ホーム » 2012年11月

朝シャンするとはげる?|シャンプーのすすぎ残しが薄毛の原因に

朝シャンの爽快感がたまらない方は要注意です。

朝シャンが日課の方は、寝ている間に汗をかいた頭皮を洗うのだから、
地肌を清潔にできる。それに頭がすっきりするから最高、と言うかもしれません。

中には、朝シャンにとどまらず、仕事の昼休みにシャンプーをする、
いわゆる「昼シャン」をするOLさんもいるというから驚きます。


特に女性は、シャンプーの香りを一日中漂わせたいという理由もあり、
女子高生からOLまで、朝シャン人口はまだまだ多いらしいです。


ただ、恐ろしいことに、朝シャンが間接的に薄毛の原因になることがあるのをご存知でしたか?


【理由その1】

前の日の夜にもシャンプーをして、起きてまたシャンプーをすると、
頭皮に必要な皮脂分まで取り除いてしまいます。
これを毎日続ければ、皮脂分がなくなり、
逆に皮脂の分泌が多くなり、頭皮が脂っぽくなります。


【理由その2】

仕事や学校に行かれる前にシャンプーをするとなれば、
そんなに呑気にはやっていないはずです。どちらかというと
急いでシャンプーするケースが多いため、すすぎがしっかりできずに
シリコンなどの成分が毛穴に詰まった状態になります。

特に、洗面台でシャワーをすませる方は注意が必要です。


【理由その3】

理由その1につながりますが、頭皮が脂っぽくなれば、
余計に朝シャンをしないと気がすまなくなります。
それゆえ、悪循環にはまります。


【理由その4】

朝シャンをすると、皮脂分を取りすぎてしまい、
頭皮を守るバリアがなくなってしまいます。
そのため、日中、紫外線などが頭皮や髪の毛にダメージを
与えてしまいます。



中には、シャンプーは朝だけ、という方もいるかもしれません。
夜寝る前に頭を洗わないと、これはこれで問題が出てきます。


寝る前には、髪についたスタイリング剤や、フケ、汗などは
洗ってあげないと、枕についている雑菌が繁殖して頭皮の炎症につながることもあります。

また、睡眠中は髪も乾燥します。
スタイリング剤を洗い流し、保湿をすることが大切です。

また、これはとても大事なことなのですが、夜に髪は成長します。
ですから、その前に頭皮は洗っておき、頭皮環境を整えておいてください。

副交感神経の働きが頭皮の血管を拡張|寝不足で髪の毛が減る

副交感神経の働きを最大限活かす睡眠を心がけよう

睡眠は髪の毛を健康に保つためにも重要な要素です。
「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
髪の毛に関して言うなら「寝ると髪は育つ」のです。


夜更かしなどをして、睡眠時間を削ると体の疲れがなかなか取れません。
これは体の機能が低下している証拠です。
そして、それは確実に髪の毛や頭皮にも悪影響を与えています。

人は睡眠を取ると、免疫力が高くなります。
皆さんも経験があると思いますが、睡眠時間を削ったり、
深い睡眠が得られないことが続くと、風邪をひきやすくなったりします。


免疫力が低下すると、体は、重要な働きをする臓器を守ろうとします。
髪の毛や頭皮は、それほど重要ではないとみなされますので、
頭皮や髪の毛が一番最初にダメージを受けるのです。


人が睡眠を取ると、体は交感神経から副交感神経のスイッチに切り替わります。
特に、午後10時から午前2時までは、副交感神経が最も活発に働く時間帯で、
成長ホルモンも大量に分泌されます。



つまり、この時間帯に寝ていないと、副交感神経が働いていない、
そして成長ホルモンがでない、ということになります。
これは髪の毛にとっては、とんでもない機会損失です。


副交換神経が正常に働くことによって、血管拡張作用が働き、
頭皮の血行が良くなります。

頭皮の血行が良い状態においては、
毛根の細胞に栄養分がしっかり行き渡ります。

また、寝ている時は心臓と頭がほぼ同じ高さなので、
血液も頭皮にいきやすいのです。


睡眠を取るときは、なるべく毎日、同じ時間に寝て、
同じ時間に起きるとよいでしょう。毎日の寝る時間がバラバラだと、
体がついていかず、深い充実した睡眠が取れません。


髪の毛や頭皮に良い睡眠とは・・・

・睡眠不足にならないような生活習慣を心がける
・熟睡する。
・毎日なるべく同じ時間に眠りにつく。



また、寝る前に食事を摂ったり、熱いシャワーやお風呂に入ったり、
深酒などをすると、深い睡眠を妨げる要因にもなりますので注意してください。

びまん性脱毛症は治るのか?|過度のヘアケアも原因のひとつです

びまん性脱毛症は、女性に多く見られる脱毛症で、
頭が全体的に薄くなる脱毛の症状です。

【びまん】=一面に広がり満ちること(goo辞書より)


びまん性脱毛症の方の写真を見るとよくわかるのですが、
全体的に薄く、ひどい方は地肌が見えてくるようになります。


また、頭頂部が特に薄くなる傾向にあり、
生え際からの脱毛は基本的にありません。

また、髪の毛自体が細く短くなってくるため、頭全体の
ボリュームがなくなり、毛髪が地肌に張り付いてしまうこともあります。

このような症状が起こってしまうのは、
毛髪のヘアサイクルにおける休止期の期間が
長くなることによるものです。


では、びまん性脱毛症を引き起こすのは原因にはどのようなものがあるのでしょうか?


びまん性脱毛症は加齢によるものもあり、
特に40歳を過ぎ、更年期になった女性によく見られます。
毛髪を発達させるエストロゲンが減少することで、髪の成長期が短くなります。


次にストレスです。

ストレスは頭皮の血行を悪化させます。
育児や離婚、人間関係などの精神的ストレスのために
副交感神経の働きが弱まって頭皮の血行が悪くなるのです。


極度のダイエットが原因になることもあります。
食事制限のダイエットは、いわば、体が「栄養失調」の状態にあります。
栄養がなければ、毛根の細胞にも栄養が届かず、
成長期にある髪の毛も抜けてしまいます。


経口避妊薬(ピル)を飲んでいた女性が、飲むのを辞めた後に、
なることがあります。これは、ピルに含まれていた女性ホルモンの一種である、
プロゲステロンが低下し、ホルモンのバランスが崩れることによって髪の毛が抜けていきます。


最後に、過度のヘアケアです。
例えば、朝シャンや昼シャンなどを含む、1日に2度以上のシャンプーや
ドライヤーのかけ過ぎ、そしてムースやジェルも関係してきます。

こういったことを続けていると、頭皮や髪の毛に負担をかけます。


では、びまん性脱毛症を治すにはどうすればいいのか?


びまん性脱毛症は、原因がある程度はっきりしているので、
治療は、原因となるものを根気よく排除することが第一です。

ストレスをなるべく貯めない、ストレスを解消するような趣味を持つ。
外食、偏食、ダイエットをやめて、1日に必要な栄養分をしっかり取る。
その他、生活習慣を見直す、睡眠をきちんと取ることも大切です。

また、、女性用の育毛シャンプーや育毛剤などを使ったり、
サプリメントを飲んだりすればより治療効果があると思います。

産後の抜け毛はいつまで続く?|産後脱毛症とは

「子供を出産後に急に抜け毛がひどくなった」
というお母様が結構いらっしゃると思います。
いわゆるこれは産後脱毛症と呼ばれるもので、分娩後脱毛症とも言われています。


産後脱毛症は通常の抜け毛とは違い、女性が産後に起こる特有のものですので、
通常の抜け毛や男性型脱毛症(AGA)などの原因とも全く異なるものです。


産後脱毛症の症状は、生え際や頭頂部などが局部的に薄くなるものではなく、
全体的に抜けて薄くなるパターンがほとんどです。
また特徴として、髪の毛が細くなり、髪全体のボリュームもダウンしてしまうことがあります。

女性の抜け毛

産後脱毛症の主な原因は、女性ホルモンのバランスが
崩れたことによって生じるものだと言われています。


女性の体は妊娠中になると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモン(黄体ホルモン)が上昇します。
妊娠中に髪の毛が増える方が多いのもこのためです。
これは、本来抜けてしまうはずの髪がそのまま成長し、髪の寿命が長くなるからです。


その後、女性ホルモンの量は出産前後にピークを迎えると、
出産後は一気に減少していきます。そして、プロゲステロンの
分泌が低下すると、成長していた髪の毛が一気に抜けてしまいます。


ですから、産後の脱毛というのは、ホルモンのバランスによる
生理的なものですので、基本的にはさほど心配する必要はないと思います。



さて皆さんが気になるのは、この脱毛がいつまで続くのかということです。
抜け毛が止まらなければ、特に女性なら気になってしまうものです。
日々の大変な子育てもありますから、精神的にもイライラしてしまいますからね。


産後脱毛症は、個人差はありますが、
出産後おおむね半年から1年くらいで元に戻ります。



ただ、この産後の抜け毛を体験された方から言わせると、
「本当にこんなに髪の毛がぬけるの!」とびっくりされる方も多く、
精神的に参ってしまう方も多いので、気になる方は頭皮や髪の毛のケアを行いましょう。

産後抜け毛


また、もしも半年から1年の間に、抜け毛の量が変わらないとういう場合には、
他の原因である可能性もありますので、一度医師に診断を受けられることをおすすめします。

抜け毛の多い季節があります|秋に抜け毛が急に増えた方

抜け毛の中には、正常な抜け毛というものもあります。

髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期から退行期、休止期へと進み、
この間、5年から6年を経て、髪の毛は抜けていきます。
そしてまた、新しい髪の毛が生まれてきます。

平均的な日本人の抜け毛の数は1日に
50本~100本程度だと言われています。


そして、1年の中でも抜け毛の多い季節があります。
季節の変わり目に多くなると言われますが、
最も多い季節は夏から秋にかけての9月という統計があります。

この頃には、1日100本以上抜ける方も多いのです。


初秋に抜け毛が多くなるのには、いくつか理由があります。


1.動物に特有の生理現象によるもの

もともと動物には、季節の変わり目には毛が抜けて新しい毛に
替わるという生理現象があります。

犬やネコもそうですが、春と秋に最もその兆候が強くなります。
冬毛に入れ替わる前に抜け毛が増える名残りだという説ですね。


2.夏に浴びた紫外線によるもの

夏に強い紫外線を浴びてしまうと、
頭皮や毛髪に負担がかかってしまい、
頭皮の細胞が老化してしまいます。


3.夏の食事によるもの

夏の暑さによる食欲不振や冷たいものを食べ過ぎたりすると、
胃腸が弱り、栄養分の吸収がうまくいかなくなることが頭皮にも影響を与えます。


この頃に、抜け毛が多くなったからと心配になる方も多いのですが、
基本的にはあまり気にしないほうが良いでしょう。
「気にし過ぎ」が返ってストレスになり、余計に悪影響を与えることになりかねません。


ただ、秋の抜け毛が冬まで続くようだと危険信号です。
そのまま薄毛が進んでいく可能性もあるので、
頭皮のケアを忘れないようにしましょう。

Return to page top