ホーム » 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

花粉症と抜け毛の意外な関係?キーワードは「頭皮」にあり

冬から春に変わるこの季節の風物詩ともいえる花粉症。
毎年悩まされている方も多いと思います。(花粉症は春だけではありませんが)

管理人はアレルギー体質なのですが、幸い花粉症にはなっていません。
たまにくしゃみが出ることもありますが、薬を飲んだり病院へ通ったりするレベルではないですね。

むしろ私の妻のほうがヤバイです。薬を飲まないと1日中くしゃみ、鼻水、
目がうるうるしていて見ていてかわいそうになるくらいです。

そんな花粉症ですが、実は抜け毛の原因にもなるって知ってましたか?

一見、関係なさそうですが花粉症の対策を怠ると
抜け毛が進行してしまうこともあるので注意が必要です。

キーワードは「頭皮」です。

花粉症ってアレルギー反応によって引き起こされるものです。
くしゃみ、鼻水といった症状以外にも皮膚が痒くなる方もいます。
そんな方は頭皮も痒くなってしまう場合が多く、これが抜け毛の原因になります。

花粉症対策


花粉によるアレルギーで頭皮にかゆみや炎症が起きると、毛穴に角栓が形成されてしまい、
毛根周辺にも炎症が起きて毛根の働きが弱まってしまい抜け毛の原因になります。
また、頭皮のむくみによる血行不良も必要な栄養分が毛根や髪の毛に
行き届かないために抜け毛の原因になりかねません。


ですから抜け毛を防ぐためにもここで花粉症対策をまとめておきましょう。


1.花粉飛散量が多いときはなるべく出かけない。

君子危うきに近寄らずということわざもありますが、一番の対策は花粉に触れないことです。
花粉が飛んでいる時は必要以上の外出を控えましょう。
環境省の花粉観測システム「はなこさん」などで常に花粉情報をチェックしておいてください。


2.外出時はマスク、メガネ、帽子を着用する

とは言っても、仕事などで外出しなければいけないこともあります。
そんなときは必ずマスクを着用しましょう。マスクは花粉やウイルスをカットできるタイプで
1日使いきりタイプが衛生的でおすすめです。その他、できるならダテメガネや帽子も有効です。

花粉・ウイルスを99.9%カットできる花粉症対策マスク


3.帰宅時は花粉を家に持ち込まない

とにかく花粉を家の中に入れてしまっては本末転倒です。
外出から帰ってきたときは玄関で洋服についた花粉を払って室内に入れないように工夫しましょう。


4.帰宅後はなるべくはやめに入浴をする

マスクや帽子でガードしても、少量の花粉が体についている可能性がありますので、
帰宅後は早めに入浴をし花粉を洗い落としてください。


その他、掃除をこまめにする、空気清浄機をつける、
布団などは外に干さない、などいろいろと工夫してみてください。

この春、花粉症と抜け毛に悩まされないように日々の対策をきちんとおこなってみてくださいね。
スポンサーサイト

抜け毛を増やさない効果的なシャンプーの方法を知っていますか?

抜け毛を増やさないためには、シャンプーは毎日しないほうがいいとか、
シャンプーは頭皮に良くないから湯シャン派だ、など、いろんな方がいると思いますが、
最近の管理人は1日1回、寝る前のシャンプー(洗髪)をしています。


抜け毛云々以前に、やっぱり寝る前にはキレイにして布団に入りたいですからね。
髪や体を洗わないで寝るのは気持ち悪いですし、個人的にはあまりやりたくありません。

以前使っていた育毛シャンプーではなく、家族が使っている、
肌にやさしい低刺激のものを使っていますが、ここのところは
特に抜け毛が増えてはいませんので育毛シャンプーにはこだわっていません。


さてさて、正しいシャンプーの方法はこちらの記事にまとめてあるので参考にしてもらうとして、
改めて、シャンプーの目的は頭皮の汚れを落とすことです。「洗って落とす」
つまり、一番重要なのは言うまでもなく、すすぎです。


いくら頭皮をキレイにしたとしても、シャンプー剤が皮膚に残ってしまったら言語道断です。
頭皮も荒れますし、髪の毛にとってもいいことがありません。

シャンプーはすすぎが一番大切


では、なるべく簡単に確実にすすぎを行うテクニックをお伝えします。

それは、シャンプー液は少なめにして洗うことです。

よく、ちゃんと洗いたいから大量のシャンプー液をドバっと手の平に出して、
頭に付けているなんて言う人もいますが、あれはいけません。
シャンプー剤を落とすのに時間がかかりすぎてしまい、すすぎ残しの原因にもなります。


もちろん、シャンプーをつける前の予備洗いでも、ある程度の汚れは落ちているので、
後は少量のシャンプー液をつけて、頭皮を洗って、さっと流せばOKです。
だいたい2~3分もあれば余裕で終わります。

管理人はカラスの行水ですので、入浴自体が全部で10分程度で終わってしまいますけどね(笑)


あと、もうひとつ注意点があります。
シャンプー液を直接髪につけて泡立てないことです。
シャンプー液で髪をこするとキューティクルが失われますし、頭皮にも良くありません。


少ないシャンプー液では泡が立ちにくいという方は、洗顔用の泡立ちネットがおすすめです。
管理人もネットを使っていますが、最初使った時は、少量のシャンプー液でこんなに泡立つのか!
とびっくりしました。手で泡立てている場合ではありません(笑)

⇒耐久性抜群の簡単泡立ちネット


ちなみに、育毛とは関係ない話ですが、洗う順番は頭→体です。
逆ですとシャンプー剤が体に残る可能性がありますので、
もう1回流す必要がでてきますからね、とっても効率が悪いです。

ではでは。

シナモンの効能で髪の毛と頭皮が生まれ変わる?

最近は、自ら「健康オタク」と認めている管理人ですが、
自分で調べて実践した上でわかってきたことは、
体にいいものというのは、髪の毛にもいいということです。


何度も言いますが、育毛剤や育毛シャンプーに頼る前に、
まずは体の内側から変えて行くことが大切です。

これ私自身が実証済みなので確信があります。


つまるところ、食生活と生活習慣が髪の毛の未来を決めているといっても過言ではありません。

日頃から口にするものがどれだけ体や髪の毛の健康に影響を与えるか、
AGAや円形脱毛症以外の抜け毛・薄毛に悩む人は、特に真剣に考えたほうがいいですよ。
毎日、ラーメン、牛丼、コンビニ弁当、お菓子などを食べて、育毛剤使っても意味ないです。


前置きはこんなところで・・・。


今日は、シナモンの紹介です。

シナモンといえば、日本でもおなじみのスパイスですよね。
でもただのスパイスじゃなく、「スパイスの王様」とも呼ばれてます。

コーヒーや洋菓子にも使われているのでお好きな方も多いかもしれませんね。
そうそう、管理人がために飲んでいるインドのチャイにもシナモンのスパイスが合いますよ。


シナモンの栄養素構成は、カルシウム、マグネシウム、マンガン鉄分などの
ミネラルが豊富、で抗菌作用がり、体を温めたり、発汗・発散作用などの効能があります。
また豊富に含まれたマンガンにより血糖値を下げる効果があり糖尿病予防にもいいとされています。

ちなみにシナモンはいまでも桂皮(ケイヒ)と呼ばれる生薬としても使われているんですよ。


そしてここまで読むと、シナモンが抜け毛・薄毛にも効果があることもおわかりだと思います。
シナモンには毛細血管の細胞を活性化させる働きがあり、ダメージを受けた毛細血管を修復させてくれるので頭皮を若々しく保つことができます。

そして、血行を良くなることから、頭皮や毛根に栄養素が届きやすくなるため、
髪の毛にもいいんですね。

シナモンの育毛効果


以前テレビで紹介された時には、「シナモンは老化防止にいい!」なんて言われていましたが、
そういう意味ではアーモンドの効果と似ているかもしれません。


シナモンを摂取するときの注意点。




そんな健康にいいシナモンですが、やはり適量というものがあります。
いくらいいものでも摂り過ぎは良くないんですね。
シナモンに関しては1日に1グラムが適量と言われており、
過剰に摂取すると肝障害を引き起こすことがありますので注意が必要です。



例えば、シナモンパウダーをコーヒーやお菓子に
ひとつまみ加える程度で効果は十分だということです。

ぜひ適量を守って、シナモンをうまく取り入れてみてくださいね。

冷水シャワーは頭皮の健康にもいいって本当なの?

まだ管理人が小学生低学年だった頃、当時まだ生きていた祖父の家に泊まりに行き、
祖父と一緒にお風呂に入ったときのこと。
あったかいお湯につかっていた祖父が「さぁ、出るか!」とお風呂からあがったと思ったら
突然、桶で水をすくって頭から何杯もザブン、ザブンとかけたのだ!

あっけに取られる私を横目に、祖父は

「これが健康にいいんだよ、やってごらん」

と僕にもすすめてきましたが、はじめての経験だった僕は
水を体にかけた瞬間、あまりの冷たさに、もう一度湯船に戻ってしまいました(笑)


そんな僕が今、湯上がりにやっているのが水シャワーを全身に浴びることです。
例え冬の寒い時期でもお風呂から上がる前には必ず水を浴びます。


何故か?、体が温まるからです。


「温冷水浴」が冷え性に効くというのは皆さんご存知だと思いますが、
まさに、水を全身に浴びると体がポカポカと温まります。
人間の体というのはよく出来たもので、体に水をかけて冷やすと、
体を温めようという作用が働きます。

水シャワーが頭皮の健康にいい


だから今じゃ冬でも水シャワーが欠かせないんです。
逆に熱い湯に長湯していると、体は冷やそうという機能が働きますから湯冷めしちゃうんですね。


前置きが長くなりましたが、実はこれが頭皮の健康にもいいみたいです。

水シャワーを頭から浴びて、体を温める。体が温まるということは体中の血行がよくなっているからです。
つまり頭皮の血行も良くなり、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き届きやすいということなんです。


某健康番組に出演中で、書籍も好評な南雲医師も冷水シャワーを浴びて健康を保っているとのこと。
遺伝によるハゲを心配していた南雲医師は、冷水シャワー健康法のおかげで50歳になった今でも髪はフサフサです。

⇒20歳若く見えるために私が実践している100の習慣


水シャワーを習慣にすることで、体の健康だけでなく、
血行不良による抜け毛の改善も期待できそうですね。
これは試してみる価値はありますよ。


ただ、注意点がひとつあります。
いきなり冷たい水を浴びると心臓に負担がかかるため、特に寒い冬場は気をつけてください。
最初はぬるいお湯から徐々に温度を下げていきましょう。

また、冷たい水とお湯を交互に頭にかけるのもおすすめです。

タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。