ホーム » スポンサー広告白髪 » 白髪を抜くとはげる?絶対に抜いてはいけない衝撃の理由とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

白髪を抜くとはげる?絶対に抜いてはいけない衝撃の理由とは?

「白髪」、いやなヒビキですね~。

30代後半くらいになると増えてくるのが白髪。
中には20代で若白髪になってしまう人もいます。。


女性なら、白髪が出てきたら白髪染めやヘアマニキュアで染める方も多いですが、
男性の場合は面倒くさくて、とりあえず白髪を無理やり引っこ抜く方も多いのではないでしょうか。
実は私もそうです。


では、白髪を抜けば解決するのでしょうか?

結論から言うと、まず白髪を抜いてもはげる原因にはなりません。


実は、白髪を抜いても生えてくるのはまた白髪です。
だから、その場は一旦白髪がなくなりますが、抜け毛が再生して
約4ヶ月後にはまた白髪が生えてくるので、何の解決にもならないのです。



ですから、吉川晃司やキングカズやイチローのように白髪のまま放っておくか、
もしくは染めるか、どちらかの選択肢しかありません。




私は白髪染めとかヘアマニキュアは好きではないので、前者希望ですね。
見た目はかなり劣りますが・・・。

白髪になる理由とは?


平均的に、人間は55歳くらいになると白髪が髪の毛の半分くらいを占めるようになってきます。
簡単に言うと白髪というのは、「老化現象」のひとつです。


白髪になってしまうメカニズムはこうです。

毛根部の毛母細胞の上部にあるメラノサイトとよばれる色素細胞でつくられる
メラニン色素が黒い色を作っていますが、これが何らかの障害を受けてしまう
ことによって白髪になってしまうのです。


もっと簡単に説明すると、もともと髪の毛は白髪状態なのですが、
メラニン色素によって黒く保たれているということ。そして、何らかの原因で
メラニン色素が作られなくなって白髪状態になるということなのです。


メラニン色素ができなくなる原因はいくつかあると言われていますが、
大きな要素として食事が関係しています。


銅を含む食品が不足すると白髪になりやすいと言われています。

銅を含む食材は、レバー(牛肉・豚肉)、うなぎ、カシューナッツ、ごま、ココア、そばなどです。

通常の食生活を送っていれば、まず銅が不足することはないですが
一応、覚えておきましょう。
また、サンショウエキスが成分に含まれている育毛剤を使うと白髪予防ができます。

[サンショウエキス成分配合の育毛剤]




白髪を絶対に抜いてはいけない理由とは?


白髪染めやヘアマニキュア、白髪隠しは使いたくない!という方の中には、
白髪を抜く方もいると思いますが、絶対に手で無理やり引っこ抜かないでください。


髪の毛はひとつの毛穴から数本生えています。つまりひとつの毛根から
数本生えている内の1本を抜いた時に、毛根の組織が破壊されメラニン色素が作られなくなり、
同じ毛根の他の髪の毛も白髪になってしまう可能性があるからです。


ですから白髪を抜くというよりも、根本から切るほうが懸命です。
自分では切りにくいため、他人に切ってもらうか、枝毛カッター
などを使って切ってみてくださいね。

とにかく白髪は抜いても何の解決にもなりませんのでご注意を。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。