ホーム » 頭皮のトラブル » 髪の紫外線対策にはトリートメントが効果的?【男性も必見!】

髪の紫外線対策にはトリートメントが効果的?【男性も必見!】

私たちの髪の毛は常に外気にさらされており、日々知らず知らずのうちに
紫外線を浴びてダメージを受けています。特に春から夏にかけては紫外線量も増えて
くるため、ダメージ量もハンパないのです。


紫外線を浴びることによって髪の毛に紫外線が吸収され、髪の毛を
構成しているアミノ酸が酸化してしまいます。そうすると髪の毛を作る
タンパク質(ケラチン)がダメージを受けます。

こうしたダメージをほっておくと、髪がぱさついたり、傷ついたりします。

紫外線による髪のダメージ

ダメージを放ったらかしにしたつけが、いわゆる「秋の抜け毛」につながるのですが、
夏にしっかりと紫外線対策を行っていれば、髪のダメージはもとより、
秋の抜け毛も防げますので、最近、薄毛に悩んでいる方はぜひ、
しっかりとした紫外線対策をすることをおすすめします。


夏の紫外線対策といいましたが、年間の月別紫外線量を見てみると、
UVA(紫外線A波)は4月~8月がピーク、UVB(紫外線B波)は5月~8月がピークなので
実際には春ぐらいから本格的な紫外線対策が必要になります。


紫外線から髪の毛を守るには、つばの広い帽子をかぶるのが直接の日差しを
防ぐことができるのでおすすめなのですが、仕事中はかぶれませんよね。

そこでおすすめしたいのが、トリートメントです。

トリートメントの役割は、髪表面の状態を整えて、水分と油分を補ってくれます。
また表面が傷んだ髪の毛の内部に浸透して、タンパク質成分を補給してくれるので
外側からだけでなく、内側から髪の毛を回復させてくれるのです。

ですから、ぱさついた髪、枝毛や切れ毛にはもってこいなんですね。

似たもので、リンスやコンディショナーがありますが、これらはいずれも髪の表面に
のみ作用し、髪の内部までには作用しませんので、紫外線対策には
やはりトリートメントがベストなのです。

トリートメントの使い方



シャンプーが終わったら、トリートメント剤を手に適量とり、髪を撫でるように
髪の中間から毛先を中心につけるようにしてください。

⇒正しいシャンプーの方法はこちらから

その後、目の細かいクシを使って根本のほうから毛先に向かって通してください。
こうすることでよりトリートメントが髪の毛に浸透しやすくなります。


注意点は、リンスと同様、トリートメント剤は
絶対に頭皮につけないでください。

頭皮の毛穴に油分がつまってしまい、フケやかゆみの原因にもなりますし、
最悪の場合、雑菌が繁殖して抜け毛の原因にもなりかねません。


女性は割りと、日頃から、リンス、コンディショナーそしてトリートメントを
使っている方も多いと思いますが、男性の場合、シャンプーのみ、という方が
ほとんどだと思います。

「トリートメントなんて女のするもんだろ」

もはやそんなことは言ってられませんよ(笑)
最近では、男性用のトリートメントや育毛シャンプーのトリートメント版も
販売されていますので、自分に合うものを選んでみてください。


いつも秋になると抜け毛がひどくなる方、最近、髪の毛がぱさついてる方、
髪のダメージをほっておいて後で後悔する前に、シャンプー+トリートメントの
習慣をはじめてくださいね。
関連記事

Return to page top