけていると考えてよいでしょう。


なぜなら、AGA(男性型脱毛症)の治療に使われるフィナステリドは、
Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害する薬ですが、女性には効果がほとんどないため
適応外とされています。
※妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると、男子胎児の生殖器官に
影響を与えることから、女性には処方されていません


女性の薄毛治療には、男性とは違った薬が処方されます
。パントガールや漢方薬が処方されることが多いですね。




また、治療院やクリニックでは、内服薬の処方に加えて、頭皮に直接、
毛髪再生に有効な成長因子を注入させる再生療法や、自己植毛などが主流になりつつあります。
値段は高額ですが、高い発毛効果が期待できるとのことで治療される方も増えています。


いずれにしても、自分の薄毛の原因がわからないという方は
下手にいろいろと育毛剤に手をだすよりも、一度専門の病院で
カウンセリングを受けることをおすすめします。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。