ホーム » 2016年01月

2016年01月の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

毛髪再生医療は薄毛治療の救世主なのか?

今まで、薄毛の治療というと、AGA治療院や病院の皮膚科で診察を受け、内服治療薬である、プロペシア(フィナステリド)や、外用の塗り薬、ミノキシジルを処方してもらうというのが定番でしたが、中には、プロペシアやミノキシジルを試してみても、あんまり発毛効果が出ない方もいます。

どんな治療でもそうですが特に薄毛治療の場合、同じ治療を受けても、患者の年齢や健康状態、頭皮の状態によって、発毛効果には個人差が出てきます。


そこで、最新の薄毛治療として認知されてきたのが、「毛髪再生医療」です。

これは、文字通り、再生医療の技術を薄毛治療に応用したもので、簡単に説明すると、髪の毛の成長に必要な成長因子(グロースファクター)や有効成分などを頭皮に直接注入することで、毛母細胞が刺激され、発毛を促し、毛髪を再生させるというものです。


毛髪再生医療は、自毛植毛(自分の髪の毛を植毛する)とよく間違えられますが、髪の毛そのものを移植するわけではありません。

あくまでも「自然に自分の髪の毛を生やすため」の治療方法です。


ですから植毛に比べて安全性が高いのが特徴で、アメリカやヨーロッパでもその発毛効果の高さには定評があります。

薄毛の最先端治療


HARG治療について


薄毛の毛髪再生医療で有名なのは、HARG(ハーグ)療法です。

薄毛治療を考えたことがある人なら、一度くらいは聞いたことがあると思います。

HARG療法は医療機関のみで許可されている薄毛の毛髪再生医療で、日本では例えば中央クリニック(全国展開しているクリニック)で最先端のHARG治療を受けることができます。

HARG治療の一番のメリットは比較的早く発毛効果が現れる点です。

また、HARG療法のすごいところは、99%という驚異的な発毛率です。

気になる治療費用は、トータル6回の施術が1クールとなっており、頭部3分の2分の1回施術で費用は10万円位かかります。


6回で60万円ですか!?ちょっと高いですね。


でも、中央クリニックのホームページを見てみると、こんなことが書いてあります。


「HARG(ハーグ)療法は必ず生えるので高くありません。」

何とも頼もしいお言葉!!

認定された医療機関が絶対生えると断言しているので、間違いはないと思いますが、確かに必ず生えるのであれば、60万円払う価値はあるでしょう。植毛なら、100万円以上しますからね。

HARG治療はプロペシアやミノキシジルの治療法と違って、副作用が少ないのもメリットの一つです。
また、アレルギー起因物質が一切含まれてないので、アレルギーの心配もありません。

HARG治療のデメリット


HARG治療のデメリットは、HARGカクテルを頭皮に直接、注射器を使って注入するため、強い痛みを伴う点、そのため麻酔が必要となる点です。

もう1点は、発毛効果が見られた後も、定期的に治療を受けないと、育毛状態が保てない可能性がある点です。

いずれにしても、メリットを感じられたならぜひ、今までの治療法で効果が出なかった方は、HARG治療をはじめとした毛髪再生医療を検討してみてはどうでしょうか?

⇒HARG治療なら中央クリニック

技術の発達に伴い、数十年前では考えられなかった治療法が、薄毛治療にも導入されています。あと数十年もすれば、IPS細胞を使った薄毛治療が実現するかもしれませんね。

昨年は、AGA治療の新薬「ザガーロ(デュタステリド)」も出ましたしね。今後の薄毛治療にますます期待がかかります。
スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。