ホーム » びまん性脱毛症

カテゴリ「びまん性脱毛症」の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

びまん性脱毛症は治るのか?|過度のヘアケアも原因のひとつです

びまん性脱毛症は、女性に多く見られる脱毛症で、
頭が全体的に薄くなる脱毛の症状です。

【びまん】=一面に広がり満ちること(goo辞書より)


びまん性脱毛症の方の写真を見るとよくわかるのですが、
全体的に薄く、ひどい方は地肌が見えてくるようになります。


また、頭頂部が特に薄くなる傾向にあり、
生え際からの脱毛は基本的にありません。

また、髪の毛自体が細く短くなってくるため、頭全体の
ボリュームがなくなり、毛髪が地肌に張り付いてしまうこともあります。

このような症状が起こってしまうのは、
毛髪のヘアサイクルにおける休止期の期間が
長くなることによるものです。


では、びまん性脱毛症を引き起こすのは原因にはどのようなものがあるのでしょうか?


びまん性脱毛症は加齢によるものもあり、
特に40歳を過ぎ、更年期になった女性によく見られます。
毛髪を発達させるエストロゲンが減少することで、髪の成長期が短くなります。


次にストレスです。

ストレスは頭皮の血行を悪化させます。
育児や離婚、人間関係などの精神的ストレスのために
副交感神経の働きが弱まって頭皮の血行が悪くなるのです。


極度のダイエットが原因になることもあります。
食事制限のダイエットは、いわば、体が「栄養失調」の状態にあります。
栄養がなければ、毛根の細胞にも栄養が届かず、
成長期にある髪の毛も抜けてしまいます。


経口避妊薬(ピル)を飲んでいた女性が、飲むのを辞めた後に、
なることがあります。これは、ピルに含まれていた女性ホルモンの一種である、
プロゲステロンが低下し、ホルモンのバランスが崩れることによって髪の毛が抜けていきます。


最後に、過度のヘアケアです。
例えば、朝シャンや昼シャンなどを含む、1日に2度以上のシャンプーや
ドライヤーのかけ過ぎ、そしてムースやジェルも関係してきます。

こういったことを続けていると、頭皮や髪の毛に負担をかけます。


では、びまん性脱毛症を治すにはどうすればいいのか?


びまん性脱毛症は、原因がある程度はっきりしているので、
治療は、原因となるものを根気よく排除することが第一です。

ストレスをなるべく貯めない、ストレスを解消するような趣味を持つ。
外食、偏食、ダイエットをやめて、1日に必要な栄養分をしっかり取る。
その他、生活習慣を見直す、睡眠をきちんと取ることも大切です。

また、、女性用の育毛シャンプーや育毛剤などを使ったり、
サプリメントを飲んだりすればより治療効果があると思います。
スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。