ホーム » 2013年02月

頭皮の乾燥にはアロエが効く|アロエの保湿効果と殺菌作用が頭皮を守る

フケ・痒みで悩んでいるなら、アロエを試してみると良いかも。


今、美肌や美白にアロエが効くということで、
アロエ入りの化粧水やローション、クリームなどを
使っている女性の方も、もしかしたら多いかもしれません。

アロエは育毛効果がある?


アロエと聞いて、管理人が個人的に思い出すのは、
小さい頃、手が乾燥した時に、母親に「これを塗ってごらん」
と言われて、良く使っていたことです。
冬場、乾燥した手に塗ると、しっとりしたことを覚えています。


実はこのアロエ、同じ肌でも頭皮にもいいということ、
知ってましたか?

アロエには、保湿効果があり、頭皮の乾燥を防いで、
潤いを与えてくれます。また、鎮静作用、殺菌作用もあり、
頭皮や毛穴の炎症を抑えてくれるのです。


ですから、頭皮の乾燥を原因として起こる、フケや痒み
を抑えるにはアロエは最適だと言えますね。


ところで、アロエにもいろいろ種類があるのですが、
ここで言う効果が実証されているアロエは、
実はそのうちの2種類。アロエベラとキダチアロエです。


アロエベラとキダチアロエい含まれる薬用成分、アロインは
ファイトケミカルであり、実はこの成分が育毛効果があるとも
言われています。


なんでもAGA(男性型脱毛症)の原因でもある
5αリダクターゼの働きを抑える効果があるらしいのです。


アロエのその他の効果として、新陳代謝や血行促進などもあり、
トータルとして考えると頭皮や髪の毛には非常にプラスに働く
ということになります。

実際、アロエの成分を配合した育毛剤やシャンプーなどが
たくさん世に出ており、これらは根強い人気があります。

特に、フケ・痒みには効果は絶大です。
育毛効果については、フケ・痒みからくる抜け毛の場合に
効果が出やすくなると思います。

天然成分ですから、副作用の心配もありません。
一度お試しになってみてください。

プロペシアが効く人、効かない人、はたしてその違いは?

今や、抜け毛・薄毛治療の救世主とまで言われるプロペシア、
実際に服用されている方も多いと思いますし、外用のミノキシジルと並んで、
AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、我が国でもメジャーになりつつあります。


もちろんプロペシアは医薬品ですから、AGAの治療において、
他の医薬部外品の育毛剤などに比べて効果はかなり期待ができます。

では実際、どのくらい効果があるのでしょうか?


プロペシアを飲み続けて、効果が出る方は8割くらいと言われています。
ここでの「効果が出る」というのは抜け毛が止まり、
その後、多かれ少なかれ発毛することを意味します。


中には、プロペシアを飲見続けても、抜け毛は止まったけど、
髪の毛が生えない(現状維持)、そして全く効果がないという方も数%ですがいるそうです。


効果が出ない方の中には、もしかしたら薄毛の原因が
AGAではない方も含まれているかもしれません。

プロペシアはAGA治療の内服ですので、
AGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はありません。


また、プロペシアの効果のほどは、薄毛になってから、
どのくらいの期間が経っているかが大きなポイントです。

薄毛に気がついて、すぐにプロペシアを飲み始めた方と、
薄毛になってから、かなりの期間が経ってから飲み始めた方では効果は相当違ってきます。


例えば、AGAがもうすでに進行してしまって、頭がツルツルの状態ですと、
いくらプロペシアを長期間飲んだとしても、効果はあまり期待できないでしょう。

また、偽物のプロペシアが氾濫しているそうですが、
当たり前ですが、本物のものしか効果はでませんので気をつけてください。
必ず信頼できるところから手に入れてください。



いずれにしても、プロペシアの回復改善効果が期待できる期間は、
約4年間と言われています。ですから、飲みはじめて1年間経つけど、
効果があまり感じられないな、と思っても、もう少し様子を見ましょう。

焦る気持ちはわかりますが、AGA治療においては、気を長くして付き合っていく覚悟が必要です。
今のところ、一番効果がある薬であることは間違いないのですから。

そもそもなぜ髪は抜けるのか?|髪の毛は抜けるから生えるんです

ヘアサイクルの中で、自然に髪は抜けて、または生えてくる


毎晩、シャンプーをする度に髪がごそっと抜ける。
朝、起きてみると枕元に髪の毛が・・・。

シャンプーの後に抜け毛が多い


多かれ少なかれ、こんな経験は誰しもがしていることです。
「抜け毛」、と聞くとすぐに異常と思ってしまいますが、
至って自然な現象なのです。

そもそも生えるだけで、抜けなかったら、私たちの頭は
髪の毛がボーボーで、収集がつかなくなります(笑)


髪の毛が抜けて、また新しい髪の毛は生えてくる。
これをずっと繰り返していくことで、自然な髪の毛の本数を保っているのです。
これがヘアサイクルと呼ばれるものです。


ヘアサイクルにおける成長期は、その名の通り、
髪の毛が成長している時期で平均で4年~6年です。
成長期の髪は、太くたくましく成長していきます。


成長期を経て、退行期、そして休止期と移行して
髪が抜けていきます。そしてまた新しい髪の毛が
生える準備期間に入っていくのです。


こう考えると、私たちの一生の内、ヘアサイクル全体を
6年ちょっとと考えると、7~8回くらいのサイクルで
入れ替わる計算になります。


ですから、ある時期では成長期の髪の毛がごそっと抜けることも
タイミングとしては十分に考えられるので、
あまり、抜け毛が多いからとビビる必要もないのです。



もちろん、症状として、明らかに抜け毛の場所が偏っているとか、
頭皮が脂っぽい、乾燥している、フケが多いなどの正常ではない
状態であれば、正常な抜け毛ではないことを疑ってもいいと思います。


髪が抜けることは正常です。あまり一喜一憂していると
ストレスになって、余計抜け毛が増えますよ!

育毛剤のお試しセットは本当にお得?|ヘアサイクルの改善は時間がかかる

お試しセット500円では、効果のほどはわからない


最近、大手通販サイトなどを覗くと、
育毛シャンプーや育毛剤の「お試しセット」が
格安価格で販売されているのを見かけます。


お試しセットは、おおむね、1~2週間程度使用できる容量のもので
500円くらいのものが多いでしょうか。これを安いととるか高いととるかは
個人の感覚によりますが、実際のところ、結構売れているようです。


確かに、育毛シャンプーや育毛剤は、医薬部外品のものでも
値段がそこそこします。もしも、買って効果がなかったとなると
「損をした!」となる気持ちもわかります。


ただ、抜け毛に悩んでいる、薄毛の状態が続いている、という方
の場合、何らかの原因によって、ヘアサイクルが正常ではないことが多いです。


通常、ヘアサイクル上の成長期は4年~6年と言われますが、
これが乱れてくると、成長期の髪の毛が通常よりも早く、退行期、そして休止期
に移行してしまうので、髪が抜ける、細くなる、などの症状が起きます。


たかが、1~2週間程度使ったからと言って、
効果の良し悪しはわかりません。


ヘアサイクルを正常に戻すには、ある程度の時間がかかるのです。
少なくても最低3ヶ月、できれば半年くらいの時間経過を見て
判断したほうが良いでしょう。


ある意味、賭け、みたいなところがありますが、
こればっかりはしょうがありませんね。


ただ、お試しセットの良いところは、それ以外の根本的な部分、
例えば、肌に合わない、とかニオイがキツい、などが
実際に感じることができるので、存在価値はあります。


最近では、返金保証をつけている商品もたくさんありますので、
お試しセットではなくても、安心して使えるので、
こういったサービスもぜひ使ってみると良いと思います。


いずれにしても、実際に使ってみないとわからないのが、
育毛シャンプーや育毛剤です。

事前の調査も大事ですが、自分の症状に効果が出るには
時間がかかることも覚えておきましょう。

頭皮のかさぶたを取ったら、ついでに抜け毛が・・・ショック!

管理人、自らの告白になりますが、
私、頭皮に2~3箇所程度ですが、かさぶたがよく出来るんですね。
しかも、毎回いつも同じ場所です。


だいたいのパターンはこうです。

何気なく頭を触った時に、かさぶたを発見する。

気になって、指で掻いてかさぶたを取る。

かさぶたと同時に髪の毛も抜ける

しばらくすると、またかさぶたが出来ている。



ちょっと汚いですが、こんな感じです↓↓

かさぶたと抜け毛

ゆっくり剥がすのですが、必ずといっていいほど髪の毛が付いてきます。

かれこれ、ここ2年くらいでしょうか、この無限のループに陥っています。
最近では自分よりも、妻が先に見つけて、勝手にかさぶたを取ろうとする始末(笑)
困ったものですね。


僕自身、抜け毛や育毛のブログをやっているので、
そのあたりの情報は常にキャッチしているつもりなのですが、
この症状、ネットで調べてみてもはっきりしないんですね。


脂漏性皮膚炎の方の頭皮のかさぶたと似ているといえば
似ているのですが、別にかさぶたの部分が痒いわけでもないし、
頭皮以外の体の箇所で皮膚炎は一切ないのです。


不衛生にしていると悪化するのが怖いので、
かさぶたを取りのぞいた後は、洗髪して、
その部分には触らないようにしているのですが・・・。


シャンプーが合わないのかとも思い、
いろいろ替えてもみたんですがね、毎度毎度、
同じ場所にかさぶたができて困ります。

かさぶたならいいのですが、かさぶたを取ると一緒に
髪の毛も抜けるので怖いんですよね。



とりあえず今はかさぶたを取ってしまったので、
今度できた時は、皮膚科の先生に相談してみようと思います。
脂漏性皮膚炎用のシャンプーも試してみようかなとも思っています。

睡眠の質で抜け毛の本数が変わるとしたらどうしますか?

睡眠不足も抜け毛の原因のひとつですが、
それは副交感神経の働きが関係していると、こちらの記事に書きました。


副交感神経の働きが活発になるのは、夜の10時から夜中の2時までと言われています。
ちょうどこの時間帯に髪の毛が成長するので、夜10時までには寝ましょう、ということなのですが、
そうは言っても、なかなかすぐに寝付けない方もいると思います。


では、どうしたら寝付きを良くすることができるか、
そして質の良い睡眠をとることができるのか、
この点について、まとめてみます。


まずは基本的なことから。

食事は寝る3時間、できれば4時間前までには済ませておきたいですね。
特に油っぽく、胃がもたれるものは消化に負担がかかりますので、睡眠の敵です。
夜は油っぽいものを控え、食事の量も食べ過ぎないようにすることで、質の良い睡眠がとれます。


そして、入浴は就寝の1時間前までに済ませておきましょう。
お風呂に入ると、交感神経が強くなり、興奮状態になります。
もし時間がない場合は、ぬるめのお湯やシャワーで済ませましょう。熱いお湯はNGです。


寝る前に摂ってはいけないもの、
それはコーヒーや紅茶などのカフェインの入っているもの。
そして、アルコール類です。

カフェインを飲むと、脳が興奮状態に入るので、
寝るどころではなくなります。

また、アルコールは一見、寝付きが良さそうにも思えますが、
睡眠の質は悪くなりますので注意が必要です。

逆に、ホットミルクなどは安眠効果があるので、
就寝前に飲むと質の良い睡眠を助けてくれますよ。


そして、これがもしかしたら睡眠の質を落とす一番の原因かもしれないのが、
寝る前にパソコンやスマホなどにいそしむ行為です。

パソコンのモニターやスマホの画面を長時間見ていると、
光の刺激を脳が受けるため、寝付きが悪くなります。

パソコンに夢中になる原因のひとつは、
フェイスブックやツイッターなどのSNSがありますね。
SNSにハマり過ぎると、寝る時間も惜しむようになり、
キリがなくなりますので、ほどほどにしましょう。


そして上に挙げたようなことに加えて、
早寝、早起きができればなお完璧ですね。

仕事の関係で帰宅が遅い方は難しいかもしれませんが、
なるべく朝早く起きるようにすると生活のリズムも変わってきます。


そしてポイントは、休みの日も同じリズムで生活することです。
明日は休みだから、今日は夜更かししちゃおう、というのは
生活リズムが崩れますので注意しましょう。

また、休日の寝だめ、昼寝の取り過ぎなども夜の睡眠の質を
さげますので気をつけてくださいね。

脂性フケと乾性フケの違いと見分け方

乾性フケはパサパサ、脂性フケはベトベトする


頭皮の悩みで抜け毛や薄毛と並んで、多いのがフケではないでしょうか。
年齢に関係なく、フケで悩んでいる人は多いです。
イヤですよね、フケって。不潔そうだし、人にもなかなか相談できないものです。


一口にフケといっても、大きく分けて2つのフケの種類があります。
それは乾性のフケと脂性のフケです。
どちらも頭皮のトラブルが原因で発生するという点では変わりません。


簡単な見分け方は、乾性のフケは細かくてパサパサと落ちます。
反対に脂性のフケは大きくて、べたついているのが特徴です。

乾性のフケの原因は、シャンプーのしすぎが主な原因です。
洗髪のし過ぎで、頭皮に必要な皮脂分までも取り除かれて
しまって頭皮が乾燥している方がなりやすいのです。


また、冬の時期など空気が乾燥してフケが出る方もいます。
髪を手で触って静電気が起きる方などは、
乾性肌の可能性が高いので乾性フケが出やすいかもしれません。


脂性のフケは、パサパサとは落ちず、手ぐしやコームで
髪を溶かした時に、ついてきます。比較的大きめな塊なので、
すぐにわかります。色も黄色っぽい場合があります。


このフケは頭皮の皮脂が過剰分泌しまっていることが主な原因になります。
脂性肌の男性に多い症状です。頭皮と顔はつながっているため、
ニキビのある方は脂性肌の方が多いでしょう。


この場合、皮脂分が頭皮に残っているため、そのままにしておくと酸化して
毛根の働きを弱めてしまうため、抜け毛の原因にもなりかねません。

また、脂性肌の方の場合、皮脂分を好物とする
真菌(マラセチア)が繁殖しやすく、フケが出てしまうので、注意が必要です。



説明したとおり、乾性フケと脂性フケでは、肌の体質も違いますし、
原因も異なるため、たとえば、乾性フケの方が、脂性肌用の
シャンプーを使っても治りませんし、その逆もまたしかりです。

フケを治すにあたっては、まずは自分のフケがどちらの種類なのかを見分ける必要があります。

頭皮が固いと抜け毛が増える?|頭皮を柔らかくする方法とは?

誠しやかに、言われている噂のひとつに、
「頭皮が硬いと薄毛になる」または、
「頭皮が薄いと抜け毛が増える」というものがあります。

はたして本当なのでしょうか?


確かに、頭皮が硬い、薄いというのは、頭皮が突っ張っている状態であり、
頭皮の血行が悪いということになります。
血行が悪いと、毛細血管を通して毛髪の成長に必要な栄養素が運ばれにくくなります。

毛髪の成長には栄養素が必要ですから、納得、納得、と
思わずうなづいてしまいそうですが・・・。


ただ、例えば男性の脱毛症の半数以上を占める、
男性型脱毛症(AGA)の場合は、男性ホルモンDHTが確定原因ですので、
血行の良し悪しは関係ないでしょう。


ですから、AGAの方がいくら頭皮マッサージをしようとも
症状が改善することはありません。



ある論文によると、臨床実験で100人程度のAGA患者の頭皮へ向かう動脈を結紮したところ、
60%程度の患者でAGAに改善があった、というのがネットで検索すると出てきます。
(ソースが不明ですが・・・)


この論文が本当なら、血流を止めてしまったほうが、AGAには効果がある、
ということになるが、まぁ、それは言い過ぎとしても、AGAの治療薬は、
ミノキシジル外用とフィナステリド内服ですので、頭皮マッサージで直接効果が出ることはないでしょうね。


それ以外の原因で、抜け毛がひどい、薄毛が進行している場合は、
特効薬とは言い切れませんが、頭皮の血流を良くしたほうが良いとは思います。


ただ、頭皮を柔らかくするには、頭皮マッサージも大切ですが、
食べる物にも気を使ったほうが良いでしょう。

油っこい物を控え、動物性タンパク質の取り過ぎに注意しましょう。


簡単に言うと、バランスの良い食事を摂るということですが、
タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素を積極的に摂ってください。


また、コラーゲンの摂取も頭皮を柔らかくするには効果があるでしょう。
軟骨や鶏や魚の皮などに多く含まれていますが、
サプリメントなどで補給すると良いと思います。

あと、大事なことですが、ストレスを溜めないようにしましょう。
ストレスで血流が悪くなりますので、ストレスを発散させる趣味などを
持つことも大切です。


頭皮マッサージ自体は、悪いとは思いませんが、
頭皮マッサージをすれば硬かった頭皮がすぐに柔らかくなることは難しいでしょう。

ニンジンエキスに育毛効果はあるのか?

血行促進と抗酸化作用と抗炎症作用に優れた天然成分

育毛シャンプーや育毛剤の天然成分の中には、
様々な天然エキスが配合されています。
ニンジンエキスもそのひとつで、よく見かけます。

ちなみに、ニンジンエキスといっても、
普段私たちが食べている、このニンジンとはちょっと違います。

ニンジン

ニンジンエキスは主にオタネニンジン(朝鮮人参)から取られています。
もともと薬草として古くから使われており、現在でも漢方などにも含まれております。


オタネニンジンにはサポニン配糖体が含まれています。
このサポニンは、動脈硬化や滋養強壮に効能があります。
つまり、血行を促進させてくれるということですね。



育毛シャンプーや育毛剤には、頭皮の血行を促す有効成分や
天然成分が入っていることが多いですが、
ニンジンエキスはまさに頭皮の血行促進に役立つということですね。


その他にも、サポニンには抗酸化作用や抗菌作用があります。
頭皮の皮脂分を抑えて過酸化物質の発生を防いだり、
毛穴の炎症を抑えたりと、フケや痒みにも効果があります。


特に脂性肌の方には、効果があるでしょう。
また、免疫力を高めることもできるので、体の中から
頭皮や髪の健康を助ける効果もありそうですね。


育毛剤や育毛シャンプーだけでなく、
市販のサプリメントにもニンジンエキス入りのものが出ていますので、
頭皮が脂っぽい、フケや痒みなどがあるという方は、
サプリメントもあわせて摂ってみるのもいいと思います。


ただ、ニンジンエキスが配合されているといっても、
医薬品ではありませんので、ニンジンエキスが配合されているからといって、
直接的に育毛の効果があるわけではありません。

ただ、頭皮の健康を保つためのエキスとして覚えておいて損はないと思います。

10代でも育毛剤を使っても大丈夫なのか?

最近、ネットの某質問箱みたいなところを覗いていると、
若い人、なかでも10代の男性や女性が抜け毛に悩んでいて、
「どうしたらいいですか?」というような質問をたくさん見かけました。


そうか、よくよく考えてみたら、管理人も中学生の時に、
シャンプーで洗髪している時、やたら毛が抜けるのを見た時、
「ヤバイなぁ」と心底悩んでいたのを思い出しました。

ある意味、思春期だからこそ、抜け毛が多いというのは
悩みも深いのかもしれませんね。


結論から言うと、若くても、たとえ10代の成長まっただ中の中にいても、
髪は抜けるのです。人間の髪もヘアサイクルの中で成長し、
やがてその成長が泊、抜けていくのですから、何も驚くことはありません。

成人男性の1日に抜ける髪の毛の本数は、50本~100本と言われているけれども、
自分も全盛期(?)は1日に150本以上は確実に抜けていたし、
でもそのうち落ち着いて来ましたからね。


ネットの質問では、「育毛剤を使ったほうがいいでしょうか?」
というものもありましたが、医薬部外品のものはいいとしても、
副作用の可能性のある、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品は
使用するのを待ったほうがいいと思います。



思うに、10代の中学、高校時代というのは、
ある意味、生活習慣に乱れが生じる年頃でもあります。

ネットゲームに夢中になったり、受験勉強などで
夜更かしをして睡眠不足になったり、栄養不足になったりする
人も多いのではないでしょうか。


ですから、抜け毛が気になる方はまずは生活習慣を正すことを心がけてください。

食事をきちんと取る。睡眠を十分に取る。適度な運動を行う。
ストレス発散できるような趣味を持つ、などなど。
若いからこそ、薬に頼るのではなく、正しい生活習慣を行うことで抜け毛も改善してくると思います。

また、育毛シャンプーなどで洗髪をしてもいいですが、
シャンプーの正しい方法を実践しないと意味がありません。


それでも、もし抜け毛が止まらなくて悩むのであれば、
一度、専門の外来などで診療を受けてみてください。
男性型脱毛症(AGA)の場合は、それなりの処置が必要になります。
医師の支持を仰ぎましょう。

医薬品のネット販売が禁止は本当に解除されるのか?

医薬品のネット通販は便利か、それとも・・・


2009年の改正薬事法の施行以来、ネット医薬品販売は副作用リスクが高いとされる、
第1類と第2類の医薬品が禁止されていましたが、
2013年1月に行われた裁判では、ついにネット通販業者が厚生労働省に勝訴しました。


その後、原告のケンコーコムは一般医薬品のネット販売を本格的に再開スタート。
禁止以前よりも売上が好調のようです。




ケンコーコムが扱っている商品は、育毛剤やED関連の医薬品、
ジェネリック医薬品など、通常のネット通販では手に入らなかったもの。
これが豊富に揃っているから、売上げ好調も納得です。


そもそも、育毛剤などの医薬品は、個人が海外から取り寄せるのは面倒な上、
リスクも伴う。また医薬品の特性上、薬局などに買いに行くのは恥ずかしいものですよね。
消費者としては、ネットで医薬品が購入できるのは便利なのは間違いないです。


だから、こういった医薬品専門のネット通販業者は、
これから、どんどん増えていくのかもしれませんね。

ただ、厚生労働省は裁判で負けたにもかかわらず、
依然として医薬品のネット販売を省令として掲げたままなのです。

そりゃ、副作用のリスクはそこそこあるものだし、
厚生労働省は国民の安全確保に務めるという大義名分があるから
引き下がれないのはわかりますけれど・・・。


問題は、ネットで医薬品を扱う際に、副作用のリスクが十分に理解されなかったり、
ニセモノの医薬品が出回ったり、その結果、
健康を害する人が出てくるのではという心配があることです。



考えれば考えるほど、難しい問題ですが、
信頼のおける業者であれば、ネットでの購入もそこまで問題が
起きるとは思えない。新たに参入してくる業者に対する見極めを厳しくしていくしかないでしょうね。

パラベンフリーのシャンプーは敏感肌の人にとっていいのか

最近は化粧品などもそうなのですが、敏感肌の方向けに、
天然成分、自然派、低刺激でお肌に優しい商品がたくさん
販売されています。

実際に育毛シャンプーの裏側の成分表記をみてみると、
無添加・無香料・ノンシリコン、そして、パラベンフリーなどと
書かれてあるものも、たくさんありますね。

パラベンフリーのパラベンとは何どんな成分なのでしょうか。

パラベン、簡単に説明すると、防腐剤です。
正式名称を「パラオキシン安息香酸エステル類」と言い、
薬事法で表示が義務付けられている指定成分です。


なぜパラベンが入っているのか、というと、
例えばシャンプーや育毛剤を一度開封して、そのままにすると
バラベンが入ってなければ、腐ってカビだらけになってしまいます。

ですから、商品を長く使っていくには必要な成分なのですね。

ただパラベンは、皮膚にアレルギーを起こす可能性があるとされ,
肌を弱酸性に保てないため、敏感肌やアトピーの方にとっては
刺激となってしまうとも言われています。


ただ、最近では、刺激性の低いメチルパラベンが使用されているので、
世間で言われているほど悪くはなく、実際に肌荒れを起こす人は
1万人に3人くらいの割合でしかないという報告もあります。


パラベン自体が、1940年代に指定された成分のため、
危険性の基準が古いため、当時は確かに刺激や危険性のある防腐剤という
認識だったかもしれませんが、今ではその安全性は高くなっております。

ですから、パラベンが悪いもの、というのは、ある意味、本当ですし、
ある意味では本当ではないとも言えます。



自分が敏感肌、アトピーと認識されているのであれば、
できるだけ弱酸性のもの、そしてパラベンフリーのものを
選んだほうが良いでしょう。

ただ、それ以外の方にとってはパラベンの安全性に関しては
それほど気にするものではないと思います。

ノンアルコール育毛シャンプーを選ぶ際に気をつけること

敏感肌にとって必ずしも、無鉱物油=良いとは限らない


育毛シャンプーの広告などをみると、ノンシリコンや無香料・無添加などに加えて、
「ノンアルコール」と謳ったものを良く見かけます。
なかには、「無鉱物油」と記載されたものもあります。

ノンアルコール(無鉱物油)というのは、はたして、どのようなものなのか?


まず、シャンプーに含まれるアルコール成分には、
鉱物油と呼ばれる石油を原料として合成されたものが一般的に使われています。
簡単に言うと、石油の残りカスです。

鉱物油の代表的なものに、流動パラフィン、固形パラフィン、ワセリンなどがあります。

鉱物油が問題なのは、肌荒れが起きやすいということです。

無鉱物油そのものが頭皮に浸透することはないのですが、
特に肌の弱い方は、鉱物油の入ったシャンプーを使い続け、すすぎを
しっかりしないと、頭皮が荒れてくることがあります。


最近の育毛シャンプーの売りは、
化粧品などと同様に「天然成分」をいかに使っているか、
というところに重点を置いています。

わざわざ、製造メーカーが無鉱物油と謳っているのは、
肌に優しい製品です、ということを強調しているからですね。


無鉱物油の代表例は、馬油です。人間の皮脂分に最も近いとされ、
頭皮の保湿や皮膚の炎症を押させる効果などがあります。
それ以外には、ホホバオイルやオリーブオイルなども無鉱物油に入ります。


ただ、鉱物油だから悪い、無鉱物油だから良い、という短絡的な決め付けはどうかと思います。
確かにイメージは無鉱物油のほうがいいのですが、無鉱物油でアレルギー反応が出る方もいますし、
前述した通り、鉱物油そのものは肌に浸透はしないため、安全性については問題ありません。


敏感肌の方は、無鉱物油の育毛シャンプーを選択される場合、
メーカー側でパッチテストがされているかどうかを確認したほうがよいでしょう。

白髪の人は禿ないって本当?

周りの人をよく見ればわかります。白髪で薄毛の人ってどれくらいいますか?


中年以降の男性の髪をおおまかに分けると、もちろん黒髪を保っている人もいますが、
大きく分けると、白髪になるか、薄毛になるか、でしょうか。

ちなみに管理人の祖父は、私が中学生の時の記憶では、
70代前半で、前頭部がやや禿げ上がっており、残りの後頭部、
側頭部、頭頂部は白髪交じりの髪でした。


白髪で有名な著名人と言えば、故・筑紫哲也さんや、少し若い方ですと、
NHKアナウンサーの登坂淳一さんなどがいますが、
お二人の髪の特徴は、量は多いが白髪ということ。


そもそも、髪が薄くなるということと、白髪になるということは、
どちらも老化現象といってしまえば、それまでですが、
なかには若い方でも薄毛の人はいるし、白髪の人だっているわけで・・・。


薄毛の原因は、当サイトでも、様々な角度から触れているので、
ここでは割愛しますが、男性の薄毛ということに絞ると、
その多くは、男性ホルモンの働きによるものです。


一方、白髪の原因もいくつか考えられますが、老化に伴う白髪は
メラニン色素の細胞が、メラニンを生成できなくなり、
色素細胞が失われることで、白髪が増えるとされています。

その他、遺伝や病気、ストレスなども白髪の要因になります。


薄毛、白髪、それぞれ原因が違うので、薄毛の人が白髪にならないことはなく、
逆に白髪の人が薄毛にならないこともないのです。

管理人の祖父もそうでしたが、薄毛で白髪の人も実際にはたくさんいますからね。
皆さんの周りにも、たくさんいるのではないでしょうか。


あとは、よく言われるのが、髪が多い人が白髪になると目立つからというもの。
確かに薄毛やハゲに近い人が白髪になっても、白髪部分の面積が少ないから目立たない、
という単純な見た目の問題ですね。

ですから、白髪だと禿ないというのはデタラメということです。

ノンシリコンシャンプーで髪が抜ける?それとも伸びる?

ノンシリコン自体は、抜け毛の原因にはなりません。

2011年の初頭からはじまった、いわゆる「ノンシリコンシャンプーブーム」
最近、いろんな媒体やニュースにも取り上げられています。

この勢いは衰えるどころか、ますます勢いを増してきており、
当初は限られたメーカーでしか取り扱いがなかったものが、
今後は大手メーカーが揃って、ノンシリコンシャンプーを販売予定ということらしい。


それだけ売れているノンシリコンシャンプー。
ノンシリコンとは、その名のとおりシリコン剤が入っていないシャンプーのこと。
シリコン剤が入っていると髪や頭皮に悪影響を与えるという噂が広まり、
今やシリコンは完全に悪者扱いですね。

まぁ実際のところ、シリコン自体は悪いわけではないのですが・・・。

⇒シリコンシャンプーの記事はこちら


かつては大手メーカーは、主力商品であるシリコン入りのシャンプー
を押していたわけですが、最近では、ブームに乗ってか、次々と
ノンシリコンシャンプーの新商品を出してきています。


例えばラックスで有名なユニリーバ・ジャパンはノンシリコンの
「ティモテピュア」
をこの春に市場に投入、
資生堂も同様に、春の新商品のラインナップにノンシリコンシャンプーを加える予定です。


もともとノンシリコンブームの発端は、ジャパンゲートウェイの「レヴール」とクラシエの「いち髪」。人気女優をCMに起用したりと見事にブームを作り上げたわけです。


今後、資金力と販売力のある大手メーカーが、
どのような商品展開を見せるのかが、ポイントですね。
もしかしたら、近い将来、ノンシリコンシャンプーが主流になるのかもしれないですね。


ちなみにノンシリコンシャンプーを使って髪が抜ける人もいれば、
伸びる人もいるというのが答え。
ノンシリコン特有のきしみが原因んで髪が抜けるというのは良く聞くし、
伸びるというのは、ノンシリコンのおかげではなくて、他の配合成分による効果だと思います。

鉄分不足は抜け毛を進行させる|若い女性に多く見られる鉄欠乏症の症状

若年~中年の女性に多い鉄分不足で髪の艶がなくなり脱毛する


女性は男性と違って、生理が定期的にあるために、
その際の出血によって、体内の鉄分も失います。
体内に、鉄分の予備があるのですが、これがなくなると、鉄欠乏性貧血という症状にかかります。

これが、男性よりも女性が鉄欠乏性貧血になりやすい理由のひとつです。

また、これも若い女性に多いのですが、偏食や過度のダイエットによって、
鉄分が十分に摂取されない状況が続くことでも鉄欠乏性貧血になります。

鉄分不足で抜け毛が心配

実は、この鉄欠乏貧血になると、抜け毛が多くなることがあります。
これは、ある研究によって報告もされているのですが、
鉄の欠乏が、休止期脱毛を発症させるということです。


休止期脱毛症は、ヘアサイクル上の
成長期→退行期→休止期→自然脱毛という本来の流れの中の
成長期にあるはずのものが、急に休止期に移行することで生じます。


休止期脱毛症の特徴は、びまん性と言われる
頭部全体が薄くなっていくことが挙げられます。

鉄欠乏症による休止期脱毛症は、鉄分の摂取を怠らなければ、
徐々に回復していきます。


ちなみに鉄分を多く含む食材ですが、
代表的なものに、レバー、まぐろ、かつお、いわし、牡蠣、
ほうれん草、ブロッコリー、ひじき、豆乳、そば
などなどです。

鉄分は、ビタミンCやたんぱく質を一緒に取ると、吸収がよくなると言われています。
特に、朝食の30分前に取ると、最も効率よく吸収されると言われています。


一人暮らしなどで、偏食がちな方は、合わせてサプリメントでも摂取されると良いでしょう。

Return to page top