ホーム » ミノキシジル

カテゴリ「ミノキシジル」の記事一覧(1ページ中1ページ目)

ミノキシジルは生え際後退に効果あり?|毛母細胞を活性化させる成分

ミノキシジルは、AGAの頭頂部の薄毛に効果があります


ミノキシジルは、もともとアメリカで1960年代に
経口血圧降下剤として作られ、高血圧の治療に使われていたものです。


その後、治療を施した患者が多毛症などの症状を起こしたことから、
脱毛症を回復させる成分として認められるようになりました。

ミノキシジルは育毛剤として、FDA(米国食品医薬品局)から
正式に認可がおりています。



血管拡張剤から発毛剤として使われるようになったミノキシジルは
アメリカでは「ロゲイン」の商品名で販売されています。
ロゲインには、2種類あり、ミノキシジル成分が5%含まれる強力なものと、
2%含まれる女性用があります。


日本では、一般用医薬品として、
大正製薬が「リアップ」の商品名で販売しております。

ただこちらはミノキシジル成分は、
日本人の体質にあわせて1%配合となっています。


ミノキシジルは、毛根の下にある毛細血管を拡張して血行を促し、
毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活性化させます。

それが髪の成長を早めることにつながるのです。


ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)の頭頂部の薄毛にのみ
効果があるとされており、生え際からの脱毛、
俗に言うM字ハゲには効果が認められない
ということになっています。


ただ最近、アメリカで開発された、ミノキシジルの内服液、
ロニテン(経口血圧降下剤)のジェネリック医薬品である、
ミノキシジルタブレットがM字ハゲに効く、
という噂が流れ、個人輸入で、このタブレットを手にする人が増えているようです。


ただ、これらの商品は育毛剤としての認可は受けておらず、
なおかつ、内服液だけに副作用の心配もあるため、
利用の際には注意が必要です。



Return to page top