ホーム » 若ハゲ

タグ「若ハゲ」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

若ハゲの原因に迫る|若年性脱毛症の治療法教えます。

10代からでも起こる若年性脱毛症は生活習慣の乱れが原因?


若年性脱毛症、巷では若ハゲなんて呼ばれています。
若年性というから、何歳くらいから発症すると思えば、
思春期真っ盛りの10代からでも十分起こりえるんですね。


思春期だけに、若ハゲなどになろうものなら、
人にも会いたくないし、ましてや学校にも行きたくなくなってしまいます。
精神的なダメージも計り知れないものがあります。


若年性脱毛症の原因は、いくつか考えられますが、
思春期というのは男性ホルモンが活発化する時期です。
ヒゲや陰毛が濃くなるのもこの頃です。


この男性ホルモンのバランスが崩れると、
本来正常にあるはずの男性ホルモン(テストステロン)が
悪玉酵素である5αリダクターゼと結びついて、
ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンを生み出します。

この場合、生え際からM字に生え上がったり、
頭頂部が薄くなる症状が多くなります。


では、なぜホルモンバランスが崩れてしまうのか?


ストレス

思春期というと、人生において初めて人間関係に直面するときです。
親や兄弟はもちろん、友人や異性との人間関係にストレスを感じる時です。
また、受験や就職なども大きなストレスになりそうです。


食生活

これは一人暮らしを始めた若い男性に多いですが、
偏った食事、特にファーストフードやジャンクフードの食べ過ぎで
身体に必要な栄養分が採れなくなり、それが頭皮にも影響を及ぼします。

生活習慣

受験勉強やゲームで夜更かししてしまう、休みの日は昼間で寝ている。
食事をする時間が毎日バラバラ、これでは体内のリズムが狂いはじめます。


まずは、「ストレスを溜めないように」といっても難しいでしょうから、
ストレスが溜まった時に発散できるようにしましょう。
趣味でもいいし、運動でもいいです。


加えて、生活習慣や食生活を見なおしてください。
食事に関しては、できるだけ毎日同じ時間に摂るよう心がけてください。
若年性脱毛症に関しては、これだけでかなり回復するでしょう。

また、正しいシャンプーの仕方もぜひ覚えてください。

Return to page top