ホーム » 頭皮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

じゃあ、自然派・天然成分配合のシャンプー剤ならOKなのか?

皆さん、湯シャンを完全に止めて自然派シャンプーに切り替えた管理人です。

以前の湯シャンの記事にも書きましたが、湯シャンをしているときは頭が痒くなったり、フケが出たり、洗えていないせいか何かスッキリしなかったりと、どうも私にとっては合わなかったようです。

【湯シャン完結編】やってみてわかった!湯シャンは人を選ぶ?

湯シャンを止めてから使い始めたのが、オートミールが配合された自然派のシャンプーです。これを毎日使っていますが、痒みもフケも出ないし、でも頭もスッキリするし、私の頭皮には合っていると思っています。

頭皮の脂分を気にかける人ならご存知だと思いますが、頭皮には「適度な脂分」が必要です。

「髪がギトギト脂っぽい・・・」と悩んで1日に何回もシャンプーしたり、脱脂力の強いシャンプーを使うと、余計に脂分が除去されてしまい逆効果なんてこともあります。

本当にシャンプー選びって難しいですよね。


シャンプーとリンス

出典:photo AC


じゃあ、自然派を謳っているシャンプーならOKなのか?



現在、世の中には「自然派」や「天然成分配合」、「無添加」などを謳ったシャンプーがたくさん販売されています。

女性の方なら、そんな自然派化粧品を使っている人も多いと思います。

管理人はアトピー体質なので、もともと、あまり刺激の強いシャンプーを使っていませんでしたが、結局湯シャンは私の体質に合いませんでした。

でも、今使っている、無添加のオートミールシャンプーは私に合っているといえます。

でも、天然由来成分を配合している自然派のシャンプーならなんでもいいのかというと実はそうでもないのです。

なかには自然派シャンプーを使っても、フケが増えたり、痒みが出たりする人もいます。

特に、シャンプーを新しく変えたときに頭皮トラブルが起きることが多いのが特徴です。

これは、以前使っていたシャンプー剤に慣れている状態の皮膚が、新しいシャンプー剤に慣れることができず、頭皮がカサついたりすることがたまにあるのです。

アレルギーというのは厄介なもので、化学製品などだけに反応するのではなく、天然由来の成分にも反応してしまうことがあります。

ですから、敏感肌、アトピー体質の人は、まずは気になったシャンプー剤があれば1週間程度試してみることをおすすめします。

もちろん、シャンプーするときは「よくすすぐ」ことを行って、1週間しても頭皮がカサついたり、痒みが出たりした場合には、残念ながらそのシャンプー剤は体質に合わないということになります。

合わないものを無理して続けてもよくないので、すぐに使用を中止したほうがいいでしょうね。

フケや痒みだけじゃなく、なかには頭皮がかぶれてしまうケースもあるので、そういった場合には医師に診てもらうことをおすすめします。

また自然派のシャンプーを使っても、間違ったシャンプーの仕方をしていても頭皮トラブルが発生することがありますので注意してください。

⇒正しいシャンプーの方法はコチラ

もちろん、湯シャンが体質に合う人もいると思いますよ。

まずは、自分に合ったシャンプー剤を見つけてくださいね。

スポンサーサイト

皮膚常在菌は頭皮に200種類以上も!?大丈夫なの?

「皮膚常在菌」

育毛や抜け毛について調べたことがある人なら、一度は聞いたことがあると思います。
実は、私たち人間の皮膚には、なんと200種類以上の皮膚常在菌が存在することを知っていましたか?


その他にも、人間の口の中には口腔細菌が、そして、腸の中には腸内細菌が存在しています。
母親のお腹の中にいる時には無菌状態だった私たち人間は、生まれた時からずっと菌と付き合っています。


菌なんてイヤだ~!


なんていう、きれい好きの方もいるかもしれませんが
実は人間の体は、数多くの菌によって守られているのです。


私たちの体に存在する多くの菌は悪者ではなく、バリア機能として
私たちの体に絶対になくてはならないものということをまずは理解しておきましょう。

皮膚常在菌


そして、頭皮には200種類以上、約100万個の常在菌が存在していると言われ、
外界からの他の菌や病原菌の侵入を防いでくれ、また紫外線から頭皮を保護してくれます。



たとえば、以下のような菌が存在しています

良い菌・・・ブドウ球菌属やミクロコッカス属など
悪い菌・・・アクネ桿菌、マラセチア菌、カンジダ菌、白癬菌など


そして、表皮ブドウ菌は、脂腺に存在するアクネ桿菌から出る脂肪酸と交わると
皮脂膜を作り、頭皮の表面を弱酸に保ってくれるのです。
不思議ですよね~、人間の体って。

Amazon


楽天


そして理想的な頭皮というのは、この頭皮の常在菌がバランス良く存在している状態です。


皮脂が過剰に分泌してしまうと、毛穴に皮脂がつまり髪の毛の成長を妨げたり、
フケが出たり、頭皮がべたついたり、頭皮が炎症を起こして赤くなったり、
そしてイヤな臭いがしたりと、頭皮が異常な状態になってしまいます。


皮脂が過剰に分泌してしまう理由のひとつに、
洗浄力の強いシャンプーで洗髪してしまうことがあげられます。
最近話題のヘッドスパも同様ですね。


シャンプー業界は、この皮脂を悪者にしたいらしく
とにかく洗浄力の強いシャンプーをずーっと販売しています。


もともと日本人が毎日シャンプーをするようになったのは、
ここ最近の話です。1950年代くらいまでは、週に1回とか、
自宅に風呂がなく銭湯に行った時だけとか、その程度だったのです。


それでも頭皮には異常がなかったのですから
人間の頭皮というのはある程度の汚れがあって自然な状態なのです。


もちろん不潔にし過ぎると悪い菌が増えてしまうので注意が必要ですが・・・・。


だから、バランスの良い頭皮環境をつくるためにも
毎日使うシャンプーについてはこだわりたいものですね。

たまには湯シャンを取り入れてみるのもいいと思います。

頭皮や髪にいいという話題のココナッツオイルを試してみた!

今や、猫も杓子もココナッツオイルです。

テレビをつけても、雑誌を開いても、ココナッツオイルが
ここまでか!というほど取り上げられ、今最も話題のある商品だと
いっていいでしょう。


ミランダ・カーやアンジェリーナ・ジョリーなどの有名人、日本でも
辺見えみり、道場ジェシカ、田丸麻紀などの芸能人がココナッツオイルを
絶賛していることもあって、特に美を追求する女性に大人気のようです。


テレビや雑誌やココナッツオイルを使用している芸能人のブログなどを覗いてみると、
やれ、ダイエットにいいだ、コレステロールは下げてくれるは、糖尿病予防にいいとか、
便秘も改善するとか、アルツハイマー病にも効くとか、免疫力がアップするやら、
ニキビや、シミ、ソバカス、アトピーにも効果があるとか・・・etc.



もう、とにかく聞けば聞くほど万能薬みたいな紹介をされているので、
割りとミーハーな管理人も、話題のココナッツオイルを手に入れてみました。


というのも、ココナッツオイルの数ある効能・効果の中に、
頭皮や髪の毛にいい!というのを聞いたからです。
あと、アトピー持ちなので、そっちも試してみようかと思ったわけです。


では、ココナッツオイルが具体的に頭皮や髪の毛にどんな効果があるのかというと・・・

1.頭皮の乾燥やフケを防止して頭皮環境を整えてくれる
2.紫外線に強い
3.ヘアカラーなどで傷んだ毛先の補修や、髪の毛にツヤや潤いを与えてくれる



そして使い方ですが、シャワーを浴びる前にココナッツオイルを頭皮にすりこんで
頭皮マッサージをする、その後にシャンプーをしてシャワーで洗い流すだけ。
(髪の長い女性はシャンプーの後にコンディショナーもするといいみたいです)


う~ん、いいじゃないですか!

ということで早速使ってみました。

ココナッツオイル


フタを開けると、ココナッツの香りがします。当たり前ですね(笑)
管理人はもともとタイ料理が好きなので、ココナッツオイルの香りには慣れていますが
慣れてない人にとっては、最初はちょっと癖のあると感じるかもしれませんね。


オイルをスプーン大さじ2杯分くらいを手にとって、
垂れないように頭につけます。
そして、そのまま頭皮マッサージを5分程度行いました。

頭皮マッサージの方法についてはこちらの記事に書いているので
参考にしてくださいね。


その名の通り、ココナッツオイルは油なので、少しベトッとしますが、
他の油に比べるとそれほどでもないですね。


頭をマッサージしたあとは、髪の毛がオイリー状態になります。
ちょっと気持ち悪いですが、マッサージしたので頭皮がぽかぽかと
温まっています。


そしてシャワーで流すのですが、これがなかなか落ちないので
ある程度流したら、シャンプーで洗い落とします。


すすぎの後も、頭皮がぽかぽかしています。
なんか効果あるような感じがしますね。


ココナッツオイルの成分の中に含まれるラウリン酸には
強い抗菌作用があるため、頭皮を清潔に保ってくれます。



頭皮には常在菌と呼ばれる正常な菌もいるのですが、不潔にしていると
黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの化膿菌が増えてしまいます。
そんな菌が増殖してしまうと、脂漏性疾患などが発生して抜け毛につながります。

実は、管理人もこれで抜け毛が増えたことがあります。


ということで、何やらいいことずくめのココナッツオイルを
しばらくつかってみようと思います。



ちなみにココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルを使いましょう。

RBDオイルというものもありますが、これは精製、漂白、脱色、脱臭加工などがされ
乾燥させたココナッツを使うため、天然由来の成分が損なわれます。
これでは効果や効能がなくなってしまうので、注意してくださいね。

今から、1ヶ月後が楽しみです。

頭皮の皮脂を毛穴から除去する方法

頭皮にたまった皮脂をそのままにしていると、もちろん頭皮にはよくありません。


頭皮の表面に残った皮脂は、シャワーやシャンプーで落とせますが、
毛穴の中に入りこんだ皮脂や汚れ(角栓)は、そのまま放置しておくと、
酸化して、過酸化物質となり、毛穴の中で炎症を起こしたりして、
フケやかゆみ、頭皮のイヤな匂いを出す原因となります。


また、皮脂で毛穴がつまると、髪の毛をつくる役割をもつ、
毛乳頭の機能が弱くなるため、結果的に抜け毛や薄毛の原因になります。


ある説では、たまった皮脂の中に、抜け毛の原因となる、
ジヒドロテストステロン(DHT)が含まれているとも言われています。


それでは、毛穴に入り込んでしまった皮脂はどのように取り除けばいいのでしょうか。



もちろん、普通にシャンプーしているだけでは取り除くことはできません。
毛穴の奥深くにたまった皮脂は汚れや雑菌と混ざっているので、簡単には取れないのです。


皮脂を取り除くためには、皮脂を取り除くシャンプーと
頭皮マッサージが必要です。


つまり、シャンプーをしながら頭皮マッサージをするというのが一番効率的です。
忙しい社会人の方でもこれなら、それほど時間をかけずにできます。


正しいシャンプーの方法についてはこちらを参考にしてください。

皮脂を絞り出す頭皮マッサージの方法



1回目のシャンプーが終わったら、まずは軽くすすぎをしてください。
次に2回目のシャンプーに入ります。軽くシャンプーをつけて、髪全体にならしてください。


⇒人間の皮脂に近い、最高級「こうね馬油」を使用し、
頭皮トラブル改善に圧倒的な支持をうけるシャンプーがこちら



まず両手の親指をそれぞれ頭頂部に置きます。
そして、ちょうど前髪の生え際あたりに親指以外の残りの指を置いてください。
これが頭皮マッサージの基本姿勢です。

頭皮マッサージの方法


ここからマッサージをするのですが、シャンプーの時と同様に
指の腹を使っておこないます。決して爪をたてないでください。


基本姿勢の状態から、それぞれの手を回転させるようにマッサージしていきます。
この時、感覚的には、頭皮だけを動かすように心がけてください。
指の腹で頭皮を動かすイメージです。


最初はなかなか慣れないと思いますが、肘を回すようにするとうまくいきます。


何回転かしたら、たまに回転したまま頭皮を持ち上げたり、
少し強弱をつけたりしてみてください。
最後に、生え際から頭皮に向かってマッサージを行います。(前後左右)


こうすることで、頭皮の血行がよくなります。


このマッサージを定期的におこなうと、毛穴の中の皮脂を取り除くことができ、
ベストな頭皮環境を保つことができます。


そして最後に「すすぎ」をきちんとすることを忘れないでください。
せっっかく皮脂を取り出すことができたのに、すすぎがいい加減で
シャンプー剤が頭皮や毛穴に残っては本末転倒ですからね。


すすぎをしたら、タオルドライ、ドライヤーで乾かして終了です。

頭皮の血行がよくなると抜け毛は減るのか?増えるのか?

「頭皮の血行を促進させることで、抜け毛を防ぐ・・・」、

世に発売されている育毛剤には、必ずと言っていいほど、このような謳い文句がついています。
みなさんも一度は見たことがあると思います。


また、抜け毛を防止するために、血液をサラサラにしてくれるビタミンEを採ることや、
運動やストレッチをして血行を良くすることを勧められることも多いでしょう。

当ブログでも過去の記事で、そのようにすすめています。


もちろん、結果的に頭皮の血行がよくなると抜け毛は減ります。

が、

一時的に、血行が悪い状態から良い状態(正常な状態)に戻った時には
抜け毛は増える傾向にあります。



それはなぜか?

血行が良くなると頭皮環境も良くなり、新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になると何が起きるかというと、悪い状態で残っている
毛がどんどん抜けていくのですね。


つまり、

血行が良くなる



頭皮環境が良くなる



正常でない毛がどんどん生え変わる



ということです。


では、育毛剤などを使って、血行を良くすればいいかといえばそれは違います。
育毛剤や薬(ミノキシジル)などを頼って「血行を無理やり良くさせた」場合は
生え変わる毛も悪い状態であることが多いのです。


悪い状態の毛というのは、例えば細い毛、伸びない毛です。
そのような状態の毛が生えてきても結局また同じことの繰り返しです。


育毛剤をずっと使っていても、抜け毛が増える一方、しかも生えてくる毛も、
腰のない弱く細い毛のままだ、という声を良く聞きますが、理由はもうお分かりですね。

抜け毛が減らない



例えばアトピーなども同じで、薬で症状を抑える対処療法は、一見キレイに治ったかに
見えますが、あれは薬で無理やり症状を抑えている状態で根本的な治療にはなっていません。

根本的に治療するには、時間がかかっても、毎日の食生活、生活習慣、
生活環境などを整えていく必要があります。


抜け毛も同様に、育毛剤や薬に頼るのではなく、食生活、生活習慣、睡眠などを改めて、
自らの力で血行を良くして頭皮環境を整えることが大切です。



補助的に育毛剤を使うことはいいのですが、根本的な解決にはなりません。

抜けても正常な毛が生えてくるような頭皮環境を作り上げるには時間がかかりますが、
根気よく取り組んでいきましょうね。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。