ホーム » 女性の薄毛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

最近良く耳にするFAGAってなんのこと?~女性の薄毛の原因と対策、これが重要!~

薄毛、そしてハゲ、という言葉は今や男性だけのものではなく、女性にも当てはまる時代になっています。

女性の薄毛というと、例えば産後脱毛症や加齢による薄毛、更年期に入ると髪の毛が薄くなってくる人も多いですね。

そんな女性の薄毛の原因は、男性とは違うものです。

男性の薄毛の主な原因は「AGA」と呼ばれる男性型脱毛症です。

生え際が頭頂部に向かってM字状に剥げていったり、頭頂部が薄くなるのが特徴的で、これは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が引き起こします。

⇒生え際からのそりこみが気になる男性|M字ハゲの原因は何?


そして最近、女性の薄毛、脱毛を称して「FAGA」と呼ぶことが多くなりました。これは日本語にすると女性男性脱毛症となり、Female(女性)のAGA(男性脱毛症)ということになります。

女性男性脱毛症ってなんだかわかりずらいですね。

女性の薄毛、脱毛の原因とは?FAGAについて


女性の薄毛は、まず初期症状として以前に比べて抜け毛が増えてきたり、分け目が広がってきたりします。

「あれ?最近、髪にツヤ、ハリやコシがなくなってきたな・・・」なんて感じる頃です。そして症状が進むにつれて髪の毛全体が細く、薄くなってきます。そのままほっておくと今度は頭頂部の脱毛が目立ってきます。

この点で、男性のAGAの症状とは明らかに違いますね。

ちなみに女性に特有の脱毛症の名称として、髪全体が薄くなる脱毛症を「びまん性脱毛症」、産後に一気に髪の毛が抜ける症状を「分娩後脱毛症」、そして髪の毛を引っ張ることで負担がかかり髪が抜ける症状を「牽引性脱毛症」と呼んでいます。

女性の抜け毛

FAGAが起こる原因とは


まずFAGAが起こるメカニズムを簡単に説明します。

女性の体の中にも男性ホルモンが存在しますので、男性と同様、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼ酵素と結びついて悪玉のジヒドロテストステロン(DHT)に変性します。

これが毛母細胞に入ると毛乳頭内のレゼプター(タンパク質)と結びついて脱毛を引き起こします。

このメカニズムは女性でも同じなのですが、女性の場合は男性に比べて女性ホルモンが多く、毛髪を育てる役目のあるエストロゲンのおかげで、男性のようには抜け毛や薄毛がひどくなることはありません。

問題なのは、女性ホルモンの分泌が盛んな若い時期はいいのですが、加齢によって女性ホルモンが減少してしまうことなのです。

エストロゲンの分泌がピークに達するのは20代後半で、この時期が女性にとって髪の毛の状態が一番いいとされています。


そして、女性ホルモンの分泌が少なくなれば、男性ホルモンの影響が大きくなり、女性にもAGAの症状が発症するというわけです。

ただ女性ホルモンは減少するもののゼロになるわけではなく、ある一定量は分泌されているため、男性のようにM字にハゲたりすることはありません。

これで、女性男性脱毛症という名称の意味がなんとなく理解できましたよね。


でも、女性ホルモンが減少してしまうのは加齢だけではありません。妊娠中や出産後はホルモンバランスが崩れますし、急激なダイエットやストレスもそうです。

こういった食生活や生活習慣の乱れによってもホルモンバランスが崩れてしまい、結果20代や30代の若い女性が脱毛症に悩んでいるのです。




FAGAの対策、薄毛を防ぐには・・・


では、この女性特有の脱毛を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

1.生活習慣、食生活を見直す
体も髪の毛も健康状態に保つことが一番です。バランスの取れた食事、質の良い睡眠、適度な運動

高価なシャンプーを使おうが、いくらヘアケアにお金をかけようが、内面から健康にならないとダメなのは基本ですね。

バランスの取れた食事をして髪の毛の成長に必要な栄養素の摂取と、成長ホルモンをしっかり出すこと、質の良い睡眠を十分に取り、適度な運動と体重管理をして髪の毛に栄養素が行き届きやすくすることが大切です。

2.ストレスと上手く付き合う
現代社会において、多かれ少なかれストレスは誰もがもっているもの。もはやストレスのない生活というのは難しいかもしれません。そして薄毛になればさらにストレスが増えるという悪循環が待っています。

ストレス自体が脱毛の原因ではありませんが、ストレスが溜まることによって睡眠不足になったり、生活が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりします。またストレスは体の免疫力を低下させます。これによって体が疲れやすく鳴ったりすると共に、体調不良になりやすく、結果抜け毛につながることもありますのでストレスを減らす努力をしましょう。

管理人もストレスが多いと自覚していますが、例えば、無理にでも笑う訓練をしたり、細かいことを気にしすぎず、時には「まぁ、いいか!」と開きなおるようにしています。あとは何か没頭できる趣味を持つとストレス解消になりますね。

3.紫外線対策をする
紫外線が髪を痛めることは女性なら誰もが知っていると思います。髪の毛や頭皮が強い紫外線によってダメージを受けると、髪の毛の細胞が死んでしまいます。残念ながら一度死んでしまった細胞は再生しません。

とにかく紫外線から髪の毛を守りましょう。日傘はもちろん、髪の毛用の日焼け止めスプレーもおすすめです。特に海や山は紫外線が当たりやすいので注意してください。



最近では、FAGAを治療できる病院もどんどん増えてきています。それだけ女性の薄毛人口が増えている証拠ですね。

うっかりしていると、あなたもFAGAになってしまう可能性があります。そしてFAGAはAGAと同様、進行性の脱毛症ですので、ほっとくとどんどん抜け毛が増えていきます。

日々健康に、薄毛にならないように生活習慣を見直しましょう。

スポンサーサイト

タグ /

男性型脱毛症は女性もかかるって本当なの!?

薄毛、ハゲと聞くと、昔は男性だけの言葉だったように思えますが、
最近では、女性が薄毛を訴える時代になりました。統計上では、
日本全国で薄毛や抜け毛に悩む女性の数は何と650万人もいるそうです。


最近、女性専用の育毛剤や育毛シャンプーが販売されたり、
薄毛治療のクリニックに女性が通い出したりしており、毎年
来院数がうなぎのぼりに増えているらしいです。



女性の場合は男性とは違い、円形脱毛症や抗がん剤による脱毛を除けば
若い頃から薄毛が進行するケースは少なく、あまり深刻ではないように思えますが
実際、脱毛が進行してからは、男性の薄毛、ハゲに比べて何倍も深い悩みとなります。


男性なら、「ハゲてもまぁ、しょうがないよね」の一言ですむ方もいますが
女性はそうもいきません。中年になろうが、更年期を迎えようが、女性にとって
薄毛やハゲは耐えられないものなのです。




女性が脱毛症はいくつか原因があるのですが、その一つに
男性型脱毛症が関係しているってご存知でしたか?

実は女性の脱毛症の原因で最も多いのが男性型脱毛症なのです。


えっ?

と驚いた方も多いと思います。


男性がかかる男性型脱毛症については、こちらの記事で詳しく書いていますが、
簡単に説明すると、睾丸から分泌された男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭に
入ると、Ⅱ型の5αリダクターゼによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、
男性ホルモンレセプター(受容体)と結合します。これが毛乳頭細胞内で作用する
ことによって薄毛や抜け毛を引き起こします。


具体的には、頭頂部が薄くなったり、生え際がM字型に後退したりします。


対して女性の場合は、更年期を迎えるあたりから、頭頂部を中心に、
髪の毛自体が細くなり、髪全体が薄くなり、頭皮が透けて見えるような
脱毛パターンが多いです。決して生え際が後退するようなハゲ方はしません。

女性の脱毛症



女性がかかる男性型脱毛症の場合も、男性ホルモンが関係していますが、
そのメカニズムは男性とは少し違います。


女性の場合、更年期や閉経を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌量が減るため
相対的に男性ホルモンの分泌量が増えることで起こります。



男性の毛乳頭細胞にはⅡ型のの5αリダクターゼが多いのですが(特に前頭部と頭頂部)、
女性の毛乳頭細胞にはⅡ型はなく、Ⅰ型の5αリダクターゼしかありません。


実際、まだ女性の男性型脱毛症のメカニズムは解明されていないのですが、おそらく
Ⅰ型の5αリダクターゼが毛乳頭細胞に働きかけていると考えてよいでしょう。


なぜなら、AGA(男性型脱毛症)の治療に使われるフィナステリドは、
Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害する薬ですが、女性には効果がほとんどないため
適応外とされています。
※妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると、男子胎児の生殖器官に
影響を与えることから、女性には処方されていません


女性の薄毛治療には、男性とは違った薬が処方されます
。パントガールや漢方薬が処方されることが多いですね。




また、治療院やクリニックでは、内服薬の処方に加えて、頭皮に直接、
毛髪再生に有効な成長因子を注入させる再生療法や、自己植毛などが主流になりつつあります。
値段は高額ですが、高い発毛効果が期待できるとのことで治療される方も増えています。


いずれにしても、自分の薄毛の原因がわからないという方は
下手にいろいろと育毛剤に手をだすよりも、一度専門の病院で
カウンセリングを受けることをおすすめします。

甲状腺機能低下症で抜け毛がひどい~40代以降の女性は要チェック

続きを読む

産後の髪型、あなたはショートにする?それともロング?

ショートがベスト?それともロング?産後の脱毛を考えると・・・


どんな髪型にしようか迷ってしまって・・・

産後のママの悩みの一つにヘアスタイルをどうするか
というものがあります。

産後の髪型はショート?ロング?


ばっさりショートにするか、ロングのままゴムでしばっておくか、
それとも肩くらいのミドルにするか・・・
悩みはつきませんよね。

実際、産後の髪型にはショート派とロング派がいます。

それぞれの長所、短所をまとめてみました。

ショート
【長所】
単純に楽。産後は赤ちゃんが主体で自分のことは後回しだから、
ショートであれば気にせずに済む。
また、母乳の方は赤ちゃんに栄養分をとられるため、
髪の毛のことを考えてもショートのほうが効率が良い。

【短所】
こまめに美容院に行く必要がある。
ほっておくと、ボサボサになって見た目が悪い。


ロング
【長所】
後ろでゴムで止めるだけでまとめやすい。
さほど頻繁に美容院へ行く必要がない。

【短所】
子供に引っ張られたりするので、慣れるまでは
子育てするには邪魔という意見が多数。


個人差があるので、慣れてしまえばショートでもロングでも
大丈夫だと思います。もしお子さんを誰かに預けることができる環境なら
ショートでも月に1回美容院へ行けばリフレッシュできていいと思います。


ただ産後脱毛症の観点からいえば、なるべく
短い方が髪への栄養分も少なくてすむということで、
なるべく短いヘアスタイルがおすすめです。



ショートとロングの長所と短所をうまくカバーするのは
ギリギリ結べるくらいの長さのボブカットだという意見もあります。

そういえば、私の妻は産後ボブカットでしたっけ?
(ちょっと思い出せませんが、たぶんそうでした(笑))

逆に一番おすすめできない髪型は、ギリギリ結べない
ミディアム・ロングですね。これはなにかと不便です。

タグ / 産後髪型

女性も男性型脱毛症になる?|男性ホルモンが更年期に増える?

女性の男性型脱毛症はまだ解明されていない


男性型脱毛症はいわゆるAGAと呼ばれる脱毛症で
男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼⅡ型酵素
によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し
これが毛乳頭細胞に作用して起こるものです。

男性型脱毛症についてはこちらの記事も参考にしてください。


女性にも男性ホルモンが作用して脱毛を引きおこす症状があります。
ご存知の通り、女性にも男性ホルモンはあり、
筋肉や体毛は男性ホルモンによって作られます。


前述したように、男性型脱毛症は5αリダクターゼⅡ型が毛乳頭細胞に作用しますが、
女性の頭部の毛包内には、5αリダクターゼⅡ型があまり存在していないと言われています。

これは、男性型脱毛症に効果のあるフィナステリドが
女性には効果がないことからもわかります。


女性の脱毛が起こるタイミングは、
40歳を過ぎたころ、つまり更年期を迎えた頃に起こるのが一番多いです。

更年期を迎えると、女性の体内からは
女性ホルモンが減少していきます。

男性ホルモンが増えるというよりは、
相対的に女性ホルモンよりも男性ホルモンが体内に多くなるということです。


ただ、男性ホルモンが作用するとしても、
男性の脱毛症と、女性のそれは脱毛の仕方が違います。


男性の場合は、前頭部からM字にハゲあがったり、
頭頂部が薄くなりますが、女性の場合は、
頭頂部の髪のみが薄くなることが多いのです。


同じ男性ホルモンが作用しているのに、男性と女性で
脱毛の仕方が違うことについては未だ解明にはいたっていません。
今後の研究によって徐々にわかってくるでしょう。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。