ホーム » 円形脱毛症種類

タグ「円形脱毛症種類」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

円形脱毛症の種類|円形脱毛症は10円ハゲだけじゃない

10円ハゲだけが円形脱毛症ではないのです


円形脱毛症と聞くと、なぜか「ストレスが原因でしょ」と思う方が多いと思いますが、
円形脱毛症のメカニズムはもっと複雑なものです。

確かに、ストレスが原因で円形脱毛症を発症することもあるそうですが、
ほとんどの例がストレスが直接的な原因ではなく、
あくまでも数多くある原因のうちの、ひとつの誘因です。


現段階において、円形脱毛症の全ての原因が解明されているわけではありませんが、
確定的な原因としてわかっているのは「自己免疫疾患」であることです。


人間には、免疫反応があり、外部からウイルスや細菌が入ってくると
自ら抗体をつくって、それらを攻撃して体を守ります。

ところが、自己免疫疾患の場合は、なんらかの原因で
自らの身体の成分を間違って攻撃してしまいます。



円形脱毛症の場合には、免疫反応により、
髪の毛の毛母細胞が攻撃され、
ヘアサイクルの成長期にある髪の毛が一気に抜けてしまうのです。


円形脱毛症には、脱毛の場所や範囲によって種類があります。


単発型

俗にいう、「10円はげ」
円形脱毛症の最も多い症状です。

頭部の1箇所もしくは2箇所に起きます。
大きさは小さいものから大きいものまで様々です。

この場合は、気づいたらなっていた、ということが多く、
ほとんどのケースは治療の必要がありません。


多発型

数カ所から、数十箇所に円形の脱毛症が見られます。
単発型から進行するケースもあり、
広範囲に脱毛するケースもあります。


全頭型

多発型の円形脱毛症が進行場合と、びまん性に脱毛が進み、
いずれの場合にも髪の毛が全て抜け落ちます。


汎発型(悪性円形脱毛症・全身脱毛症)

髪の毛以外の、体のあらゆる体毛(眉毛、ひげ、陰毛、すね毛など)が抜け落ちます。
円形脱毛症の中で、最も重い症状になります。

Return to page top