ホーム » 抜け毛

薄毛が気になり始めたら水は常温で飲んでみよう!

個人的な話ですが、管理人は水を結構飲みます。

どれくらいかというと、1日に2リットルくらいでしょうか。

そして、気をつけていることは、「水を常温で飲むこと」です。

というか、ここ数年は冷えた水を飲んだことがありません。

完全に、常温の水を飲むことに慣れてしまっています。

私の妻などは、「水は冷やさないと飲めない」と言って、常にペットボトルの水を3本ほど冷蔵庫にキープしているほどです。

頭皮に栄養素を回すには水分補給が必要な理由



健康な髪の毛を日々生み出すためには、食事から摂った栄養素を身体全体に回すことが重要です。

以前の記事でも書きましたが、摂取した栄養素が頭皮や毛根に送られるのは後回しにされます。

だから、無理なダイエットや偏った食生活が抜け毛を増やすんですね。

⇒以前の記事はコチラ

禿げた男性

出典:photo AC

そして、栄養素を頭皮や毛根にうまく回すのには、水分補給が欠かせないのです。

私たち人間の身体というのは、常に水分を必要としています。

人間は日々、生活活動において2~3リットルの水分を失っているといわれています。

別に喉なんか乾いてないよ、と思っても、身体からはこれだけの水分が失われているのですから補給が必要なのです。

水分が不足すると、身体の中でどんなことが起きるのか?

まず、血液が粘ってきます。

つまり、サラサラじゃない状態ということです。

そうすると、血行が悪くなって、末端にある毛細血管には栄養素が回りにくくなるのです。

ということで、頭皮や毛根に回る栄養素は後回しですから、余計に栄養素が行き届きづらくなり、結果として抜け毛などにつながるのです。

飲み水

出典:photo AC

目安としては、最低でも1日1リットル、できれば1.5~2リットルくらいの水分を補給したいものです。

もちろん、仕事や生活環境によって汗をかく量や頻度は人によって違いますので、そのあたりも考慮に入れる必要はあります。

そしてもう一点、水分というのは純水な「水」のことをいいます。

お茶やコーヒーなどの嗜好品で水分を賄うというのはダメですからね。

其の理由は、お茶やコーヒーには水以外にカフェインなどの他の働きを促す成分が含まれているからです。

特に、カフェインには利尿作用がありますから飲み過ぎには注意が必要です。

そして、ここから本題。

水は「常温」で飲むのが重要です。

冷たい水というのは、内蔵を冷やし負担をかけます。

負担をかけるというのはどういうことかというと、冷えた内蔵を温めるためにエネルギーを使うことになるのです。

内蔵が冷えると、機能が低下し、交感神経が優位になります。

交感神経というのは体が緊張状態にあるため、血管や筋肉が固まってしまい、血行が悪くなります。

冷たい水を飲んだ時に、お腹が痛くなるというのは、胃に負担がかかっているということです。

たまに冷たい水を飲むくらいならまだしも、1日中冷たい水を飲み続けていると、この状態がずっと続くため、十分な栄養を取ろうが、水分補給をしようが、頭皮や毛根には栄養素が行き届きづらくなるということです。

冷えた内蔵というのは、本来消化に使うエネルギーを、体を温めることに使わなければいけないため、水を飲んでも脱水状態を起こして、消化不良の原因にもなるから注意が必要ですね。

起き抜けに白湯をのむといい、というのもなんだか納得ですね。

じゃあ、自然派・天然成分配合のシャンプー剤ならOKなのか?

皆さん、湯シャンを完全に止めて自然派シャンプーに切り替えた管理人です。

以前の湯シャンの記事にも書きましたが、湯シャンをしているときは頭が痒くなったり、フケが出たり、洗えていないせいか何かスッキリしなかったりと、どうも私にとっては合わなかったようです。

【湯シャン完結編】やってみてわかった!湯シャンは人を選ぶ?

湯シャンを止めてから使い始めたのが、オートミールが配合された自然派のシャンプーです。これを毎日使っていますが、痒みもフケも出ないし、でも頭もスッキリするし、私の頭皮には合っていると思っています。

頭皮の脂分を気にかける人ならご存知だと思いますが、頭皮には「適度な脂分」が必要です。

「髪がギトギト脂っぽい・・・」と悩んで1日に何回もシャンプーしたり、脱脂力の強いシャンプーを使うと、余計に脂分が除去されてしまい逆効果なんてこともあります。

本当にシャンプー選びって難しいですよね。


シャンプーとリンス

出典:photo AC


じゃあ、自然派を謳っているシャンプーならOKなのか?



現在、世の中には「自然派」や「天然成分配合」、「無添加」などを謳ったシャンプーがたくさん販売されています。

女性の方なら、そんな自然派化粧品を使っている人も多いと思います。

管理人はアトピー体質なので、もともと、あまり刺激の強いシャンプーを使っていませんでしたが、結局湯シャンは私の体質に合いませんでした。

でも、今使っている、無添加のオートミールシャンプーは私に合っているといえます。

でも、天然由来成分を配合している自然派のシャンプーならなんでもいいのかというと実はそうでもないのです。

なかには自然派シャンプーを使っても、フケが増えたり、痒みが出たりする人もいます。

特に、シャンプーを新しく変えたときに頭皮トラブルが起きることが多いのが特徴です。

これは、以前使っていたシャンプー剤に慣れている状態の皮膚が、新しいシャンプー剤に慣れることができず、頭皮がカサついたりすることがたまにあるのです。

アレルギーというのは厄介なもので、化学製品などだけに反応するのではなく、天然由来の成分にも反応してしまうことがあります。

ですから、敏感肌、アトピー体質の人は、まずは気になったシャンプー剤があれば1週間程度試してみることをおすすめします。

もちろん、シャンプーするときは「よくすすぐ」ことを行って、1週間しても頭皮がカサついたり、痒みが出たりした場合には、残念ながらそのシャンプー剤は体質に合わないということになります。

合わないものを無理して続けてもよくないので、すぐに使用を中止したほうがいいでしょうね。

フケや痒みだけじゃなく、なかには頭皮がかぶれてしまうケースもあるので、そういった場合には医師に診てもらうことをおすすめします。

また自然派のシャンプーを使っても、間違ったシャンプーの仕方をしていても頭皮トラブルが発生することがありますので注意してください。

⇒正しいシャンプーの方法はコチラ

もちろん、湯シャンが体質に合う人もいると思いますよ。

まずは、自分に合ったシャンプー剤を見つけてくださいね。

栄養学を無視したダイエットをすると抜け毛が増加するという事実・・・

管理人、実はこの2月から3ヶ月間、いろんなダイエットに取り組んできました。

糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)にはじまって、ケトン式ダイエット、パレオダイエット(原始人ダイエット)、グルテンフリーダイエット、完全無欠ダイエットまで、基本的にダイエットの考え方のベースはほぼ同じなのですが、それぞれ細かい点で少し違いがあります。

ちなみに完全無欠ダイエットというのは、朝食をバターコーヒー(スペシャリティーコーヒーにグラスフェッドバダーとMCTオイルを混ぜる)に置き換えるというものですね。

詳しくはこちらの本に書いてあります↓↓↓


結果として、当初76キロあった体重が8キロ減って68キロまで落ちました。体重計で計る人

ラッキー、ラッキー、と喜んでいたのですが、実はそれと同時に抜け毛が増えた時期があったんですね。

シャワー時に抜ける毛が通常よりも多かったので、すぐに抜け毛が増えたことが分かりました。


いったいこの抜け毛の原因が何なのか、しばらくわからなかったのですが、ダイエット方法を見直してみるとひとつの事実が判明しました。

それは

「体が必要としている栄養が摂れていない」

ということです。


当たり前のことですが、髪の毛をつくったり、健康に保つためには栄養が必要です。

そして栄養は日々食べるものから体に吸収されて、血液を通じて体の各器官へと運ばれます。

野菜



無理なダイエットを行ったり、ダイエットのやり方が間違っていた場合、必要な栄養がとれなくなり、そのつけが抜け毛などの症状となって現れてくるのです。

とくに髪の毛というのは、体の中でも最も栄養が送られるのが後回しにされます。

それはそうですよね。

別に抜け毛が増えようが、ハゲになろうが、健康的には問題ないからです。

今回、管理人が試したダイエットは、巷では人気があるものなので挑戦した方も多いと思います。


どのダイエット法も科学的に裏付けがあり、健康的にも安全なものですが、内容を熟知しないまま形から入ってしまうと、間違ったやり方になっている可能性があるということを忘れてはいけません。

私の場合は、確かに体重は落とせましたが、やや自己流に走ってしまったため、必要な栄養素が明らかに摂れていなかったようですね。


体は栄養素が足りない状態になると、「栄養が足らない!」という危険信号を出して、栄養を吸収しやすくなります。

これが、俗にいうリバウンドってやつですね。

人間が食べ物から摂取すべき栄養素として、3大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物と、ビタミン、ミネラル(全部あわせて5大栄養素)があります。

これらをバランス良く摂ることが大切だといわれています。

ダイエットで、極端に食事量やカロリーを減らしたりすると、体は飢餓状態に入ってしまいますので、逆に脂肪などを溜め込もうとするので、リバウンドしやすくなるのですね。

ですから、流行りのダイエット方法を行う場合には、例えそれが科学的な裏付けがあるにしても、必ずやり方を間違えないことが大切です。

面倒くさいからと、自己流で行ってしまうと、私のように抜け毛が増える原因にもなりますので注意してください。

特にタンパク質やミネラルは、髪の毛をはじめ体をつくる働きがありますし、ビタミンは栄養素を運ぶ血管などの健康維持に大切な栄養素ですから、しっかり摂る必要がありますね。


また、全てのダイエット方法が万人向けだとは思えません。

糖質制限ダイエットが向いている方もいれば、そうでない方もいるということです。

いろいろ試してみることは悪いことではありませんが、まずは自分の体に合ったダイエット方法を見つけてください。

少しでも体調が悪くなった場合や、抜け毛が増えてきた場合などは、そのダイエット方法を今一度見直してみることです。

ではでは。

抜け毛が冬に多い理由とは何か?

抜け毛の多い季節というと、ほとんどの方が「秋」と答えると思います。実際に夏の終わりから秋にかけては、様々な理由で髪の毛にダメージが残り、抜け毛が多くなります。管理人も、1日50本程度だった抜け毛が、秋になってから150本位抜けて、びっくりしたことがあります。

⇒秋に抜け毛が急に増えた方


そして実は、1年のうちで秋についで抜け毛が多い季節が「冬」だと言われています。

冬に抜け毛が多くなる原因は、「冷え」と「乾燥」だと言われています。

冬になり、気温が下がると体が冷えます。特に首から上の顔や頭の部分は寒い外気に触れていることで温まらないことが多く、その結果血管が収縮してしまいます。

そうすると頭皮に向かう血流が悪くなります。血行が悪くなれば、髪の毛の成長に必要な栄養分が毛根に行き渡らなくなります。その結果、抜け毛が増えてしまうということです。


もうひとつは、温度と湿度が低くなってしまうことで頭皮が乾燥してしまうことで、頭皮の表面に存在するはずの皮膚バリアが正常に機能しなくなり、頭皮に炎症が起きてしまい、抜け毛につながります。

頭皮の炎症は、抜け毛やその他、フケやかゆみといった、頭皮全体の環境悪化にもつながります。また、頭皮の乾燥がすることで、皮脂量が多くなって皮脂が毛穴に詰まってしまい、毛穴に炎症が起きることも考えられます。

女性の冷え

とくに女性は、もともと冷え性の方も多く、洋服もスカートなど男性よりも肌の露出が多いことから、体が冷えやすくなるので注意しましょう。

また、ムリなダイエットや偏った食生活などで、筋肉量が減ってしまうことで体温が下がってしまうこともありますので、きちんとした生活習慣、食生活を送るように心がけましょう。

冬の抜け毛対策をしよう!



冬場は、乾燥しているため、スポーツしたり、肉体労働でもしない限り、それほど汗もかきませんので毎日シャンプーする必要はないと思います。

シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、ただでさせ乾燥している頭皮の皮脂量がもっと増えてしまいます。

女性の場合は特にシャンプーを減らすことに抵抗があるかもしれませんが、抜け毛が極端に増えてしまった場合は、シャンプーの回数や量を徐々に減らしていきましょう。湯シャンもおすすめです。

また、シャンプーする場合は、すこし温めのお湯に長めにつかり、体を温めた後に、頭皮の血行をさらによくするために頭皮マッサージをすると良いでしょう。

⇒正しい頭皮マッサージの方法

日頃、オフィスワークなど運動不足の方は、体を温める意味でも、ウォーキングや軽いジョギング、女性ならヨガやピラティスなどもおすすめです。そんな時間はない!という方はエレベーターをやめて階段を使ったり、ストレッチや軽い筋トレをして血行を良くする努力をしてください。

冬の冷え対策


また女性の場合、冬でもスカートなどの薄着をなるべく控え、体を冷やさないコーディネート、着こなしをしてください。できれば帽子やニット帽などをかぶって頭皮を冷やさないようにするといいのではないでしょうか。本当に寒い日には、カイロを持参するといいでしょう。



秋も冬も抜け毛が多いとなると、すでに薄毛の方やAGA(男性型脱毛症)にとっては辛い季節になりますが、冷えと乾燥対策をしっかりして乗り切りましょう。

抜け毛の原因になるフケを見逃すな!~フケの種類を知っておこう~

皆さんの中にも、日頃、フケに悩んでいる方もいると思います。

ただ、フケといっても、その多くは正常な生理現象の一つで、新陳代謝によって頭皮表面の角質層が剥がれ落ちたものと、汗やほこりなどが混ざったものが合わさっているもので、異常でもなんでもありません。


ですから、中学~高校生といった成長期の間は、「正常なフケ」がたくさん出ることがありますが、一向に心配はいりません。

フケ



その他にも、フケの原因は、何日も洗髪をせずに不潔にしていたり、ホルモンのバランスが崩れたり、心労など精神的なものに起因したり、ビタミン不足、炭水化物や脂質の摂り過ぎなど食生活によるもの、そしてアトピー性皮膚炎が関連するものなど多岐に渡ります。


ところが、フケには正常なフケと、抜け毛にもつながる異常なフケがあることを知っていましたか?


フケの種類を知っておこないと、知らぬ間に髪の毛が抜けていた、ということにもなりかねないので、この機会に覚えておきましょう。

抜け毛の原因となり得るフケとは?


通常のフケは、洗髪をすれば頭皮から剥がれ落ちるので、すぐに止まるのですが、異常なフケの場合は、洗ってもすぐに発生します。


一般的に、正常なフケとは乾いたフケです。


この場合は、刺激の少ないシャンプー剤で、きちんと頭皮を洗うことで解消されます。
オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなどを使って、頭皮マッサージを行うとよりよいでしょう。保湿をおこなうことで


気をつけなければいけないのが、「湿ったフケ」です。

湿ったフケ(湿性フケ)の場合は、頭皮から分泌される皮脂と、頭皮に常在する菌や微生物などが混ざり、脂肪酸に分解される過程で、頭皮を刺激し炎症を起こします。これが湿性フケになります。


湿性フケの特徴は、乾性フケのように、自然に剥がれ落ちることはなく、爪でひっかくとごっそり取れることがあります。また、かゆみを伴うことがあります。

この状態に皮脂の分泌異常を伴うと、脂漏性皮膚炎に発展することもあるので注意が必要です。


湿性フケを防ぐには、頭皮を清潔に保つ必要があります。

毎日、しっかりと洗髪することは大切ですが、間違った洗髪方法では、清潔にすることはできませんので、今一度、正しいシャンプーの方法を確認しておきましょう。


また、頭皮をゴシゴシ洗い過ぎると、皮脂の分泌が過剰になる場合がありますので注意が必要です。





フケとかゆみを防ぐシャンプーとして人気が高い、「コラージュフルフルシャンプー」には、抗真菌(抗カビ)成分のミコナゾール硝酸塩と抗酸化・殺菌成分オクトピロックスが成分に入っており、フケの増殖を抑え、かゆみを防ぎます。また、ピロクトンオラミンが入っており、皮脂の排出量を低下させ、毛幹径を太くさせる効果が期待できます。


コラージュフルフルは、ふけ、かゆみを抑えるシャンプーとしては、成分のバランスもよく、おすすめです。


それでも湿性フケが止まらない場合は、皮膚科に相談されることをおすすめいたします。

Return to page top