ホーム » 頭皮のトラブル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

抜け毛の原因になるフケを見逃すな!~フケの種類を知っておこう~

皆さんの中にも、日頃、フケに悩んでいる方もいると思います。

ただ、フケといっても、その多くは正常な生理現象の一つで、新陳代謝によって頭皮表面の角質層が剥がれ落ちたものと、汗やほこりなどが混ざったものが合わさっているもので、異常でもなんでもありません。


ですから、中学~高校生といった成長期の間は、「正常なフケ」がたくさん出ることがありますが、一向に心配はいりません。

フケ



その他にも、フケの原因は、何日も洗髪をせずに不潔にしていたり、ホルモンのバランスが崩れたり、心労など精神的なものに起因したり、ビタミン不足、炭水化物や脂質の摂り過ぎなど食生活によるもの、そしてアトピー性皮膚炎が関連するものなど多岐に渡ります。


ところが、フケには正常なフケと、抜け毛にもつながる異常なフケがあることを知っていましたか?


フケの種類を知っておこないと、知らぬ間に髪の毛が抜けていた、ということにもなりかねないので、この機会に覚えておきましょう。

抜け毛の原因となり得るフケとは?


通常のフケは、洗髪をすれば頭皮から剥がれ落ちるので、すぐに止まるのですが、異常なフケの場合は、洗ってもすぐに発生します。


一般的に、正常なフケとは乾いたフケです。


この場合は、刺激の少ないシャンプー剤で、きちんと頭皮を洗うことで解消されます。
オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなどを使って、頭皮マッサージを行うとよりよいでしょう。保湿をおこなうことで


気をつけなければいけないのが、「湿ったフケ」です。

湿ったフケ(湿性フケ)の場合は、頭皮から分泌される皮脂と、頭皮に常在する菌や微生物などが混ざり、脂肪酸に分解される過程で、頭皮を刺激し炎症を起こします。これが湿性フケになります。


湿性フケの特徴は、乾性フケのように、自然に剥がれ落ちることはなく、爪でひっかくとごっそり取れることがあります。また、かゆみを伴うことがあります。

この状態に皮脂の分泌異常を伴うと、脂漏性皮膚炎に発展することもあるので注意が必要です。


湿性フケを防ぐには、頭皮を清潔に保つ必要があります。

毎日、しっかりと洗髪することは大切ですが、間違った洗髪方法では、清潔にすることはできませんので、今一度、正しいシャンプーの方法を確認しておきましょう。


また、頭皮をゴシゴシ洗い過ぎると、皮脂の分泌が過剰になる場合がありますので注意が必要です。





フケとかゆみを防ぐシャンプーとして人気が高い、「コラージュフルフルシャンプー」には、抗真菌(抗カビ)成分のミコナゾール硝酸塩と抗酸化・殺菌成分オクトピロックスが成分に入っており、フケの増殖を抑え、かゆみを防ぎます。また、ピロクトンオラミンが入っており、皮脂の排出量を低下させ、毛幹径を太くさせる効果が期待できます。


コラージュフルフルは、ふけ、かゆみを抑えるシャンプーとしては、成分のバランスもよく、おすすめです。


それでも湿性フケが止まらない場合は、皮膚科に相談されることをおすすめいたします。
スポンサーサイト

頭皮の皮脂を毛穴から除去する方法

頭皮にたまった皮脂をそのままにしていると、もちろん頭皮にはよくありません。


頭皮の表面に残った皮脂は、シャワーやシャンプーで落とせますが、
毛穴の中に入りこんだ皮脂や汚れ(角栓)は、そのまま放置しておくと、
酸化して、過酸化物質となり、毛穴の中で炎症を起こしたりして、
フケやかゆみ、頭皮のイヤな匂いを出す原因となります。


また、皮脂で毛穴がつまると、髪の毛をつくる役割をもつ、
毛乳頭の機能が弱くなるため、結果的に抜け毛や薄毛の原因になります。


ある説では、たまった皮脂の中に、抜け毛の原因となる、
ジヒドロテストステロン(DHT)が含まれているとも言われています。


それでは、毛穴に入り込んでしまった皮脂はどのように取り除けばいいのでしょうか。



もちろん、普通にシャンプーしているだけでは取り除くことはできません。
毛穴の奥深くにたまった皮脂は汚れや雑菌と混ざっているので、簡単には取れないのです。


皮脂を取り除くためには、皮脂を取り除くシャンプーと
頭皮マッサージが必要です。


つまり、シャンプーをしながら頭皮マッサージをするというのが一番効率的です。
忙しい社会人の方でもこれなら、それほど時間をかけずにできます。


正しいシャンプーの方法についてはこちらを参考にしてください。

皮脂を絞り出す頭皮マッサージの方法



1回目のシャンプーが終わったら、まずは軽くすすぎをしてください。
次に2回目のシャンプーに入ります。軽くシャンプーをつけて、髪全体にならしてください。


⇒人間の皮脂に近い、最高級「こうね馬油」を使用し、
頭皮トラブル改善に圧倒的な支持をうけるシャンプーがこちら



まず両手の親指をそれぞれ頭頂部に置きます。
そして、ちょうど前髪の生え際あたりに親指以外の残りの指を置いてください。
これが頭皮マッサージの基本姿勢です。

頭皮マッサージの方法


ここからマッサージをするのですが、シャンプーの時と同様に
指の腹を使っておこないます。決して爪をたてないでください。


基本姿勢の状態から、それぞれの手を回転させるようにマッサージしていきます。
この時、感覚的には、頭皮だけを動かすように心がけてください。
指の腹で頭皮を動かすイメージです。


最初はなかなか慣れないと思いますが、肘を回すようにするとうまくいきます。


何回転かしたら、たまに回転したまま頭皮を持ち上げたり、
少し強弱をつけたりしてみてください。
最後に、生え際から頭皮に向かってマッサージを行います。(前後左右)


こうすることで、頭皮の血行がよくなります。


このマッサージを定期的におこなうと、毛穴の中の皮脂を取り除くことができ、
ベストな頭皮環境を保つことができます。


そして最後に「すすぎ」をきちんとすることを忘れないでください。
せっっかく皮脂を取り出すことができたのに、すすぎがいい加減で
シャンプー剤が頭皮や毛穴に残っては本末転倒ですからね。


すすぎをしたら、タオルドライ、ドライヤーで乾かして終了です。

髪の紫外線対策にはトリートメントが効果的?【男性も必見!】

私たちの髪の毛は常に外気にさらされており、日々知らず知らずのうちに
紫外線を浴びてダメージを受けています。特に春から夏にかけては紫外線量も増えて
くるため、ダメージ量もハンパないのです。


紫外線を浴びることによって髪の毛に紫外線が吸収され、髪の毛を
構成しているアミノ酸が酸化してしまいます。そうすると髪の毛を作る
タンパク質(ケラチン)がダメージを受けます。

こうしたダメージをほっておくと、髪がぱさついたり、傷ついたりします。

紫外線による髪のダメージ

ダメージを放ったらかしにしたつけが、いわゆる「秋の抜け毛」につながるのですが、
夏にしっかりと紫外線対策を行っていれば、髪のダメージはもとより、
秋の抜け毛も防げますので、最近、薄毛に悩んでいる方はぜひ、
しっかりとした紫外線対策をすることをおすすめします。


夏の紫外線対策といいましたが、年間の月別紫外線量を見てみると、
UVA(紫外線A波)は4月~8月がピーク、UVB(紫外線B波)は5月~8月がピークなので
実際には春ぐらいから本格的な紫外線対策が必要になります。


紫外線から髪の毛を守るには、つばの広い帽子をかぶるのが直接の日差しを
防ぐことができるのでおすすめなのですが、仕事中はかぶれませんよね。

そこでおすすめしたいのが、トリートメントです。

トリートメントの役割は、髪表面の状態を整えて、水分と油分を補ってくれます。
また表面が傷んだ髪の毛の内部に浸透して、タンパク質成分を補給してくれるので
外側からだけでなく、内側から髪の毛を回復させてくれるのです。

ですから、ぱさついた髪、枝毛や切れ毛にはもってこいなんですね。

似たもので、リンスやコンディショナーがありますが、これらはいずれも髪の表面に
のみ作用し、髪の内部までには作用しませんので、紫外線対策には
やはりトリートメントがベストなのです。

トリートメントの使い方



シャンプーが終わったら、トリートメント剤を手に適量とり、髪を撫でるように
髪の中間から毛先を中心につけるようにしてください。

⇒正しいシャンプーの方法はこちらから

その後、目の細かいクシを使って根本のほうから毛先に向かって通してください。
こうすることでよりトリートメントが髪の毛に浸透しやすくなります。


注意点は、リンスと同様、トリートメント剤は
絶対に頭皮につけないでください。

頭皮の毛穴に油分がつまってしまい、フケやかゆみの原因にもなりますし、
最悪の場合、雑菌が繁殖して抜け毛の原因にもなりかねません。


女性は割りと、日頃から、リンス、コンディショナーそしてトリートメントを
使っている方も多いと思いますが、男性の場合、シャンプーのみ、という方が
ほとんどだと思います。

「トリートメントなんて女のするもんだろ」

もはやそんなことは言ってられませんよ(笑)
最近では、男性用のトリートメントや育毛シャンプーのトリートメント版も
販売されていますので、自分に合うものを選んでみてください。


いつも秋になると抜け毛がひどくなる方、最近、髪の毛がぱさついてる方、
髪のダメージをほっておいて後で後悔する前に、シャンプー+トリートメントの
習慣をはじめてくださいね。

頭皮の乾燥は角質層のセラミドが減っていくことで悪化する

管理人である私は、40歳を超えてからというもの、
冬の寒い季節などはもちろんのこと、普段からなんとなく肌が乾燥しやすくなったなぁ、
と感じることが多くなってきた。


冬でもないのに肌がカサついたりするし、
うまく表現できないけど、みずみずしさが失くなってきているんじゃないの?と。
それでいろいろ調べてみたら、その原因はたぶんコレ。


セラミド。


セラミドというのは肌の角質層で細胞と細胞の中にあって
肌のうるおいに欠かせない存在なのだが、どうもこのセラミドが
加齢とともに少なくなっていくらしい。

逆に言えば、セラミドが肌にあれば肌はみずみずしく保たれるということ。


私の場合、小学生の頃からしばらく軽度のアトピーを患っていたので
昔から人より肌は乾燥しやすかったんですね、
特に手のひらは今でもすぐに乾燥しちゃいますね。
たぶん手のひらの角質層のセラミドはかなり少ないかと思いますね。

肌の乾燥はセラミド不足



そして、ここからが最も言いたいことですが・・・


肌のセラミドが加齢とともに減っていくとなれば
当然ながら頭皮の角質層にあるセラミドも減っていきます。

そして残念なことに、頭皮の角質層の水分量は身体の他の皮膚と
比べて少ないのです。



だから、肌が乾燥してるなぁ~なんて思ってる時は
頭皮はもっと乾燥してることになるわけですね。

で、頭皮が乾燥すれば、もうお分かりのように
頭皮を守るバリアの存在が少ないので、菌が入りやすくなり
痒みやフケなどの原因にもなります。

それをほっておくと、頭皮の状態は悪化をたどり
間接的に抜け毛の原因にもなりかねない、ということです。

私なんか、たぶんドライオイリー肌だと思うので
これはこまりましたね。

ということで、今後はセラミドやヒアルロン酸を含むサプリやシャンプー
(ウーマシャンプーとか?)を使ってみようかと思います。

たとえアトピーの方でなくても
乾燥肌の方はとくに頭皮の乾燥を気にしたほうがいいと思いますよ。

頭皮が臭い時はヨーグルトを食べると良い!?|体臭対策は頭にも効果あり

イヤな臭いは元から断たなきゃダメです。


世の中、臭いで悩んでいる方がたくさんいらっしゃいますね。
体臭、口臭、ワキガ、加齢臭・・・、そして頭が臭う。
臭いというのは、自分だけじゃなくて他人にもわかってしまうので、余計に気になるものです。


たまに、満員電車に乗ったりすると、朝はそうでもないですが、
夕方から夜にかけての時間帯は、結構、周りの人の体臭が気になることがあります。
もしかしたら自分からも出ているかもしれませんが・・・。


頭皮の臭いに関しては、原因はいくつかありますが、
洗髪のし過ぎなどで頭皮のバリアである必要な皮脂分が
取り除かれてしまうと、皮脂の分泌が過剰になり、脂っぽくなってきます。

この皮脂分が酸化すると、毛穴付近で炎症が起きたり、
脂っぽい脂性フケが出たりします。この酸化した過酸化物質が臭いを放つ
のですが、この場合は頭皮そのものを正常に戻すことで、臭いは治まってきます。

⇒こちらの記事をご参照ください。


臭いが頭皮だけでなく、体の他の部位からも発しているのであれば、
原因はもっと根本的なものかもしれません。
この場合は、頭皮の環境を改善したり、頭皮ケアシャンプーに変えても効果が出ないこともあります。


実は、体臭は食生活と密接な関係があります。
皮脂腺の分泌(頭皮にもあります)が臭いの元になりますので、
特に、動物性タンパク質や動物性脂肪などを含む食べ物を摂ると
臭いの原因になります。

また、臭いは腸内環境も関係しておりますので、
腸内環境を整えることも大切です。


例えば食物繊維は、排泄物や毒素を体外に排出してくれますので
積極的に摂取しましょう。

また、ビフィズス菌入りのヨーグルトも腸内環境を整えるのに
役立ちますので、定期的に摂ると良いと思います。

正しい食生活が頭皮の臭いを消す


体の健康全般的に言えることですが、やはり
体に異常を感じたら、食生活を変えてみるということが基本です。

野菜、穀物類、食物繊維などを積極的に摂り、
動物性タンパク質の肉類などは控えめにすることで
徐々に体も変わってくると思います。体臭、頭皮の臭いも同じです。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。