ホーム » 2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

体毛が濃いとハゲるという噂は本当なのか?

男性ホルモンの分泌が多い人は体毛が濃いというのが通説だけど・・・


ハゲにまつわる噂のひとつに、「体毛が濃いとハゲやすい」
というのがありますよね。
ネットの掲示場などでもさかんに話題にされているこの噂、本当なのでしょうか?


確かに、体毛が濃くて髪の毛が薄い男性を良くみかけます。
特に白人男性に多くいますね。映画や海外ドラマなんかでも
頭はツルッとしてるのに胸毛ボーボーみたいな役者さん、いますよね。

胸毛は男性ホルモンのしわざ


胸毛のある男性は男らしくて格好いい、なんていう古き良き時代もありましたが、
今や男性もムダ毛を気にして脱毛エステに行く時代です。体毛が濃くて、
頭は薄いなんてモテない男の代名詞と言っても過言ではありません。


実は管理人も、髪の毛は何とか持ちこたえていますが、
体毛はおそらく人よりも濃いほうです。胸毛もそこそこありますし、
スネ毛も結構あります。しかも年齢を重ねるごとに明らかに体毛が濃くなっていますね。

一体どういうことなんでしょう?


男性ホルモンが体毛に関係しているのはほぼ明らかです。
女性でいくら毛深いといっても、胸毛のある人はまずいないと思います。
そしてヒゲの生えてくる女性もほとんどいない、前頭部から禿げ上がる女性もいない・・・・


となれば、これら全て男性に特有のもの、
つまり男性ホルモンが影響してるってことです。


ホルモンというのは、人それぞれ分泌量や感受性に個人差があるので
体毛なども個人差があるのですね。


体の中で男性ホルモンの影響を受けやすい部位は
先ほども書きましたが、前頭部と頭頂部、胸毛、ヒゲなどです。


毛穴の数は生まれた時に決まっているものなので
あとは男性ホルモンの分泌量によって体毛が濃くなる、ハゲる
というのが関係してきます。


男性ホルモンを活発にさせる原因はいくつかあります。
例えば食べ物。豆類や豆乳、納豆などに含まれるイソフラボンという
女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれていますので相対的に男性ホルモンが抑制されます。


あとは、生活習慣です。運動不足、睡眠不足なども
ホルモンのバランスが崩れる原因ですので、気をつけましょう。

とはいっても、なかなか男性ホルモンをうまく
調整するというのは難しいものですよね。

とにかく規則正しい食生活と生活習慣を送るしかなさそうですね。

最後になりますが、よく自慰行為を良くする人は男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の
分泌が増えるので老けたり、ハゲたりすると言われていますが、医学的証明はまだないようです。

これについてはまた今度でも。
スポンサーサイト

湯シャンで髪が増えたって本当!? | 湯シャンの上手なやり方

湯シャンの効果って、抜け毛や薄毛を気にしたりしている人の間では、
割りと浸透していることなのですが、最近インターネットの
話題のニュースをのぞいてみると、何やらこの湯シャンが流行っているとのこと。


それも若者の間で流行っているということだから驚きです!


まさか20~30代の女性はやっている人は少ないでしょうが
男性は意外にも多いらしいのです。若はげなどの悩みも多くなってる
現状を考えると、これも時代の流れでしょうか。


実は管理人も、1年くらい前から定期的に湯シャンを一度に3日くらい続けてやっています。
なぜ3日でやめるかというと、表現しずらいのですが、髪の毛がもさもさしてくるというか、
まとまりがなくなってくるんですよね。洗った後乾かしても髪がペタンコになることもあります。


いわゆる髪のべたつきってやつでしょうか?


ただ、湯シャンをするとフケが増えたということはありませんでしたよ。
良く、湯シャンをすると臭くなると言われますが、それほど気にもなりませんでした。
もちろん抜け毛が増えたということもありません。

湯シャンで抜け毛が止まる


なぜ湯シャンが抜け毛に効果があると言われているのか?



考えてみると、日本人が今のようにシャンプーやリンスを使い出したのはここ最近のことです。
あのシャンプーの老舗メーカーである花王がシャンプーを発売したのが昭和7年のことで、
その後、一般家庭に広まり始めたのが昭和30年代のことですからね。


石鹸の使用が広まった明治中期くらいまでは、
みんな髪の毛を水やお湯で洗ってたのです。


でもそのころ、抜け毛やハゲに悩んでいる人が
今より多かったなんて話は聞きませんよね。


最近ではシャンプーやリンスに含まれる化学成分が頭皮や髪の毛に
悪影響を及ぼすなんて言われているくらいです。


例えば、ラウリル硫酸Naなんてそうですし、
リンスは頭皮につけるとトラブルの原因になることは確かです。
リンスインシャンプーもやっぱり余り頭皮にはよくありませんね。


結局、私たちが毎日使っているシャンプーというのは
洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な皮脂分までも取り除いてしまうのです。

これが頭皮のトラブルの原因のひとつです。


シャンプーやリンスのせいで、すぐに抜け毛や薄毛につながるというのは
言い過ぎかもしれませんが、頭皮にトラブルが起こり、それが原因で
抜け毛が増えるということは十分あり得ます。


湯シャンしてる有名人と言えば、作家の五木寛之さんとかタモリさんとか。
あっ、そういえば、タモリさんは独自のタモリ式入浴法をやってて、
お風呂に10分間浸かるだけ、石鹸やボディソープなどで洗わなくても肌すべすべらしいですね。


結局、お湯だけでも頭皮の汚れはある程度落ちるのです。


ただ、何事も急にやるのは良くないということで
おすすめの湯シャンのやり方を考えてみました。
これは管理人がやっているやり方です。

1.湯シャンを始める3日前位から、シャンプーの量を減らす。
  そしてお湯の温度は熱すぎず、ちょっとぬるいくらいがベスト。

  
2.ぬるま湯だけで洗う場合は、まず髪の毛をブラシなどでよくとかして
  髪についたほこりなどを予め取り除いておきます。(ブラッシング)


3.通常のシャンプーのやり方と同じですが、髪の毛ではなく
  頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。


あとは、タオルドライとドライヤーでしっかり乾かして終わりです。


私の場合は、シャンプー特有のすっきり感が好きな事もあって
湯シャンをずーっとやり続けることはありませんが、
洗浄力が強すぎないシャンプーと併用してちょこちょこやっています。


慣れないうちは、徐々にシャンプーを減らしながら
やっていったほうがいいと思いますし、汚れが気になった時は
精神衛生的にもシャンプー使ってもいいと思いますよ。


いずれにしても、あまり無理し過ぎるとストレスがたまって、
逆に抜け毛の原因になったりしてしまうかもしれませんので、
まずは、その気になったらやってみる、という程度でいいと思います。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。