ホーム » 2014年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

顔ダニをほっておくと抜け毛が増える | ニキビダニの対策とってますか?

成人の97%以上に存在する顔ダニ(皮膚ダニ)に注意!


皆さんは「顔ダニ」って聞いたことありますか?皮膚ダニ、ニキビダニなどとも呼ばれ、
専門用語ではデモデクスと言うらしいのですが、最近になってこの顔ダニが
実は抜け毛の原因のひとつだという研究発表がされています。


顔ダニ、聞いただけどもゾッとする響きですが、驚くなかれ、
調査によれば成人男性の97%以上に存在していると言われています。

顔ダニは人間の体の中でも、皮脂腺が発達している部位に寄生しており、
主に毛包部にいるとされています。つまり皮脂腺に住み着いて
皮脂腺から出る脂を食べているんですね。

あー、怖い怖い。


この顔ダニ、普段は毛包の奥深くでひっそりと潜んでいるので、
めったに悪さはしないのですが、人間の悪い生活習慣や食生活、
肌のケアを怠ったり、不潔にしているとたちまち悪さを起こします。

顔ダニが抜け毛の原因になる
毛根から本来髪の毛に必要な栄養素を吸い取ると、細胞組織が傷つけられ、
これが抜け毛や頭皮の炎症などのトラブルを引き起こします。
また皮脂で毛穴をつまらせたり、皮脂の分泌量を狂わせることで
乾燥肌になってしまうこともあります。


さらに恐ろしいのが、顔ダニの繁殖力です。
余分な皮脂を食べてくれる分にはその存在はありがたいのですが、
異常に繁殖してしまうと、お肌のトラブル、頭皮のトラブル、抜け毛の進行が進んでしまいます。


顔ダニを異常繁殖させないための対策




顔ダニは夜行性です。夜になると毛穴の奥から出てきて、
肌に排泄物や死骸を残し、朝になると皮膚の汚れを毛穴の奥まで運んでいきます。

つまり、まず第一に頭皮を清潔に保つことです。
特に夜寝る前の洗髪は重要です。
夜遅く帰ってきて、疲れたからといってそのまま布団に入ることのないようにしてください。

AIDソープ 130g(顔ダニ対策)


次に夜、洗髪する時はシャンプーやリンスをきちんと洗い流してください。
シャンプーやリンスの成分が肌に残ったままの状態は
顔ダニにとっては絶好のすみかになってしまいます。

そして、ふとんや枕カバーは清潔にしておきましょう。


最後に、これはもはや耳にタコだと思いますが、
皮脂量を増やさないためにも、ストレスをためない、
規則正しい生活習慣、食生活を送ることです。


顔ダニは、もちろん抜け毛だけでなく、ニキビやアトピーなど
肌のトラブルの原因にもなります。
顔ダニとうまく付き合っていきましょう。
スポンサーサイト

アーモンドに育毛効果があるのは本当だった!?

最近は育毛するために、というよりは体全体の健康を考えた生活習慣や
食生活を送っている管理人ですが、結果的に頭皮や髪にもいい影響があるようで、
抜け毛もぐっと減ってきています。良かった、良かった。

アーモンドで老化を防ぐ


食生活で最近、積極的に摂っているものの中にアーモンドがあります。
巷ではアンチエイジング効果で老化防止に良いとか、ダイエット中のお菓子の代わりや、
ちょっと小腹が空いた時に食べるといいとか、便秘にもいいと評判で
健康番組にも良く取り上げられていますよね。


実はこのアーモンド、実は育毛にも効果があるというのは
ご存知でしたでしょうか。



アーモンドに含まれる成分には、ビタミンE,マグネシウム、
亜鉛、カルシウム、鉄分、その他ミネラル分と、
育毛について日頃調べている方にはよくご存知の成分がたっぷり入っています。


特筆すべきなのが、ビタミンEとマグネシウム、亜鉛です。
ビタミンEは血管の保護と血行促進に役立ち髪や頭皮に栄養分を行き渡らせ、
亜鉛はタンパク質を髪の毛に変え、マグネシウムはミネラル分として髪の毛の健康に必要です。

髪の毛や頭皮を健康に保つ、こられの必須成分がぎゅっと詰まったものがアーモンドなのです。

アーモンド100グラム中に含まれる各成分量は以下ご参考にしてください。
ビタミンE・・・31ミリグラム
マグネシウム・・・310ミリグラム
亜鉛・・・4ミリグラム


下手なサプリメントを摂るよりもアーモンドを毎日食べたほうが効率的かもしれませんね。

ちなみにアーモンド研究の第一人者である、井上浩義教授は50代にも関わらず
肌年齢は30代でシミひとつないツルッツルの肌の持ち主ですが、アーモンドを
1日25粒食べ続けているそうです。




老化防止というのはもちろん髪の毛にも影響があり、年を取れば取るほど髪のコシがなくなり、
傷みやすくなるのは老化現象の現れです。管理人も若いころは髪が硬くて太くて針金のような髪なんて
床屋さんで言われてましたが、さすがに中年になった今では少し髪が細くなり明らかにハリがなくなってきました。


老化を防止することは髪の毛にもいいはずです。

それともう一つ。

タンパク質に糖が結びつくと糖化という現象がおこります。
これはAGE(最終糖化産物)と呼ばれています。
タンパク質は糖分と結合しやすく、結合すると、例えばカステラやどら焼きを見ればわかりますが、
茶色く硬くなります。これが人間の肌にも同様の反応が起きるのです。(シミ、たるみなど)

ですから、アーモンドを摂ることはもちろん、あわせて糖分の高い甘いものを
控えるようにすれば、抜け毛予防により効果があります。


また加齢と共にAGEは増える傾向にあるので、管理人も
アーモンドを積極的に摂っていこうと思います。



ちなみにアーモンドは味付けのしていない素焼きのものがベストですよ。
ぜひお試しあれ!

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。