ホーム » 薄毛

毛髪再生医療は薄毛治療の救世主なのか?

今まで、薄毛の治療というと、AGA治療院や病院の皮膚科で診察を受け、内服治療薬である、プロペシア(フィナステリド)や、外用の塗り薬、ミノキシジルを処方してもらうというのが定番でしたが、中には、プロペシアやミノキシジルを試してみても、あんまり発毛効果が出ない方もいます。

どんな治療でもそうですが特に薄毛治療の場合、同じ治療を受けても、患者の年齢や健康状態、頭皮の状態によって、発毛効果には個人差が出てきます。


そこで、最新の薄毛治療として認知されてきたのが、「毛髪再生医療」です。

これは、文字通り、再生医療の技術を薄毛治療に応用したもので、簡単に説明すると、髪の毛の成長に必要な成長因子(グロースファクター)や有効成分などを頭皮に直接注入することで、毛母細胞が刺激され、発毛を促し、毛髪を再生させるというものです。


毛髪再生医療は、自毛植毛(自分の髪の毛を植毛する)とよく間違えられますが、髪の毛そのものを移植するわけではありません。

あくまでも「自然に自分の髪の毛を生やすため」の治療方法です。


ですから植毛に比べて安全性が高いのが特徴で、アメリカやヨーロッパでもその発毛効果の高さには定評があります。

薄毛の最先端治療


HARG治療について


薄毛の毛髪再生医療で有名なのは、HARG(ハーグ)療法です。

薄毛治療を考えたことがある人なら、一度くらいは聞いたことがあると思います。

HARG療法は医療機関のみで許可されている薄毛の毛髪再生医療で、日本では例えば中央クリニック(全国展開しているクリニック)で最先端のHARG治療を受けることができます。

HARG治療の一番のメリットは比較的早く発毛効果が現れる点です。

また、HARG療法のすごいところは、99%という驚異的な発毛率です。

気になる治療費用は、トータル6回の施術が1クールとなっており、頭部3分の2分の1回施術で費用は10万円位かかります。


6回で60万円ですか!?ちょっと高いですね。


でも、中央クリニックのホームページを見てみると、こんなことが書いてあります。


「HARG(ハーグ)療法は必ず生えるので高くありません。」

何とも頼もしいお言葉!!

認定された医療機関が絶対生えると断言しているので、間違いはないと思いますが、確かに必ず生えるのであれば、60万円払う価値はあるでしょう。植毛なら、100万円以上しますからね。

HARG治療はプロペシアやミノキシジルの治療法と違って、副作用が少ないのもメリットの一つです。
また、アレルギー起因物質が一切含まれてないので、アレルギーの心配もありません。

HARG治療のデメリット


HARG治療のデメリットは、HARGカクテルを頭皮に直接、注射器を使って注入するため、強い痛みを伴う点、そのため麻酔が必要となる点です。

もう1点は、発毛効果が見られた後も、定期的に治療を受けないと、育毛状態が保てない可能性がある点です。

いずれにしても、メリットを感じられたならぜひ、今までの治療法で効果が出なかった方は、HARG治療をはじめとした毛髪再生医療を検討してみてはどうでしょうか?

⇒HARG治療なら中央クリニック

技術の発達に伴い、数十年前では考えられなかった治療法が、薄毛治療にも導入されています。あと数十年もすれば、IPS細胞を使った薄毛治療が実現するかもしれませんね。

昨年は、AGA治療の新薬「ザガーロ(デュタステリド)」も出ましたしね。今後の薄毛治療にますます期待がかかります。

薄毛の人が絶対してはいけない髪型とは?

「最近、抜け毛が増えてきた」、
「薄毛で困っている」
「どうすれば毛が生えてくるの?」


そんな悩みを抱えている人はこの日本全国に
何千万人といますが、じゃあ、巷で販売されている有名な育毛剤などを使えば、
すぐに解消できるかっていうと、それはほとんど無理な話です。


育毛剤や育毛シャンプーは、直接的に抜け毛や薄毛を治してくれるものではありません。
もちろん、ミノキシジルやフィナステリドなどの薬なら即効性はあるかもしれませんが、
持続性はあまりなく、一時的に治っても使い続けてないといけないことが多いです。


このブログでも再三再四伝えていますが、
育毛や発毛を促すには、外側から働きかけるだけではなく、
内側から、つまり、良い生活習慣、食生活、適度な運動、質の良い睡眠
などを日々の生活に習慣づけることが大切です。


だから、育毛とか発毛って時間がかかるんですね。
一朝一夕にはいかないんです。


そんなこといっても、この髪の状態で外も歩きたくない、
学校や会社にも行くたくない、とにかく人の目が気になってどうしようもない、
という方も多いと思います。

そこで今回は髪型について書いてみます。


まず、注意しておきたいのが、薄毛を隠すために、
いつも同じ髪型にしている人です。



結論から言うと、
いつも同じ髪型にしていると抜け毛の原因になり得ます。


分け目が薄毛の原因になる


短髪の方なら、普段分け目はあまり意識されないと思いますが、
ある程度長い髪型の方は、昔のビートルズみたいなマシュマロヘアでも
ないかぎり、どこかに分け目ができていると思います。


この分け目がくせものなんです。
七三、六四、八二、真ん中分けなどなどいろいろありますね。


余談ですが、そういえば昔、中学校の英語の先生で、薄毛を隠すためか、
一九の分け目で無理やり横の毛を上に持ってきている先生がいましたが
あれって、余計目立ちますよね。


毎日同じ髪型、同じ分け目にしている場合は、頭皮の同じ位置に
ずっと負担がかかっています。そうするとその場所から、毛が抜けて
薄くなる可能性があります。


特に、髪が長いとその分重みが増すため、下に引っ張られている
状態が続いてしまいます。これでは余計に頭皮に負担がかかります。


まとめますと、
男性で薄毛の方は、長髪は絶対にやめてください。
なるべく短髪で分け目が出ない髪型がベストです。
短髪のほうが、薄毛が目立たないというメリットもあります。


女性で薄毛の方も、同様に長髪はあまりおすすめしません。
また、ポニーテールやツインテールなど、髪を長時間引っ張った
状態の髪型はなるべくやめましょう。


どうしても短髪がイヤ、という方は、毎日分け目を変えることをおすすめします。

タグ / 薄毛髪型

薄毛、ハゲは遺伝で決まってしまう、という説は本当か?

「うちの親父はハゲてるから、俺もハゲるな・・・」

「母方のおじいちゃんがハゲてるとハゲるらしいよ・・・」



このように、薄毛と遺伝にまつわる話題は今も昔も事欠きませんし、
実際、遺伝による薄毛、ハゲ説は正しいと思っている方が多いでしょう。

管理人の意見はどうか?

これは「半分正しくて、半分間違い」と考えます。


遺伝がどのくらい薄毛やハゲに影響を与えているかはわかりませんが、
少なからずあるとは思います。ただ、それは薄毛やハゲが遺伝するのではなく
薄毛やハゲの元となる体質部分、つまり、男性ホルモンの分泌量や皮脂量などが
遺伝するのではないかと。


元々、薄毛やハゲになりやすい体質を持っているのにもかかわらず
さらに薄毛やハゲを進行させるような生活習慣や食生活を送っていれば
薄毛やハゲになる確率は高くなります。

遺伝による薄毛体質+乱れた生活習慣=薄毛、ハゲ
というのが正しいのではないでしょうか。



親がはげているからという理由だけで自分がハゲになる確率は
高いかもしれませんが、絶対ではないということです。
事実、私の友人や知人の中でも(すでに中年です)、父親が剥げていても
ハゲていないヤツはいますからね。


ですから、まずは自分が薄毛の遺伝子を引き継いているのならなおさら、
正しい生活習慣や食生活、ストレスをためない、そして頭皮ケアを忘れない
などの努力が必要ですね。

そして絶対にあきらめないことです。

特に今、20代、30代前半の若い男性なら、薄毛が進行する前に努力をすれば
ある程度食い止めることができると思うんですね。


じゃあどうやって、自分は薄毛やハゲの遺伝子を持っているのかわかるのか?

今なら便利なものがあって、例えばAGA(男性型脱毛症)であれば病院や
市販の検査キットで調べることが出来ます。
⇒自宅でこっそり調べるAGA遺伝子検査キット


AGAの遺伝子があるのかないのかを事前に調べることで、自分がどういった
対策をしなければいけないのかが分かります。

生活習慣の改善などでいけるのか、病院でプロペシア(フィナステリド)などを処方
してもらわなければいけないのか、具体的な対策を練ることができます。

このままじゃハゲになっちゃうよ~、とただ悩んでいても何も始まりません。
まずは今の自分の現状を知ることが大切です。

まとめますと、遺伝だけでハゲになることを決めつけるな、ということです。

タグ / 薄毛遺伝

卵好きで薄毛なら絶対知っておくべき驚愕の事実とは?|卵は育毛効果があるのか?

突然ですが、管理人は卵がとにかく大好きです。
玉子焼き、目玉焼き、卵かけご飯、オムレツ、卵チャーハン、天津飯、そしてゆで卵などなど。
卵料理って簡単だし、一人暮らししていた学生時代は週の半分以上は卵にお世話になっていました。

安くて簡単に調理できて、おいしいときたら食べないわけにはいきません(笑)


ご存知のとおり、卵はタンパク質、タンパク質は髪の毛のもとになるものですから
食べて育毛に悪いわけがない!と思っていました。。。


ところが、卵好きで薄毛に悩む私には見過ごせない驚愕の事実があったのです。

専門家によると、たまごというのは調理の仕方によって栄養価や消化時間などが
変わるらしいのです。例えば、半熟卵は消化が他の調理法に比べ速いため、胃腸の
調子が悪い時には、負担がかからないのでおすすめです。風邪を引いた時なども
おかゆに溶き卵を落として食べますよね。


ところが、このおいしい半熟卵が
実は抜け毛を増やす可能性があるらしいのです。


半熟でも生に近い超半熟や生たまごの白身にはアビジンという成分が含まれています。
ちなみに黄身にはビオチンが含まれています。ビオチンは別名ビタミンH、ビタミンB7とも言われ
ビタミンの一部で皮膚の炎症を抑える効果があることで有名で、頭皮全体の
新陳代謝をあげてくれるので、私もビオチンのサプリメントは1日おきに摂っています。

ビオチンのサプリメント

実は、生たまごや生に近い半熟たまこの白身に含まれるアビジンは、体内で
ビオチンの吸収を阻害します。
つまり、アビジンを摂り過ぎるとビオチンが
体内で吸収されないために、結果的に薄毛、抜け毛の原因になり得るということですね。


せっかく大好きな卵を食べるのだから、ビオチンをしっかり吸収させて
頭皮環境を健康に保ちたいものです。
ですから、なるべく生卵や生に近い半熟卵は避けたほうがいいみたいですね。

でも、卵かけご飯は食べたい・・・。

と思っている方は管理人以外にもたくさんいると思いますが、
1日に1個程度ならすぐにハゲるとか焦る必要もありませんから安心してくださいね。

タグ / 薄毛

薄毛・抜け毛に効くツボはこれだけ覚えておけばOK!

薄毛や抜け毛に悩む人は往々にして、頭部はもちろんのこと、
体全体の血行が悪くなっていることが多いものです。
体全体の血行を良くしないと、栄養が毛根にまで行き届きませんからね。


そんな時に有効なのが血行を促すツボ・マッサージです。
何と言ってもタダで出来るものですから、知っておいて損はありません。


そこで今回は、薄毛や抜け毛に効果のある「ツボ」を3つ紹介します。
実は顔や頭、耳周りにはたくさんのツボがあるのですが、どれもこれも
覚えるのは大変なので、まずはこの3つでOKです。


本格的なマッサージでなくとも、あいた時間に自分で押すだけでも
効果がありますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

薄毛、抜け毛に効くツボ


1.百会(ひゃくえ)

場所:耳の上端の位置からそのまま頭上に向かって正中線と交わるところ。

効果:精神的なストレスを緩和する、頭痛、抜け毛、二日酔い、自律神経失調

有名なツボであり名前の由来は「百の数、数多くの気(血液)が出会う処」。
1日数回、数分刺激をすることで頭部だけでなく全身の血行が良くなります。



2.角孫(かくそん)

場所:耳の上の髪の生え際の部分、耳の穴をふさぐように耳全体を前に折り、
   耳の上端が当たるところ。口を開いたり閉めたりするときに動くところです。

効果:抜け毛、耳鳴り、眼精疲労、結膜炎



3.腎穴(じんけつ)

場所:小指の第一関節の真ん中

効果:ストレスの緩和、ダメージヘア(切れ毛など)、薄毛、抜け毛、むくみ、不妊症改善

親指の腹でゆっくり3回程度押す。
自分で、しかも片手でできるので便利。


腎穴のツボ



まずはこの3つのツボのマッサージを1日数回程度行いましょう。
頭部のツボはシャンプー後に行うといいですね。腎穴は仕事の合間、
通勤途中などでも簡単にできますね。


これらのツボを定期的に押すことで、血行がよくなり薄毛、抜け毛予防に
つながります。何はともあれ毎日の積み重ねが大切です。


また頭皮は特にデリケートなので、ツボを押す時は指の腹を使って優しく行ってくださいね。

Return to page top