ホーム » 2016年10月

湯シャンを4ヶ月続けた効果はいかに!?~湯シャンをするときに絶対に忘れてはいけない3つのこと~

さて、はやいもので湯シャンを始めてから4ヶ月少し経ちました。

ここで湯シャンをはじめてからのこと、気づいたこと、そして湯シャンを始めるにあたって、続けるにあたっての注意点を書いてみたいと思います。

⇒湯シャンをするメリットはこちらの記事を参照


湯シャンを始めたのが5月の中旬頃でしたので、4ヶ月半ほど湯シャンを続けたことになります。

実際には、間に2回ほど髪を切りに美容院に行っており、そこでシャンプーをされてしまいました。(小心者のせいか、「シャンプーはいりません」と言う勇気がありませんでした。。)

妻には、髪の毛を洗わないなんて汚い!と言われ続けていますが、めげずに続けていますよ。(笑)


管理人が行っている湯シャンの具体的な方法をまとめておきます。

1.シャワーを浴びる前に、あらかじめ髪についたホコリをとっておく(手ぐし)

2.シャワーを浴びる時間は2~3分程度。指の腹を使って頭皮をマッサージする感覚でおこなう。

3.髪を拭くときは、ゴシゴシ拭かずに、バスタオルで髪の水分を拭き取るイメージで優しく。その後、ドライヤーで完全に乾かす。

これだけです。

髪と体(体はソープフリーの石鹸で、タオルを使わず直接手で洗ってます。)全体で7~8分もあれば終わります。ドライヤーで乾かす時間を入れても10分でお釣りがきます。


はたして、4ヶ月の湯シャンで髪や頭皮の状態はどうなったのか?



正直なところ、髪が増えてきたとか、髪の毛のハリやコシが出てきたとか、キューティクルが復活したとか、目に見えて「ココがよくなった」というのはまだ感じられません。

いろんな書籍や湯シャンをした人の体験談を読んでみると、4ヶ月程度では効果のほどはわからないのでしょう。

効果が感じられるには最低でも半年はかかると言われています。


ただ、お湯だけで洗っていますが、個人的にはニオイもしませんし、フケもでません。始めた当初は、洗ってもすっきり感がなく、ベトベトした感触もあったのですが、それも次第に慣れました。

「トニックシャンプーでゴシゴシ洗って、スッキリしたいなぁ!」なんて思うこともありますが、そんなことは髪の毛や頭皮に良くないとわかっているのでしません。(笑)

シャワー

出典:photo AC


湯シャンをしてわかった絶対に忘れてはいけない3つのこと



さて、湯シャンを4ヶ月経ってから気づいたことを書きますね。

管理人の場合、「湯シャン」=「シャンプーを使わずにお湯のみで洗うこと」ということばかりが頭にあり、実は湯シャンをする上で絶対に忘れてはいけないことを忘れていました。

これを忘れて、ただやみくもにお湯で洗えばいいんでしょ、という感覚で臨むと失敗に終わる可能性があります。

1.お湯はぬるま湯で!熱湯はだめ!
お湯の温度は普段つかっている温度よりも気持ちぬるめで行うことが大切です。どちらかと言うと水に近いぬるま湯がベストです。熱湯は髪を乾燥させてしまうのと、頭皮の皮脂を落とし過ぎるためNGです。熱湯のほうが気持ちいいと言う方も多いかもしれませんが、絶対に「ぬるま湯」で行いましょう。具体的には33~34度くらいです。
冬はキツイかも。

2.湯シャン前にはブラッシングをする
管理人は手ぐしでブラッシングしてましたが、できれば動物性(豚毛や猪毛)のやわらかいブラシで行ってください。管理人も最近ブラシを使うようになったのですが、手ぐしとは比べ物になりません。汚れやホコリが取りやすいですし、何よりも気持ちいいです。頭皮のかゆみもなくなりました。もっと早くから使っておけばよかった。。とにかく必須です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケント(KENT)ヘアブラシ KNH2624(1本入)[ブラシ クシ]【送料無料】
価格:2808円(税込、送料無料) (2016/10/3時点)




3.ドライヤーの熱に気をつける
髪の毛を構成しているのは、ケラチンというタンパク質ですが、ケラチンは60度以上になると変性してしまうという特性があります。頭皮や髪の毛を乾かすのは大切なことですが、一箇所に熱風を当て過ぎたり、近い位置からドライヤーを当てたりすると、頭皮や髪の毛に負担がかかり、本末転倒になります。

ドライヤーで乾かすのが好きなので、風呂上がりには必ずドライヤーで髪を乾かしますが、たしかに熱風を当て過ぎたりしたこともありましたね。反省です。

以上が湯シャンを行うときの注意点です。

まだ試したことがない人はぜひ一度やってみてください。やってみた上でわかることがいろいろとあると思いますよ。

ただし、中途半端はだめです。湯シャンは続けてこそ効果があるものだと思います。やるからには、シャンプーの誘惑に負けないようにがんばってくださいね。


Return to page top