ホーム » スポンサー広告男性型脱毛症(AGA) » AGA(男性型脱毛症) 発症率は昔に比べて増えたのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

AGA(男性型脱毛症) 発症率は昔に比べて増えたのか?

本当に生活習慣や食生活が原因のひとつなのか?


最近になって、AGA(男性型脱毛症)の原因が解明されつつあります。
AGAの直接の原因は、脱毛ホルモンであるDHD(ジヒドロテストステロン)
であることは良くご存知だと思います。

では実際のところ、昔とくらべて、AGAの発症率は増えているのでしょうか。

※昔というのは今から30年くらい前のことです。

実は統計を取ってみると、今も昔もAGAの発症率は
それほど変わらないという調査結果が出ています。

発症率はおおむね、男性全体の30%というところです。


こちらの記事でも、AGAが発症する原因のひとつには、
睡眠不足、運動不足、喫煙、ストレス、不規則な食生活などが
あると書きましたが、この点はどうでしょうか。

抜け毛に悩む男性



確かに、昔に比べると現代の食生活はファーストフードが全盛で、
パソコン使用などによる睡眠不足、運動不足などは増えてきたと思いますが、
喫煙、ストレスは昔も今もそう、たいして変わらないと思います。
むしろ喫煙率は昔のほうが高かったでしょう。


その他にも、原因としてシャンプーの仕方、無理なダイエット
も関係しているということですので、この点はどうかというと、
昔はそもそも洗髪の習慣、シャンプーそのものが、今ほど充実していなかったでしょうから、言ってみれば頭皮環境は昔のほうが悪かったと思います。


「頭皮に皮脂が詰まると抜け毛が増える」、という文句が
育毛剤や育毛シャンプーのCMでは良く流れますが、
これも、こういった背景を考えると疑わしいですよね。

ですから最近では
AGAの主原因であるDHD(ジヒドロテストステロン)の働き以外の原因とされるものは、
あまり影響がないとも言われています。

もちろん、正しい食生活、生活習慣を送ることは
体全体の健康にとって重要なことですので、するに越したことはないですが、
それがイコールで抜け毛防止、特にAGAが治るということにはつながらないということですね。
関連記事

タグ / AGA発症率

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。