ホーム » 天然成分

アデノシンの育毛効果やいかに|FGF-7の産生を高め発毛を促す成分

毛乳頭細胞に作用してFGF-7を作り出す強力成分


アデノシンと聞いて、すぐに頭に浮かぶのは資生堂の育毛剤「アデノゲン」ですかね。
他にも資生堂にはアデノバイタルシリーズがあり、なかなか好評のようです。


アデノシンは実は、どんな人の頭皮にも存在する生体内薬用成分です。
特徴は体内での分解が早く、作用も早いということ。
そしてこの成分が育毛効果があるというのです。


具体的には、アデノシンは毛乳頭細胞にはたらきかけて、
発毛因子であるFGF-7をたくさん作り出すします。

そして、FGF-7は毛母細胞に働きかけて発毛を促します。


その他にも、血行促進作用があるので、頭皮の血行を良くしてくれ、
髪の成長に必要な栄養分を毛根に届ける手助けをしてくれます。


また、ヘアサイクルにおける成長期、
これは人によって平均2年~6年と言われていますが、
この期間を長くする作用もあります。


ここまで効果を並べられると、アデノシンは育毛に相当効きそうだという感じがしますが、
ここはやはり医薬品ではないため、思ったよりも即効性はなさそうです。


前述の資生堂のアデノゲンにしても、効果が出るまでには
最低6ヶ月はかかるとホームページに記載しています。
もちろん6ヶ月使用しても効果がでない場合もあります。


アデノシン自体には育毛効果があるのですが、
体内での分解が速いので使い続けなければ効果は出にくいでしょうね。
最低でも1日2回は使用したほうがいいでしょう。


注意点は、カフェインにより作用が抑制されるということ。
ということで1日中、コーヒーを飲んでいる僕のような人には
残念ながらアデノシンの効果はなさそうですが。。。

頭皮の乾燥にはアロエが効く|アロエの保湿効果と殺菌作用が頭皮を守る

フケ・痒みで悩んでいるなら、アロエを試してみると良いかも。


今、美肌や美白にアロエが効くということで、
アロエ入りの化粧水やローション、クリームなどを
使っている女性の方も、もしかしたら多いかもしれません。

アロエは育毛効果がある?


アロエと聞いて、管理人が個人的に思い出すのは、
小さい頃、手が乾燥した時に、母親に「これを塗ってごらん」
と言われて、良く使っていたことです。
冬場、乾燥した手に塗ると、しっとりしたことを覚えています。


実はこのアロエ、同じ肌でも頭皮にもいいということ、
知ってましたか?

アロエには、保湿効果があり、頭皮の乾燥を防いで、
潤いを与えてくれます。また、鎮静作用、殺菌作用もあり、
頭皮や毛穴の炎症を抑えてくれるのです。


ですから、頭皮の乾燥を原因として起こる、フケや痒み
を抑えるにはアロエは最適だと言えますね。


ところで、アロエにもいろいろ種類があるのですが、
ここで言う効果が実証されているアロエは、
実はそのうちの2種類。アロエベラとキダチアロエです。


アロエベラとキダチアロエい含まれる薬用成分、アロインは
ファイトケミカルであり、実はこの成分が育毛効果があるとも
言われています。


なんでもAGA(男性型脱毛症)の原因でもある
5αリダクターゼの働きを抑える効果があるらしいのです。


アロエのその他の効果として、新陳代謝や血行促進などもあり、
トータルとして考えると頭皮や髪の毛には非常にプラスに働く
ということになります。

実際、アロエの成分を配合した育毛剤やシャンプーなどが
たくさん世に出ており、これらは根強い人気があります。

特に、フケ・痒みには効果は絶大です。
育毛効果については、フケ・痒みからくる抜け毛の場合に
効果が出やすくなると思います。

天然成分ですから、副作用の心配もありません。
一度お試しになってみてください。

ニンジンエキスに育毛効果はあるのか?

血行促進と抗酸化作用と抗炎症作用に優れた天然成分

育毛シャンプーや育毛剤の天然成分の中には、
様々な天然エキスが配合されています。
ニンジンエキスもそのひとつで、よく見かけます。

ちなみに、ニンジンエキスといっても、
普段私たちが食べている、このニンジンとはちょっと違います。

ニンジン

ニンジンエキスは主にオタネニンジン(朝鮮人参)から取られています。
もともと薬草として古くから使われており、現在でも漢方などにも含まれております。


オタネニンジンにはサポニン配糖体が含まれています。
このサポニンは、動脈硬化や滋養強壮に効能があります。
つまり、血行を促進させてくれるということですね。



育毛シャンプーや育毛剤には、頭皮の血行を促す有効成分や
天然成分が入っていることが多いですが、
ニンジンエキスはまさに頭皮の血行促進に役立つということですね。


その他にも、サポニンには抗酸化作用や抗菌作用があります。
頭皮の皮脂分を抑えて過酸化物質の発生を防いだり、
毛穴の炎症を抑えたりと、フケや痒みにも効果があります。


特に脂性肌の方には、効果があるでしょう。
また、免疫力を高めることもできるので、体の中から
頭皮や髪の健康を助ける効果もありそうですね。


育毛剤や育毛シャンプーだけでなく、
市販のサプリメントにもニンジンエキス入りのものが出ていますので、
頭皮が脂っぽい、フケや痒みなどがあるという方は、
サプリメントもあわせて摂ってみるのもいいと思います。


ただ、ニンジンエキスが配合されているといっても、
医薬品ではありませんので、ニンジンエキスが配合されているからといって、
直接的に育毛の効果があるわけではありません。

ただ、頭皮の健康を保つためのエキスとして覚えておいて損はないと思います。

アラントインに育毛効果はない!?

グリチルリチン酸ジカリウムと同様、頭皮の炎症を抑える効果あり


頭皮のトラブルのひとつに乾燥肌があります。
頭皮のバリア機能である皮脂分が少なくなると乾燥するのですね。
また、アレルギーを持ってる方、アトピーの方も頭皮が乾燥しがち。
冬場は特に乾燥します。


乾燥して頭皮が炎症を起こすと、フケが出たり、
痒みが出たりとトラブルが絶えません。


最近の育毛シャンプーや育毛剤の中には、乾燥肌用、
ドライ用なんていう乾燥した頭皮に合わせたケア商品が、
いろいろ出てきています。

これらのシャンプーや育毛剤の成分を調べると、
グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインという表記をよく見かけます。

⇒グリチルリチン酸ジカリウムの記事はコチラを参照


アラントインは、穀物の胚芽やコンフリー(ヒレハリソウ)の根などの
植物に含まれる天然成分で、肌荒れを防止する効果があるため、
化粧品・スキンケア商品や日焼けローションに配合されているのをよく見かけます。


アラントインの頭皮トラブルに対する効果としてあげられるのは、
抗刺激作用、組織修復賦活作用、抗アレルギー作用など。
どれも乾燥し、炎症を起こしている頭皮を正常に戻すのに効果があります。


アラントインの特徴として、水に溶けにくい、
そしてアルカリ性下では分解してしまう、という欠点があります。

そうすると、例えば石鹸シャンプーのようなアルカリ性のものには配合できませんね。
育毛シャンプーの王道であるアミノ酸系シャンプーに多く配合されているのには、
そういった理由もありそうです。


例えば、育毛シャンプーで一番売れている
スカルプDシャンプーの乾燥肌用にもしっかり配合されています。

頭皮の乾燥、そして炎症ときたら、グリチルリチン酸ジカリウム、
そしてアラントインが有効と覚えておきましょう。

まとめますと、アラントインの成分自体には育毛効果はありません。
が、頭皮の乾燥や炎症を抑える効果があるので、頭皮ケアには有効だということです。

センブリエキスの育毛効果|頭皮の血行促進を促す

センブリは「千回降り出しても苦い」という
言葉が語源だけに、生薬の中でも最も苦いと言われています。
テレビ番組の罰ゲームなどでよく使われていますね。

日本では、北海道から九州までの日当たりの良い山野の草地に生えております。


センブリは古来から胃腸に効く漢方として有名ですが、
最近、育毛シャンプーや育毛剤の成分に配合されているのを
よく見かけます。


特に、天然成分としてセンブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウム
配合している育毛剤が本当に多いですね。

それだけ育毛に効果があるという証拠なのでしょうが、
実際にはどのような効果があるのでしょうか。


前述した通り、センブリは胃腸虚弱に効果があります。
そして、胃を刺激して血行を良くすることから
頭皮の血行も促進する可能性があるとして研究がなされてきました。


近年では、頭皮の血行促進に加えて、
細胞分裂を活性化させる効果もあるということで、
積極的に育毛剤等に配合されています。


もちろん、育毛剤のほとんどは医薬部外品であるため、
センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムが
直接育毛や発毛を促すわけではありません。



ただ、頭皮の血行を良くすることで、毛細血管から
毛根へ髪の毛の成長に必要な栄養素が届きやすくなります。

また、毛母細胞の活性化を促すことで太くたくましい髪の毛が
生えてくる土台を作るのに役立つのではないでしょうか。


尚、センブリには強い育毛効果がない分、
副作用を起こすような成分は含まれていません。

Return to page top