ホーム » 円形脱毛症

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

円形脱毛症は育毛剤では治らない!?|円形脱毛症の診療ガイドライン

円形脱毛症の種類によって、治療法は異なります


円形脱毛症の種類のなかでも、脱毛箇所が1箇所か2箇所程度の軽いもので、
過去にアトピー性皮膚炎や内分泌疾患にかかったことがない方の場合は、
8割くらいが1年以内に自然完治します。


これは、日本よりも一足早く作成されたアメリカの
円形脱毛症の診療ガイドラインで報告されています。

ただ、1年以内に完治しても、再発する方も多いようです。


主に、単発型の脱毛症に効果的な治療法はステロイド剤による治療です。
この場合、外用、内服両方の治療法があり、多発型の患者さんの場合には、
様々な組み合わせを施して治療します。


ステロイド剤による治療は効果的なのですが、
長期間使用すると、胃の病気や骨粗鬆症などの
副作用
がおこることがあります。


また、広い範囲で脱毛症が見られる方で初期の場合には、
ステロイドパルス療法が効果的と言われていますが、
副作用を考えて短期間での使用に限られています。
ちなみに小児に使用することはできません。


その他に有効な治療法としては、局所免疫療法というものがあります。
脱毛部分に1%濃度の薬(DPCPかSADBE)を塗布すると、
2週間ほどで患者のリンパ球が反応する準備ができます。

その後、1~2週間後に低濃度の薬(0.0001%)を脱毛部に塗布してはじめ、
皮膚がかぶれないように徐々に濃度をあげていきます。

この方法は非常に有効ですが、即効性がないため、
おおむね半年から1年かけて様子を見る必要があります。
副作用は少ないですが、保険の適応がありません。


その他にも、液体窒素療法、ドライアイス圧低療法、PUVA療法、
などの治療法があります。


今までは、円形脱毛症の治療法についての診断や
治療法を標準化するものがなかったのですが、
現在、皮膚科専門医による治療のガイドラインが作成されている途中です。
スポンサーサイト

円形脱毛症はストレスが原因?|円形脱毛症とアトピーの関係

ストレスがなくなれば、円形脱毛症は完治するのか?


円形脱毛症の原因はストレスだ、とよく言われますが。
確かに日本では、4月から10月にかけて円形脱毛症の患者が増えることから、
新年度で学校や会社に伴ったストレスが原因なのでは、と一部では考えられています。


ただ、円形脱毛症にも様々な症状があり、たとえば、頭部全体が
脱毛する全頭型の場合には、ストレスを解消したとしても完治はしません。

つまり、ストレスをきっかけにして
円形脱毛症を発症したとしても、原因は別にあるはずです。


円形脱毛症の中でも重症なものは、自己免疫疾患が原因だと言われています。
これは、通常の免疫反応が機能せず、自分の体の成分を「敵」と認識して、攻撃し始めます。


円形脱毛症にかかった方は、脱毛した部分の毛包の中、
そしてその周辺が炎症を起こします。そこに集まったリンパ球が
毛母細胞を攻撃して、成長期の髪の毛が一気に抜けてしまうのです。


円形脱毛症とアトピー性皮膚炎の関係について

統計を取ると、アトピー性皮膚炎の患者が、円形脱毛症になりやすいことがわかっています。
円形脱毛症患者の40%以上がアトピーになる素因を持っていると言われており、
重症になればなるほど、アトピーや喘息を合併している例が多いのです。


アトピーが原因で脱毛を引き起こす症状をアトピー性円形脱毛症と呼びます。
これは、アトピーが原因で免疫が異常になり、
毛母細胞が攻撃により破壊され、髪の毛が抜け落ちます。


この場合、もともと素因を持っている患者がなりやすいのですが、
アトピーは、ストレスが原因でもなるため、
間接的にストレスが、脱毛症の原因であると言ってもいいかもしれません。

円形脱毛症の種類|円形脱毛症は10円ハゲだけじゃない

10円ハゲだけが円形脱毛症ではないのです


円形脱毛症と聞くと、なぜか「ストレスが原因でしょ」と思う方が多いと思いますが、
円形脱毛症のメカニズムはもっと複雑なものです。

確かに、ストレスが原因で円形脱毛症を発症することもあるそうですが、
ほとんどの例がストレスが直接的な原因ではなく、
あくまでも数多くある原因のうちの、ひとつの誘因です。


現段階において、円形脱毛症の全ての原因が解明されているわけではありませんが、
確定的な原因としてわかっているのは「自己免疫疾患」であることです。


人間には、免疫反応があり、外部からウイルスや細菌が入ってくると
自ら抗体をつくって、それらを攻撃して体を守ります。

ところが、自己免疫疾患の場合は、なんらかの原因で
自らの身体の成分を間違って攻撃してしまいます。



円形脱毛症の場合には、免疫反応により、
髪の毛の毛母細胞が攻撃され、
ヘアサイクルの成長期にある髪の毛が一気に抜けてしまうのです。


円形脱毛症には、脱毛の場所や範囲によって種類があります。


単発型

俗にいう、「10円はげ」
円形脱毛症の最も多い症状です。

頭部の1箇所もしくは2箇所に起きます。
大きさは小さいものから大きいものまで様々です。

この場合は、気づいたらなっていた、ということが多く、
ほとんどのケースは治療の必要がありません。


多発型

数カ所から、数十箇所に円形の脱毛症が見られます。
単発型から進行するケースもあり、
広範囲に脱毛するケースもあります。


全頭型

多発型の円形脱毛症が進行場合と、びまん性に脱毛が進み、
いずれの場合にも髪の毛が全て抜け落ちます。


汎発型(悪性円形脱毛症・全身脱毛症)

髪の毛以外の、体のあらゆる体毛(眉毛、ひげ、陰毛、すね毛など)が抜け落ちます。
円形脱毛症の中で、最も重い症状になります。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。