ホーム » 生活習慣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

筋肉量低下で抜け毛が増える?|ジョギングは育毛に効果あり

若い時は、いくら食べても太らなかった、という人でも
中年になって会社の健康診断にひっかかかって、
メタボと認定された人も多いと思います。

特に、デスクワークが多い方は運動不足の傾向があるので、
筋肉量も落ちていると思います。
こういう方に多いのが、肩こりや冷え性など。

これは体の血流が滞っている証拠ですね。


筋肉量が落ちると、その他にも体のあちこちに異常をきたします。
例えば、高血圧、高脂血症、体中の血液の循環が悪くなり
体の隅々に栄養が届きづらくなります。


もちろん頭皮にも毛細血管があり、
髪の毛が成長するための栄養素が運ばれる訳で、
体の血流が滞ると、頭皮の血行も悪くなります。

ですから、運動不足+偏食→太る(メタボ)→抜け毛が増える
というのは、見に覚えがある方も多いのです。
管理人自身もこれには納得です。


ですから、正しい食生活を送ることに加えて、
筋肉量を増やすような運動を習慣化させると
頭皮にも髪の毛にも良いと思います。



ただ、抜け毛を減らすために運動するというのも、
なかなか続かないと思うので、できれば
運動自体を趣味にして習慣化したほうがいいですね。


管理人も、学生時代にサッカーをやってましたが、
社会人になってからは、たまに同僚の連中とフットサルをやる程度。

若干メタボ気味だったこともあって、
手っ取り早く、ジョギングを始めました。

ジョギングやウォーキングのいいところは、場所を選ばないこと。
自分がその気になれば、いつでもどこでもできてしまうので便利です。

しかも、1日30分でも、そこそこの運動量になるので、
現在、何も運動していない人には、おすすめです。

jog.png


不思議なことに、ジョギングも毎日ちょっとずつやると、
いい意味での中毒にかかり、逆に走らないと気持ちが
悪くなってきます。こうなってきたらしめたものですね。

筋肉量を増やすには、腕などの小さい筋肉よりも
太ももなどの大きい筋肉を鍛えたほうが効率がよくなります。
そういった意味でもウォーキングやジョギングというのはいいのです。

その他、スクワットなども太ももの筋肉量を増やすのにいいですね。

気をつけなければいけないのは、決して無理をしないことです。
無理をして、体を壊したら本末転倒ですからね。
スポンサーサイト

副交感神経の働きが頭皮の血管を拡張|寝不足で髪の毛が減る

副交感神経の働きを最大限活かす睡眠を心がけよう

睡眠は髪の毛を健康に保つためにも重要な要素です。
「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
髪の毛に関して言うなら「寝ると髪は育つ」のです。


夜更かしなどをして、睡眠時間を削ると体の疲れがなかなか取れません。
これは体の機能が低下している証拠です。
そして、それは確実に髪の毛や頭皮にも悪影響を与えています。

人は睡眠を取ると、免疫力が高くなります。
皆さんも経験があると思いますが、睡眠時間を削ったり、
深い睡眠が得られないことが続くと、風邪をひきやすくなったりします。


免疫力が低下すると、体は、重要な働きをする臓器を守ろうとします。
髪の毛や頭皮は、それほど重要ではないとみなされますので、
頭皮や髪の毛が一番最初にダメージを受けるのです。


人が睡眠を取ると、体は交感神経から副交感神経のスイッチに切り替わります。
特に、午後10時から午前2時までは、副交感神経が最も活発に働く時間帯で、
成長ホルモンも大量に分泌されます。



つまり、この時間帯に寝ていないと、副交感神経が働いていない、
そして成長ホルモンがでない、ということになります。
これは髪の毛にとっては、とんでもない機会損失です。


副交換神経が正常に働くことによって、血管拡張作用が働き、
頭皮の血行が良くなります。

頭皮の血行が良い状態においては、
毛根の細胞に栄養分がしっかり行き渡ります。

また、寝ている時は心臓と頭がほぼ同じ高さなので、
血液も頭皮にいきやすいのです。


睡眠を取るときは、なるべく毎日、同じ時間に寝て、
同じ時間に起きるとよいでしょう。毎日の寝る時間がバラバラだと、
体がついていかず、深い充実した睡眠が取れません。


髪の毛や頭皮に良い睡眠とは・・・

・睡眠不足にならないような生活習慣を心がける
・熟睡する。
・毎日なるべく同じ時間に眠りにつく。



また、寝る前に食事を摂ったり、熱いシャワーやお風呂に入ったり、
深酒などをすると、深い睡眠を妨げる要因にもなりますので注意してください。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。