ホーム » 効く人

タグ「効く人」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

プロペシアが効く人、効かない人、はたしてその違いは?

今や、抜け毛・薄毛治療の救世主とまで言われるプロペシア、
実際に服用されている方も多いと思いますし、外用のミノキシジルと並んで、
AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、我が国でもメジャーになりつつあります。


もちろんプロペシアは医薬品ですから、AGAの治療において、
他の医薬部外品の育毛剤などに比べて効果はかなり期待ができます。

では実際、どのくらい効果があるのでしょうか?


プロペシアを飲み続けて、効果が出る方は8割くらいと言われています。
ここでの「効果が出る」というのは抜け毛が止まり、
その後、多かれ少なかれ発毛することを意味します。


中には、プロペシアを飲見続けても、抜け毛は止まったけど、
髪の毛が生えない(現状維持)、そして全く効果がないという方も数%ですがいるそうです。


効果が出ない方の中には、もしかしたら薄毛の原因が
AGAではない方も含まれているかもしれません。

プロペシアはAGA治療の内服ですので、
AGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はありません。


また、プロペシアの効果のほどは、薄毛になってから、
どのくらいの期間が経っているかが大きなポイントです。

薄毛に気がついて、すぐにプロペシアを飲み始めた方と、
薄毛になってから、かなりの期間が経ってから飲み始めた方では効果は相当違ってきます。


例えば、AGAがもうすでに進行してしまって、頭がツルツルの状態ですと、
いくらプロペシアを長期間飲んだとしても、効果はあまり期待できないでしょう。

また、偽物のプロペシアが氾濫しているそうですが、
当たり前ですが、本物のものしか効果はでませんので気をつけてください。
必ず信頼できるところから手に入れてください。



いずれにしても、プロペシアの回復改善効果が期待できる期間は、
約4年間と言われています。ですから、飲みはじめて1年間経つけど、
効果があまり感じられないな、と思っても、もう少し様子を見ましょう。

焦る気持ちはわかりますが、AGA治療においては、気を長くして付き合っていく覚悟が必要です。
今のところ、一番効果がある薬であることは間違いないのですから。
スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。