ホーム » 抜け毛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

抜け毛が冬に多い理由とは何か?

抜け毛の多い季節というと、ほとんどの方が「秋」と答えると思います。実際に夏の終わりから秋にかけては、様々な理由で髪の毛にダメージが残り、抜け毛が多くなります。管理人も、1日50本程度だった抜け毛が、秋になってから150本位抜けて、びっくりしたことがあります。

⇒秋に抜け毛が急に増えた方


そして実は、1年のうちで秋についで抜け毛が多い季節が「冬」だと言われています。

冬に抜け毛が多くなる原因は、「冷え」と「乾燥」だと言われています。

冬になり、気温が下がると体が冷えます。特に首から上の顔や頭の部分は寒い外気に触れていることで温まらないことが多く、その結果血管が収縮してしまいます。

そうすると頭皮に向かう血流が悪くなります。血行が悪くなれば、髪の毛の成長に必要な栄養分が毛根に行き渡らなくなります。その結果、抜け毛が増えてしまうということです。


もうひとつは、温度と湿度が低くなってしまうことで頭皮が乾燥してしまうことで、頭皮の表面に存在するはずの皮膚バリアが正常に機能しなくなり、頭皮に炎症が起きてしまい、抜け毛につながります。

頭皮の炎症は、抜け毛やその他、フケやかゆみといった、頭皮全体の環境悪化にもつながります。また、頭皮の乾燥がすることで、皮脂量が多くなって皮脂が毛穴に詰まってしまい、毛穴に炎症が起きることも考えられます。

女性の冷え

とくに女性は、もともと冷え性の方も多く、洋服もスカートなど男性よりも肌の露出が多いことから、体が冷えやすくなるので注意しましょう。

また、ムリなダイエットや偏った食生活などで、筋肉量が減ってしまうことで体温が下がってしまうこともありますので、きちんとした生活習慣、食生活を送るように心がけましょう。

冬の抜け毛対策をしよう!



冬場は、乾燥しているため、スポーツしたり、肉体労働でもしない限り、それほど汗もかきませんので毎日シャンプーする必要はないと思います。

シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、ただでさせ乾燥している頭皮の皮脂量がもっと増えてしまいます。

女性の場合は特にシャンプーを減らすことに抵抗があるかもしれませんが、抜け毛が極端に増えてしまった場合は、シャンプーの回数や量を徐々に減らしていきましょう。湯シャンもおすすめです。

また、シャンプーする場合は、すこし温めのお湯に長めにつかり、体を温めた後に、頭皮の血行をさらによくするために頭皮マッサージをすると良いでしょう。

⇒正しい頭皮マッサージの方法

日頃、オフィスワークなど運動不足の方は、体を温める意味でも、ウォーキングや軽いジョギング、女性ならヨガやピラティスなどもおすすめです。そんな時間はない!という方はエレベーターをやめて階段を使ったり、ストレッチや軽い筋トレをして血行を良くする努力をしてください。

冬の冷え対策


また女性の場合、冬でもスカートなどの薄着をなるべく控え、体を冷やさないコーディネート、着こなしをしてください。できれば帽子やニット帽などをかぶって頭皮を冷やさないようにするといいのではないでしょうか。本当に寒い日には、カイロを持参するといいでしょう。



秋も冬も抜け毛が多いとなると、すでに薄毛の方やAGA(男性型脱毛症)にとっては辛い季節になりますが、冷えと乾燥対策をしっかりして乗り切りましょう。
スポンサーサイト

抜け毛の原因になるフケを見逃すな!~フケの種類を知っておこう~

皆さんの中にも、日頃、フケに悩んでいる方もいると思います。

ただ、フケといっても、その多くは正常な生理現象の一つで、新陳代謝によって頭皮表面の角質層が剥がれ落ちたものと、汗やほこりなどが混ざったものが合わさっているもので、異常でもなんでもありません。


ですから、中学~高校生といった成長期の間は、「正常なフケ」がたくさん出ることがありますが、一向に心配はいりません。

フケ



その他にも、フケの原因は、何日も洗髪をせずに不潔にしていたり、ホルモンのバランスが崩れたり、心労など精神的なものに起因したり、ビタミン不足、炭水化物や脂質の摂り過ぎなど食生活によるもの、そしてアトピー性皮膚炎が関連するものなど多岐に渡ります。


ところが、フケには正常なフケと、抜け毛にもつながる異常なフケがあることを知っていましたか?


フケの種類を知っておこないと、知らぬ間に髪の毛が抜けていた、ということにもなりかねないので、この機会に覚えておきましょう。

抜け毛の原因となり得るフケとは?


通常のフケは、洗髪をすれば頭皮から剥がれ落ちるので、すぐに止まるのですが、異常なフケの場合は、洗ってもすぐに発生します。


一般的に、正常なフケとは乾いたフケです。


この場合は、刺激の少ないシャンプー剤で、きちんと頭皮を洗うことで解消されます。
オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなどを使って、頭皮マッサージを行うとよりよいでしょう。保湿をおこなうことで


気をつけなければいけないのが、「湿ったフケ」です。

湿ったフケ(湿性フケ)の場合は、頭皮から分泌される皮脂と、頭皮に常在する菌や微生物などが混ざり、脂肪酸に分解される過程で、頭皮を刺激し炎症を起こします。これが湿性フケになります。


湿性フケの特徴は、乾性フケのように、自然に剥がれ落ちることはなく、爪でひっかくとごっそり取れることがあります。また、かゆみを伴うことがあります。

この状態に皮脂の分泌異常を伴うと、脂漏性皮膚炎に発展することもあるので注意が必要です。


湿性フケを防ぐには、頭皮を清潔に保つ必要があります。

毎日、しっかりと洗髪することは大切ですが、間違った洗髪方法では、清潔にすることはできませんので、今一度、正しいシャンプーの方法を確認しておきましょう。


また、頭皮をゴシゴシ洗い過ぎると、皮脂の分泌が過剰になる場合がありますので注意が必要です。





フケとかゆみを防ぐシャンプーとして人気が高い、「コラージュフルフルシャンプー」には、抗真菌(抗カビ)成分のミコナゾール硝酸塩と抗酸化・殺菌成分オクトピロックスが成分に入っており、フケの増殖を抑え、かゆみを防ぎます。また、ピロクトンオラミンが入っており、皮脂の排出量を低下させ、毛幹径を太くさせる効果が期待できます。


コラージュフルフルは、ふけ、かゆみを抑えるシャンプーとしては、成分のバランスもよく、おすすめです。


それでも湿性フケが止まらない場合は、皮膚科に相談されることをおすすめいたします。

低血圧だと抜け毛が増えるって本当?

皆さんの中には、低血圧で悩んでいる方はいるでしょうか。

ちなみに管理人はどちらかというと高血圧気味なので、
血圧が低い方がうらやましいと思ってしまうのですが・・・。


健康診断でも、高血圧は様々な病気の原因になることから、
診断の基準がはっきりしていますが、果たして低血圧はどういった基準があるのでしょうか。


低血圧の基準は、一応WHOで定められています。

最高血圧110mmHg以下

最低血圧60mmHg以下


そして、低血圧の状態では様々な症状が体に起きます。

よく言われるのが、寝起きが悪い。めまいや立ちくらみがする、冷え性などでしょうか。
それに加えて、頭痛、体がだるい、肩こり、食欲不振、下痢や便秘、などなど、
低血圧で悩んでいる方ならお分かりだと思います。

低血圧


ちなみに低血圧は男性より、圧倒的に女性が多いのが特徴です。
女性に冷え性の方が多いのもある意味納得ですね。

低血圧と抜け毛の関係?


そもそも血圧というのは、血液が動脈に流れるときに、血液が血管の壁を押す圧力のことです。
血圧が低いという状態は、各臓器へ送る血液の量が減少してしまうため、血液が行き渡りにくいということです。



つまり、血液が行き渡りにくいということは、髪の毛の成長に必要な栄養が毛母細胞に
届きづらく、その結果、抜け毛が増えて薄毛になりやすくなるのです。ですから低血圧の場合、
頭皮が固くなってしまい、頭皮の温度も低いのです。



ですから、低血圧でかつ薄毛の方は、まずは血圧を正常にすることを心がけてみましょう。
もしかしたら、薄毛が改善するかもしれません。

低血圧の改善方法


高血圧の場合もそうですが、血圧を正常に戻すには、
日々の生活習慣や食生活、運動などが重要な要素になってきます。


規則正しい生活リズムを送る
適度な運動と、早寝早起きを心がけ、十分な睡眠をとる。

バランスの良い食事を摂る
特にタンパク質(肉、魚、卵などの良質なもの)、ミネラル、ビタミンが豊富な食材を多く摂るように心がけましょう。

食後にカフェインをとる
カフェインには、交感神経を刺激して血液のめぐりを良くする効果があります。
※夕食後にカフェインをとると睡眠が阻害されてしまう可能性があるので、朝食、昼食後がおすすめです。

部屋の温度差を調節する
エアコンで冷やし過ぎたり、暖かくしすぎることなく、屋外との温度差をあまりつくらない。


そして、低血圧を予防できるサプリメントとしておすすめなのが、
アミノ酸やミネラルが豊富なプロポリス、心肺機能を高めてくれる
コエンザイムQ10などです。




低血圧で薄毛に悩んでいる方、この機会に日常生活を見なおしてみてくださいね。

サーフィンと抜け毛の関係をはっきりさせておこう!

突然ですが、私、管理人の趣味はサーフィンです。
数年前に海の近くに引っ越してからは、週に2,3度は海に入っています。
仕事がある日でも、朝はやく起きて、日の出と同時に海に入っていることもしばしば。


どんなスポーツもそうですが、サーフィンというのは特に中毒性があるスポーツかもしれません。
自然を相手にしているため、同じ波は二度となく、反復練習ができないため、
他のスポーツよりも上達速度は遅いと思います。


だから、うまくなりたい一心で海に通うのです。
また、早朝の爽やかな海は、浮かんでいるだけで幸せな気分になります。

サーフィン


そんなこんなで日々サーフィンをやっているわけですが、
1年半ほど前から、奥さんが私の髪を見て、
「なんか髪の毛が薄くなってない?」と指摘するようになりました。


「そんなことないでしょ!」と否定はするものの、
確かに、頭頂部が薄くなっているというか、髪の毛に張りがないような気がしてたんですね。
おまけに前髪がなかなか伸びなくなっている。そう、髪の毛が弱くなっていたんですね。


遺伝的要素を除けば、抜け毛や薄毛は生活習慣と密接な関係があるということは
ある程度、理解していましたので、真っ先に疑ったのがサーフィンです。


巷では、サーフィン=健康、というイメージがあるかもしれません。
確かに、健康的な部分もありますが、結論から言うと、少なくとも
髪の毛や頭皮にはよくありません。健康どころか、悪影響を及ぼします。




紫外線が髪の毛や頭皮に良くないというのはご存じだと思いますが、
実は、海水で濡れた頭に紫外線が当たるのが、マジでヤバイんです。

海に行くと、色が抜けて、チリチリ状態のロン毛のサーファー兄ちゃんをよく見かけますが、
あれこそ、髪や頭皮が悪い状態だというのを示すいい例です。

海水+紫外線の髪に与えるダメージとは?



海水が髪の毛に悪いというのは、海水の成分がアルカリ性だからです。
髪の毛は弱酸性が一番いい状態なのですが、弱アルカリ性である海水に触れると
pHが、髪の毛を作っているタンパク質であるケラチンを溶かしてしまうのです。

※髪の毛の99%はケラチンで構成されています。


ケラチンが溶かされた髪の毛には、潤いがなくなり、パサパサ状態になります。
髪の毛自体がスカスカ状態ということです。


昔、小学校のプールの授業の時、先生からプールから上がったら
髪の毛をちゃんと流すようにと教えられたのは、
塩素が入ったプールの水を髪の毛から洗い落とすためです。


そして、このスカスカ状態の髪の毛に追い打ちをかけるのが紫外線です。


海水に触れるだけでも髪の毛は痛むのに、さらに紫外線が髪の毛にふりかかることで
メラニンが分解されて、赤茶けた色になってしまいます。また、タンパク質を構成する
システインと言われる部分にもダメージを与えるため、枝毛や切れ毛が起こりやすくなります。



また、紫外線は、頭皮に与えるダメージも相当深刻です。
髪の毛をつくる毛母細胞が紫外線によりダメージを受けると、抜け毛の原因になります。


これで、海水と紫外線を避けることができない、サーフィンというスポーツは
髪の毛や頭皮に相当悪影響を与えるということが理解できたと思います。


ん~、それは困った。。


じゃあ、サーフィンを諦めるか。。_| ̄|○カ


冒頭にも書いたように、サーフィンは中毒性の高いスポーツです。
一度やり始めると、なかなかやめられません。「今日は波いいよ!」なんて
情報が入ろうものなら、一目散に海に飛んで行きたくなります。


だから、結論としては、サーフィンを楽しみながら、出来る限り
髪の毛や頭皮のダメージを与えないように努力する、ということに行き着きました。


もちろん、髪の毛も大事ですからね。


サーフィンで受けるダメージをなるべく減らす方法



その1.紫外線を浴びないように帽子をかぶる。

海やプールで使用できる、紫外線防止の帽子というものがあります。
最初は抵抗がありますが、慣れてくると意外に気になりません。




その2.海から出たら、念入りにシャワーを浴びる。

海から出たら、真水のシャワーで海水を念入りに落としましょう。
これは絶対です!


その3.家に帰ったら、シャンプー&トリートメント

サーフィンが終わったら、寄り道などせずに、なるべく早く家に帰りましょう。
家に帰ったらシャンプーとトリートメントで髪の毛のケアをしてください。




サーファーが抜け毛と戦うためには、海水と紫外線が髪の毛や頭皮に悪いんだという
理解と、ダメージを最小限に抑える努力が必要だということです。

自律神経失調症になると抜け毛も増える?

いきなりですが、質問です。
人間の自律神経には交感神経と副交換神経とがあります。
このうち、抜け毛を促進させてしまうのはどちらでしょうか?


答えは・・・


・・・


交感神経です。



交感神経と副交感神経の特徴を簡単に説明すると、
交感神経は興奮している状態で、脈拍や呼吸数が増え、体温や血圧が上昇します。
副交感神経は、逆にリラックスしている状態で、脈拍や呼吸数が減り、体温や血圧が下がります。


人間はこの2つの自律神経を1日の中でうまくコントロールしています。
朝起きてから夕方までは交感神経が働き、活動的になり、夜から朝にかけての
睡眠時には、副交感神経が働いて、リラックスして休息状態に入ります。


おおむね、12時間ごとに交感神経と副交感神経が入れ替わるイメージですね。

副交感神経についてはこちらの記事でも少し説明しています。


そして、よく聞く「自律神経失調症」というのは、この2つの自律神経のリズムが
狂ってしまうことから起きます。例えば、夜寝ようとしても、交感神経が強く働いているために、
なかなか寝られないなんていうのは一例です。


症状はいろいろあるのですが、実は自律神経失調症にかかると、
抜け毛が増えてしまう原因にもなりかねないのです。


自律神経は私たちの体の様々な器官をコントロールしているため、
バランスが崩れると全身の機能に支障をきたしてしまいます。
抜け毛もそのひとつです。


交換神経が働くと、上述したように血圧が上がってしまう作用があります。


髪の毛は髪の根元にある毛細血管で作られ、栄養は血液から受けています。
つまり、血管が縮小して血圧が上がっている状態では、髪の毛に必要な
栄養素が行き渡らないので、結果として抜け毛につながります。



また、もうひとつ、交感神経による発汗も抜け毛の原因になります。
汗をかけば、頭皮から皮脂が分泌され、その皮脂が毛穴に詰まって、
炎症を起こしたり、髪の成長を妨げてしまう可能性があります。



こういう状態が続くと、頭皮の新陳代謝も落ちてくるので、
抜け毛が増え、残っている毛も細く、弱くなっていきます。


自律神経失調症を改善するには



困ったことに自律神経失調症には、いろんなタイプがあり、
人によって原因も症状も異なります。
正常な自律神経に戻るにはある程度時間がかかるのです。


まずは生活習慣やストレスなどの外的要因を見直してみましょう。

1.夜型の生活、不規則な生活習慣を改める。

2.ストレスをため込まない。発散できる何かを見つける(趣味など)

3.気を使いすぎない。

自律神経失調症はストレスから



自律神経失調症になりやすい人は、圧倒的に夜型人間が多いです。
夜はなるべくはやく就寝し、副交感神経を高める努力をしましょう。
寝る1時間前までには、パソコンやスマホを消しましょう。


現代人にはストレスはつきもの。問題はストレスをためてしまうと
自律神経失調症になりやすくなります。何か発散できる趣味などを持ちましょう。
また、人の評価を気にしすぎたり、人に気を使いすぎないように。


ちなみに、ビタミンには神経の働きを正常に保つ働きがあり、
ストレスへの抵抗力を高めてくれます。積極的に採っていきましょう。



また、女性の場合は更年期などで女性ホルモンのバランスが崩れることで
自律神経失調症になるケースもあります。びまん性脱毛症などを起こすことがあります。


こうしてみてみると、自律神経失調症というのは心理的な原因も大きいので、
すぐに改善できるものでもありません。まずは日々の生活でできることから
はじめていきましょう。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。