ホーム » その他の脱毛症の種類

フケが気になったら脂漏性皮膚炎を疑え|頭皮のカビが皮脂を分解する

フケは脂漏性皮膚炎の軽い症状で、抜け毛につながる可能性もあり


最近、フケが気になってきたなぁ、という方、
もしかしたら、単なるフケではなく、脂漏性皮膚炎の可能性もありますよ。

特に顔や体にも湿疹などの症状が出ていたら、
一度、皮膚科で診断を受けることをおすすめします。



脂漏性皮膚炎が起こる原因は、皮膚に棲んでいる真菌(マラセチア菌)
皮脂を分解することによるものだとされています。
人間の体で皮脂腺が発達している箇所と言えば、頭皮、顔、脇の下、股間などです。


脂漏性皮膚炎の主な症状は、顔や体の場合は、
皮膚が赤くカサついて湿疹ができます。
痒みには個人差があり、それほど痒みを伴わない場合もあります。


頭皮に起こる症状は、上述したように、フケが出ます。

脂漏性皮膚炎になると、菌が増殖して遊離脂肪酸が過剰に出て、
皮膚が炎症を起こしますが、同時に皮膚の表面のターンオーバーが早まります。
これがフケです。


この場合、一般的にフケの原因とされる、頭皮が乾燥していたり、
脂っぽいということとは全く関係がありません。
ですから、シャンプーで頭皮を何度洗おうと何も改善しません。


また脂漏性皮膚炎の症状として、髪が細くなることもあり、
これが原因で抜け毛になることもあります。
ちなみに、脂漏性皮膚炎による脱毛を粃糠性脱毛症と呼びます。


脂漏性皮膚炎の治療法

脂漏性皮膚炎の治療には、以前からステロイド剤が使用されていますが、
短期間であれば即効性もあって効果的なのですが、
長期間使用すると、副作用が出たり、一度使用をやめると、
また症状がでてしまうという問題点があります。


そこで、最近もっとも効果的な治療法として
ケトコナゾール外用薬を使うことが一般的になっています。

もともと、白癬(はくせん)やカンジタに使われていた塗り薬ですが、
脂漏性皮膚炎にも効果があることがわかりました。


ちなみに、日本では認可されておりませんが、アメリカでは
ケトコナゾール入のシャンプーが市販されております。
尚、日本でも現在、一部の医療機関にて処方してもらうことも可能です。

若ハゲの原因に迫る|若年性脱毛症の治療法教えます。

10代からでも起こる若年性脱毛症は生活習慣の乱れが原因?


若年性脱毛症、巷では若ハゲなんて呼ばれています。
若年性というから、何歳くらいから発症すると思えば、
思春期真っ盛りの10代からでも十分起こりえるんですね。


思春期だけに、若ハゲなどになろうものなら、
人にも会いたくないし、ましてや学校にも行きたくなくなってしまいます。
精神的なダメージも計り知れないものがあります。


若年性脱毛症の原因は、いくつか考えられますが、
思春期というのは男性ホルモンが活発化する時期です。
ヒゲや陰毛が濃くなるのもこの頃です。


この男性ホルモンのバランスが崩れると、
本来正常にあるはずの男性ホルモン(テストステロン)が
悪玉酵素である5αリダクターゼと結びついて、
ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンを生み出します。

この場合、生え際からM字に生え上がったり、
頭頂部が薄くなる症状が多くなります。


では、なぜホルモンバランスが崩れてしまうのか?


ストレス

思春期というと、人生において初めて人間関係に直面するときです。
親や兄弟はもちろん、友人や異性との人間関係にストレスを感じる時です。
また、受験や就職なども大きなストレスになりそうです。


食生活

これは一人暮らしを始めた若い男性に多いですが、
偏った食事、特にファーストフードやジャンクフードの食べ過ぎで
身体に必要な栄養分が採れなくなり、それが頭皮にも影響を及ぼします。

生活習慣

受験勉強やゲームで夜更かししてしまう、休みの日は昼間で寝ている。
食事をする時間が毎日バラバラ、これでは体内のリズムが狂いはじめます。


まずは、「ストレスを溜めないように」といっても難しいでしょうから、
ストレスが溜まった時に発散できるようにしましょう。
趣味でもいいし、運動でもいいです。


加えて、生活習慣や食生活を見なおしてください。
食事に関しては、できるだけ毎日同じ時間に摂るよう心がけてください。
若年性脱毛症に関しては、これだけでかなり回復するでしょう。

また、正しいシャンプーの仕方もぜひ覚えてください。

粃糠性(ひこうせい)脱毛症は毛根の炎症によって髪が抜ける

多量のフケとかゆみを伴い、医師による診断が必要


粃糠性(ひこうせい)脱毛症は、多量のフケによって、
毛穴が塞がれ、菌が繁殖して毛根が炎症を起こします。

多量のフケと抜け毛を伴う脱毛症です。

場合によっては、脂漏性脱毛症と同時になる方もいます。


粃糠性脱毛症のフケは、脂漏性脱毛症で生じるフケとは違い、
脂漏性脱毛症が、皮脂の過剰分泌でフケが起こるのに対し、
頭皮の角質が異常を起こし、その角質が剥がれることで
フケが生じます。


普通のフケとの見分け方は、難しいですが、
フケそのものが、かさぶた状で、フケの量も相当多くなります。


「今までのフケと違う」、
「フケが異常なほど多くなった」、
という場合には、まずは皮膚科に行って医師の診断を受けましょう。


粃糠性脱毛症であると、一般人が判断することは難しいですし、
「フケが多いくらい、どうってことない」、とそのまま放置するのも
良くありません。


医師によって、粃糠性脱毛症と判断された場合には、
外服薬としてステロイド剤を含有したものが処方される
ケースが多いです。これは頭皮の炎症を抑えるためです。

かゆみには、内服の抗ヒスタミン薬が処方されます。


粃糠性脱毛症の原因ですが、未だ解明に至っていない
部分も多く、アレルギー体質の方がなりやすいですとか、
シャンプーが頭皮に合わない、すすぎ残しがある、など
が今のところ、主な原因だと言われています。


上述したように、粃糠性脱毛症が疑われる場合は、
必ず皮膚科に行って医師の診断を受けてください。

間違っても、市販の育毛シャンプーで1日何回も
ゴシゴシ頭皮を洗うなどの行為は、かえって症状が
悪化する場合もありますので注意してください。

脂漏性脱毛症で毛根が炎症|頭皮の皮脂分泌を抑制する方法

皮脂が毛穴に詰まって毛根が炎症を起こす


脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂が必要以上に分泌されて、
それらが毛穴を防ぐことで毛根が炎症を起こしてしまい、
髪が抜けてしまう状態のことです。


毛穴に詰まった皮脂分が、取り除かれないままの状態が続くと、
毛穴に角栓が形成されます。角栓は菌の繁殖によって炎症を起こします。


頭皮というのは、皮脂腺が他の部位よりも、もともと多く
皮脂の分泌量も多いのですが、脂漏性脱毛症の方は、
皮脂腺が肥大化して、さらに皮脂の分泌が増えてしまっているのです。



脂漏性脱毛症の原因は、いくつか考えられます。

1.男性ホルモンのバランスが正常でないことで皮脂分泌が増大
2.頭(頭皮)をしばらく洗っていない(汗や汚れを落とさない)
3.シャンプーのすすぎ残しでシリコンなどが毛穴に詰まる
4.偏った食生活
5.生活習慣の乱れ
6.ストレス



脂漏性脱毛症は、特に皮脂の分泌が多い思春期の方にもみられる症状です。
他の世代よりも新陳代謝が盛んなので仕方はありませんが、
頭皮の汚れを落とし、シャンプーのすすぎ残しがないようにしてください。


特に、汗にはアンモニアが含まれており、そのまま放置しておくと
菌が繁殖し始め、頭皮を痛めますので注意してください。


生活習慣や食生活を改善することは、言うまでもないことです。
そして、意外にも大きな要因がストレスです。

ストレスについてはこちらを参照

人間の体はストレスを感じると、緊張状態に入り、
自律神経による血管の収縮がはじまります。

また、交感神経が優位になるため、血行が悪くなり
毛根に栄養が届きにくくなります。そうすると、
頭皮が緊張して硬くなり、皮脂の分泌が増えます。


覚えておくことは、交感神経が働くと血管は収縮する、
反対に睡眠時の副交感神経が優位の時は血管は広がる
ということです。



副交換神経を優位に持ってくるためには、
きちんとした睡眠を取る、特に副交感神経がよく働く、
夜の10時頃までには眠りに入るということです。


併せて実行したいことは、熱いお湯ではなく、
ぬるま湯(38度~40度くらい)にゆっくり浸かることです。


こうすることで、体の緊張がほぐれ、血行も良くなります。
また、長く浸かることで汗と一緒に体の老廃物も体外に出るので一石二鳥です。
ただし、水分の補給を忘れないでください。


脂漏性脱毛症がひどくなると、脂漏性皮膚炎という病気になる
可能性もあります。この場合は皮膚科で診察する必要がでてきます。

Return to page top