ホーム » ストレス » ストレスによる血行不良でハゲになる?|毛根に栄養が行かず抜け毛に!

ストレスによる血行不良でハゲになる?|毛根に栄養が行かず抜け毛に!

ストレスが抜け毛の原因になるのを知っていましたか?

現代はストレス社会です。仕事や人間関係など
ストレスを感じない人はいないといっていいくらい、
私たちは日々ストレスと戦っています。


体がストレスを感じると、自律神経による血管の収縮がはじまります。
同時に、交感神経が強く刺激されて、全身の血行が悪くなります。

当然ながら、頭皮の血行も悪循環になり、
毛根に栄養が行き渡らなくなる状態になります。
この状態が続くことで、毛髪が抜けてしまうのです。


ちなみに、睡眠時は副交感神経が優位になり、
血行がよくなり、毛髪の成長を促します。

そして、ストレスが強いと睡眠にも悪影響を及ぼします。
ストレスのせいで睡眠不足になると、副交感神経の働きが弱まり
これもまた抜け毛の原因となります。


また、ストレスを感じるときは、活性酵素が増加することで
皮脂の分泌がはじまります。これが頭皮の毛穴付近に見られる
白い塊である、角栓様物質のもとになります。


ん~、ストレスがこれほどまでに髪の毛や頭皮に悪いとは・・・。


とはいえ、ストレスを完全に排除することは不可能です。
ですから、まずはストレスを感じた時に、なるべくすぐに
発散させることに注力しましょう。


一番悪影響を及ぼすのは、ストレスによって抜け毛が
増えたことで、さらにストレスになることです。
多少の抜け毛は気にしない、ことも大切です。


ストレスはためることで余計に悪影響を及ぼしますから、
ストレスを感じても、すぐ発散させること、
これがベストの方法ではないでしょうか。


例えば、深呼吸をする、ジョギングをする、スポーツで汗を流す、
カラオケで好きな歌を歌う、趣味に興じる、などなど、
ストレスを発散できることは結構、身の回りにあるものですよ。
関連記事

Return to page top