ホーム » 除去

タグ「除去」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

頭皮の皮脂を毛穴から除去する方法

頭皮にたまった皮脂をそのままにしていると、もちろん頭皮にはよくありません。


頭皮の表面に残った皮脂は、シャワーやシャンプーで落とせますが、
毛穴の中に入りこんだ皮脂や汚れ(角栓)は、そのまま放置しておくと、
酸化して、過酸化物質となり、毛穴の中で炎症を起こしたりして、
フケやかゆみ、頭皮のイヤな匂いを出す原因となります。


また、皮脂で毛穴がつまると、髪の毛をつくる役割をもつ、
毛乳頭の機能が弱くなるため、結果的に抜け毛や薄毛の原因になります。


ある説では、たまった皮脂の中に、抜け毛の原因となる、
ジヒドロテストステロン(DHT)が含まれているとも言われています。


それでは、毛穴に入り込んでしまった皮脂はどのように取り除けばいいのでしょうか。



もちろん、普通にシャンプーしているだけでは取り除くことはできません。
毛穴の奥深くにたまった皮脂は汚れや雑菌と混ざっているので、簡単には取れないのです。


皮脂を取り除くためには、皮脂を取り除くシャンプーと
頭皮マッサージが必要です。


つまり、シャンプーをしながら頭皮マッサージをするというのが一番効率的です。
忙しい社会人の方でもこれなら、それほど時間をかけずにできます。


正しいシャンプーの方法についてはこちらを参考にしてください。

皮脂を絞り出す頭皮マッサージの方法



1回目のシャンプーが終わったら、まずは軽くすすぎをしてください。
次に2回目のシャンプーに入ります。軽くシャンプーをつけて、髪全体にならしてください。


⇒人間の皮脂に近い、最高級「こうね馬油」を使用し、
頭皮トラブル改善に圧倒的な支持をうけるシャンプーがこちら



まず両手の親指をそれぞれ頭頂部に置きます。
そして、ちょうど前髪の生え際あたりに親指以外の残りの指を置いてください。
これが頭皮マッサージの基本姿勢です。

頭皮マッサージの方法


ここからマッサージをするのですが、シャンプーの時と同様に
指の腹を使っておこないます。決して爪をたてないでください。


基本姿勢の状態から、それぞれの手を回転させるようにマッサージしていきます。
この時、感覚的には、頭皮だけを動かすように心がけてください。
指の腹で頭皮を動かすイメージです。


最初はなかなか慣れないと思いますが、肘を回すようにするとうまくいきます。


何回転かしたら、たまに回転したまま頭皮を持ち上げたり、
少し強弱をつけたりしてみてください。
最後に、生え際から頭皮に向かってマッサージを行います。(前後左右)


こうすることで、頭皮の血行がよくなります。


このマッサージを定期的におこなうと、毛穴の中の皮脂を取り除くことができ、
ベストな頭皮環境を保つことができます。


そして最後に「すすぎ」をきちんとすることを忘れないでください。
せっっかく皮脂を取り出すことができたのに、すすぎがいい加減で
シャンプー剤が頭皮や毛穴に残っては本末転倒ですからね。


すすぎをしたら、タオルドライ、ドライヤーで乾かして終了です。

Return to page top