ホーム » AGA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

AGA新薬「ザガーロ」がついに登場!果たしてその効果はどうなの?副作用は?

ついに出ました!

ガッツポーズ

・・・って何が?


薄毛が気になる方ならすでにご存知だと思いますが、ついにこの度、AGA(男性型脱毛)の新薬が登場したのです。


その名も、ザガーロ

おおっ!、カッコイイ名前ではないか!


ザガーロの成分はデュタステリドといいますが、これは現在AGA治療で主に使われているプロペシア(フィナステリド)同様に、もともと、アメリカで前立腺肥大症を治療する目的で開発された成分だったのですが、その後臨床実験を行う中で、AGAにも効果あり!とされたという経緯があります。


臨床実験を経て、ついに日本で2015年9月に、グラクソ・スミスクライン株式会社がAGAの新薬として、「ザガーロ0.1mg」と「ザガーロ0.5mg」の販売承認を得て、2015年の11月にやっと商品化されたんです。


ということで、全国の皮膚科やAGA治療院でも11月からザガーロの処方がどんどん始まっています♪


ちなみにお隣の韓国では、すでに2009年に処方が開始されていますね。


AGA新薬「ザガーロ」の特徴とスゴイところ!


では、今回発売された新薬「ザガーロ」の特徴をお伝えしましょう。

薬


ザガーロはフィナステリド同様、AGAの原因物質を阻害するという特徴あります。


具体的には、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて脱毛ホルモンである、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭に働きかけると脱毛が起きるというのが、AGAの原因でしたね。

ザガーロは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害することで、DHTの産生を抑えるという特徴があります。


えっ、でもそれってフィナステリドと同じじゃ・・・?


そうですよね?


実は、この5αリダクターゼにはタイプI型とタイプII型があります。タイプI型は、人間の体のあちこちの細胞に存在するのですが、II型は前頭部やヒゲ、前立腺などに存在します。

そして、フィナステリドは5αリダクターゼII型のみに作用し、新薬ザガーロはプI型とII型両方に作用します。


髪の毛に限って言うならば、フィナステリドは前頭部などにのみ作用するのですが、I型が存在している範囲の薄毛には効果がなかったのです。ザガーロは広い範囲の薄毛をカバーできるということなのです。


ですから、今までプロペシアでの内服治療で効果がなかった方は、もしかするとザガーロを治療に使うことで、薄毛が治療できるという期待が持てるようになったんです。

重度のAGAの方にも効果がある可能性も出てきました。

ザガーロの副作用について


プロペシアにも少ないながら副作用がありますが、ザガーロにももちろん副作用があります。(薬には多かれ少なかれ副作用が存在します)

臨床実験で確認された副作用を紹介しておきますね。

・勃起不全
・性欲減退
・精液ボリュームの減少


などが挙げられます。


いずれも性に関わる副作用ですが、フィナステリドと内容はほぼ同じですね。なお、副作用については確認されたのはいずれも軽微なものだとのことです。


これで、プロペシアにつづいてザガーロが登場し、AGA治療の現場も更なる注目が集まってきていますね。


例えば、AGAヘアメディカルグループでは、オプションでAGAリスク遺伝子検査を行っていますが、ザガーロ登場に先立って、AGAの症状に対し、フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)など、どちらの治療が適しているのかを調べることができるようになりました。

遺伝子検査を受けることで、事前に、自分に合った治療薬が判別できるので、それだけ発毛効果も期待できるということですよね。

⇒AGAヘアメディカルグループの詳細はこちらから

薄毛に悩んでいる方、AGAに悩んでいる方、プロペシアじゃ効果があまり感じられなかった方など、ザガーロに期待ですね!
スポンサーサイト

AGA治療を病院でする前に、知っておきたい情報をまとめたサイトとは?

今や、日本全国でも薄毛に悩んでいる人は1200万人もいるとのこと、
つまり、国民の10人に1人は薄毛に悩んでいるということになります。


そして、AGA(男性型脱毛症)で悩む男子は日本全国で数百万人とも言われています。
平均にして3人に1人の男性がAGAに悩んでいるということになりますね。


では、AGAを治療するにはどうするか?

テレビCMなどで毎日のように紹介されている、育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメント・・・。


このブログの読者さんでも、1度や2度は、試したことがあるでしょう。
でも、結論から言うと、これらをいくら使ってもAGAは治りません。


本格的にAGAを治療するなら、やはり専門医がいる病院(クリニック)にお願いすることになります。
治療薬の処方や、メソセラピー(頭皮に注射する)、植毛などなど数々の薄毛治療があります。


なぜなら、AGAは男性型脱毛症という、れっきとした病気で、薄毛治療の専門医がいる
病院で、医学的根拠に基づいた治療をおこなう必要があるからです。


でも、AGAクリニックでの治療って実際どんなことをやるのかって、なかなかわからないものです。
はじめての治療ですから、わからないのも当然ですよね。


そこで、今回ご紹介したいのは、そんなAGA治療の基本的なことについて、
また、AGA治療をクリニックで受けるときに注意したいこと、そんな情報をまとめたサイトがありました。

⇒AGAクリニック(病院)で治療する前に知るべきこと

AGAの治療ってよくわからないと思いますが、このサイトを読めば、まずはなんとなく理解できると思います。いわば、基本中の基本が学べるということですね。


現在、ほとんどのAGAクリニックでは、初回のカウンセリングは無料で行ってくれるところがほとんどです。

上で紹介したサイトの情報は最低限頭に入れた上で、無料カウンセリングにのぞめば、
より充実したカウンセリングになること間違いありません。


皆さんも、もしもAGA治療を受けるなら、ぜひある程度の情報をもって、
まずは無料カウンセリングで薄毛治療のプロのアドバイスを聞いてみましょう。

タグ / AGA情報

AGA(男性型脱毛症) 発症率は昔に比べて増えたのか?

本当に生活習慣や食生活が原因のひとつなのか?


最近になって、AGA(男性型脱毛症)の原因が解明されつつあります。
AGAの直接の原因は、脱毛ホルモンであるDHD(ジヒドロテストステロン)
であることは良くご存知だと思います。

では実際のところ、昔とくらべて、AGAの発症率は増えているのでしょうか。

※昔というのは今から30年くらい前のことです。

実は統計を取ってみると、今も昔もAGAの発症率は
それほど変わらないという調査結果が出ています。

発症率はおおむね、男性全体の30%というところです。


こちらの記事でも、AGAが発症する原因のひとつには、
睡眠不足、運動不足、喫煙、ストレス、不規則な食生活などが
あると書きましたが、この点はどうでしょうか。

抜け毛に悩む男性



確かに、昔に比べると現代の食生活はファーストフードが全盛で、
パソコン使用などによる睡眠不足、運動不足などは増えてきたと思いますが、
喫煙、ストレスは昔も今もそう、たいして変わらないと思います。
むしろ喫煙率は昔のほうが高かったでしょう。


その他にも、原因としてシャンプーの仕方、無理なダイエット
も関係しているということですので、この点はどうかというと、
昔はそもそも洗髪の習慣、シャンプーそのものが、今ほど充実していなかったでしょうから、言ってみれば頭皮環境は昔のほうが悪かったと思います。


「頭皮に皮脂が詰まると抜け毛が増える」、という文句が
育毛剤や育毛シャンプーのCMでは良く流れますが、
これも、こういった背景を考えると疑わしいですよね。

ですから最近では
AGAの主原因であるDHD(ジヒドロテストステロン)の働き以外の原因とされるものは、
あまり影響がないとも言われています。

もちろん、正しい食生活、生活習慣を送ることは
体全体の健康にとって重要なことですので、するに越したことはないですが、
それがイコールで抜け毛防止、特にAGAが治るということにはつながらないということですね。

タグ / AGA発症率

AGAの40代の発症率はなんと30%|男性型脱毛症が発症する原因とは

AGAは男性ホルモンが毛乳頭細胞に働きかけて発症する

男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)は
何も今に始まったものではありません。

最近では、ストレス、シャンプーのし過ぎ、外食中心の生活が
抜け毛や薄毛の原因だと言われていますが、
実際には、男性の薄毛のほとんどの原因はAGAであり、
AGAを引き起こすのは男性ホルモンが作用することが原因だからです。


ある調査によれば、今も30年前もAGAにかかる人の割合は、ほとんど変わらないそうです。
現在AGAにかかっていると思われる男性は、推定で1000万人以上もいると言われ、
40代以降の男性の場合、約30%が発症するほどポピュラーなものなのです。

ちなみに、欧米人は男性の50%がAGAを発症します。
人種的には、アングロサクソン系に多い症状なのですね。


男性ホルモンは男性にも女性にもありますが、思春期になると
男性本ルモンの働きが活発化され、軟毛が硬毛に変わります。

男性であれば、ヒゲやすね毛、ワキ毛などが濃く、太くなってきますよね。
女性の場合は、ヒゲなどは軟毛のままですが、陰毛やワキ毛などは硬毛化してきます。


代表的な男性ホルモンである、テストステロンは細胞内で
5αリダクターゼという酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。


このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプターと結合して、
標的遺伝子に結合して作用します。


男性ホルモンであるDHTは毛根の毛乳頭細胞に働きかけるのですが、
前頭部や頭頂部では脱毛シグナルを出すのです。

これがAGAの症状を引き起こすメカニズムになります。


では、なぜAGAが前頭部と頭頂部にのみ作用するかというと、
頭部には、前頭部と頭頂部にのみ男性ホルモンレセプターが存在するからです。


ですからAGAのハゲのパターンを見てみると、
前頭部から禿げ上がったり、頭頂部が薄いという方はいますが、
後頭部がハゲる人はまずいません。

タグ / AGA40代

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。