ホーム » シャンプー » 1日に2回シャンプーしてもいい人の条件とは?

1日に2回シャンプーしてもいい人の条件とは?

最近では、夜にシャンプーしても、朝起きてから、もう一度シャンプーする人が増えています。
ただ、統計的にみても1日に2回シャンプーする必要のある人はほとんどいません。


髪の毛をケアしたいという理由で、男性よりも女性のほうがこの傾向があります。
確かに、カラーリングやパーマなどをするのは男性よりも女性に多く、
「ヘアケアをちゃんとしなきゃ」という半ば強制観念で複数回シャンプーしている方も多いといいます。


なぜこれほど1日に2回シャンプーする人が増えたのでしょうか?その理由のひとつに、
広告があります。テレビをつけたり、雑誌を開けば、必ずと言っていいほど「ヘアケア」や
「スカルプケア」に関する広告や宣伝がありませんか?


こういった広告のおかげで、本来気にしなくていい人も、過剰に反応してしまうのです。
特に女性は一般的に男性に比べて皮脂量が少なく、1日に2回シャンプーするのは
洗いすぎの可能性が高いです。


シャンプーのしすぎ



洗いすぎや、間違ったシャンプーの方法を続けることで、逆に髪を痛めたり
新たに生えてくる毛(新生毛)が抜けてしまう可能性があるので注意しましょう。

⇒正しいシャンプーの方法


ただ、中には1日に2回シャンプーをしたほうがいい人もいます。
それは下にあげるような人です。

10代後半から20代前半の男性で皮脂量が多い人
(男性ホルモンが活発なため皮脂量が多い)

脂性肌の人


皮脂量が多い、いわゆる脂性肌の人の場合、皮脂で毛穴が塞がれ、
頭皮の炎症の原因になったり、ニキビができたりします。
また、皮脂が多いと育毛剤が頭皮や毛穴に浸透しません。
(育毛剤は一般的にアルコール+水系のものが多く油とはなじまない)


また、皮脂量が多いと、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症などの原因にもなりかねません。


ただ、自分が脂性肌かどうかというのは、専門機関などでマイクロスコープを使って
調べる必要がありますが、そんな面倒くさいことやってられない!という方におすすめの、
自宅でできる脂性肌のチェック方法をお伝えします。

500円玉



1.まず500円玉を用意し、予め額の部分をタオルで拭いておきます。

2.500円玉を額に当てて、3秒間手で押します。

3.手を離して、そのまま下を見ます。

4.500円玉がすぐに落ちるようなら乾燥肌、3秒程度でおちるなら普通肌、
 しばらく落ちないようなら脂性肌です。



その他にも、皮脂量チェッカーなどを使うと正確な皮脂量を確認できますので
気になる方は量ってみてください。

Amazon


楽天


皮脂量が多くても少なくても、頭皮にはよくありません。
まずは自分の皮脂量を確認しておくことが大切です。

その上で、1日に2回シャンプーをしてもいいかどうか判断してくださいね。
関連記事

Return to page top