ホーム » 2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

甲状腺機能低下症で抜け毛がひどい~40代以降の女性は要チェック

続きを読む

スポンサーサイト

肩甲骨と育毛の意外な関係とは?

肩甲骨が育毛のカギを握る?

肩こりや首のこりがひどくて困っている方はいらっしゃいませんか?
あわせて抜け毛が最近ひどい方がいたとしたら、血行不良の可能性があるかもしれません。


毎日デスクワークで長時間同じ姿勢でパソコン仕事。しかも下を向いて猫背気味・・・。
そんな方も多いのではないでしょうか。


血行不良というのは、体全体に血液が行き届きづらい状態です。当然ながら
頭皮にも血液が行きづらく、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなれば、
抜け毛が増えることになりかねません。


そこで今回は、簡単に血行を良くする方法をご紹介しますね。

それは肩甲骨のストレッチです。

普段デスクワークで下を向いたままですと首まわりや肩甲骨まわりが硬くなって、
血行不良になり、しいては肩こりや首のこり、頭痛、そして何よりも髪の毛が痩せてしまったり、
抜け毛にもつながります。
首から肩は頭部へ血液を運ぶ通り道でもあるので特に血行を良くしておきたい場所です。

肩甲骨をほぐすことによって血行が改善できます。



管理人も普段、仕事ではデスクワークが多く、朝から晩まで机に向かっていることも多く
肩や首が凝りがちで、目が疲れがちです。当然抜け毛も気になるので、
早速この、肩甲骨ストレッチをやってみましたが、何とたった数分で体がぽかぽかしてきました!

とっても簡単で、しかも効果てきめんでした。
コレは本当におすすめです!
騙されたと思ってやってみてくださいね。


ひとつ注意点としては、
肩甲骨マッサージをやるときは、背中、特に肩甲骨を意識して行いましょう。



その他にも、入水時に、首から肩甲骨にかけて冷水をかけることもおすすめです。
冷水をかけることによって肩まわりの血行が良くなります。
これは以前ご紹介した頭皮に水をかけることと合わせて行うと、
より効果が期待できますのでぜひやってみてください。

冬場は冷水をいきなりかけるのは心臓に負担がかかりますので、
温かいお湯と冷水を交互にかけることをおすすめします。


ちなみに、首から肩甲骨にかけて、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞というものがあり、
今回ご紹介した肩甲骨ストレッチや冷水をかけることによって、
より脂肪燃焼が促進されダイエットにも効果があります。


肩こり、抜け毛、そしてダイエットと一石二鳥にも三鳥にもなる
肩甲骨ストレッチと冷水かけ、ぜひ今日からはじめてくださいね。

髪の紫外線対策にはトリートメントが効果的?【男性も必見!】

私たちの髪の毛は常に外気にさらされており、日々知らず知らずのうちに
紫外線を浴びてダメージを受けています。特に春から夏にかけては紫外線量も増えて
くるため、ダメージ量もハンパないのです。


紫外線を浴びることによって髪の毛に紫外線が吸収され、髪の毛を
構成しているアミノ酸が酸化してしまいます。そうすると髪の毛を作る
タンパク質(ケラチン)がダメージを受けます。

こうしたダメージをほっておくと、髪がぱさついたり、傷ついたりします。

紫外線による髪のダメージ

ダメージを放ったらかしにしたつけが、いわゆる「秋の抜け毛」につながるのですが、
夏にしっかりと紫外線対策を行っていれば、髪のダメージはもとより、
秋の抜け毛も防げますので、最近、薄毛に悩んでいる方はぜひ、
しっかりとした紫外線対策をすることをおすすめします。


夏の紫外線対策といいましたが、年間の月別紫外線量を見てみると、
UVA(紫外線A波)は4月~8月がピーク、UVB(紫外線B波)は5月~8月がピークなので
実際には春ぐらいから本格的な紫外線対策が必要になります。


紫外線から髪の毛を守るには、つばの広い帽子をかぶるのが直接の日差しを
防ぐことができるのでおすすめなのですが、仕事中はかぶれませんよね。

そこでおすすめしたいのが、トリートメントです。

トリートメントの役割は、髪表面の状態を整えて、水分と油分を補ってくれます。
また表面が傷んだ髪の毛の内部に浸透して、タンパク質成分を補給してくれるので
外側からだけでなく、内側から髪の毛を回復させてくれるのです。

ですから、ぱさついた髪、枝毛や切れ毛にはもってこいなんですね。

似たもので、リンスやコンディショナーがありますが、これらはいずれも髪の表面に
のみ作用し、髪の内部までには作用しませんので、紫外線対策には
やはりトリートメントがベストなのです。

トリートメントの使い方



シャンプーが終わったら、トリートメント剤を手に適量とり、髪を撫でるように
髪の中間から毛先を中心につけるようにしてください。

⇒正しいシャンプーの方法はこちらから

その後、目の細かいクシを使って根本のほうから毛先に向かって通してください。
こうすることでよりトリートメントが髪の毛に浸透しやすくなります。


注意点は、リンスと同様、トリートメント剤は
絶対に頭皮につけないでください。

頭皮の毛穴に油分がつまってしまい、フケやかゆみの原因にもなりますし、
最悪の場合、雑菌が繁殖して抜け毛の原因にもなりかねません。


女性は割りと、日頃から、リンス、コンディショナーそしてトリートメントを
使っている方も多いと思いますが、男性の場合、シャンプーのみ、という方が
ほとんどだと思います。

「トリートメントなんて女のするもんだろ」

もはやそんなことは言ってられませんよ(笑)
最近では、男性用のトリートメントや育毛シャンプーのトリートメント版も
販売されていますので、自分に合うものを選んでみてください。


いつも秋になると抜け毛がひどくなる方、最近、髪の毛がぱさついてる方、
髪のダメージをほっておいて後で後悔する前に、シャンプー+トリートメントの
習慣をはじめてくださいね。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。