ホーム » トリートメント

タグ「トリートメント」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

トリートメントって男がする必要ある?実は髪を乾燥させる!?

その昔、管理人が20代前半の頃、街を歩けば長髪、ロン毛の男で溢れかえっていました。

1991年に大ヒットした月9ドラマの「東京ラブストーリー」で江口洋介が、かつてないほどのシャレオツなロン毛を披露し、その後、キムタクもロン毛になってからというもの、ロン毛を崇拜する若者が増えたんです。

ときはチーマー全盛時代で、街を行く若者はアメカジファッションに身をつつみ、髪はロン毛っていうのが主流だったんです。

何を隠そう、この頃は管理人もご多分に漏れずロン毛でした。(笑)

薄毛を気にしている今の歳じゃ考えられませんが、あの頃は、本気でロン毛が格好いいと思ってましたからね~。

もちろん、江口洋介やキムタクには程遠かったですが・・・。

さてさて、ロン毛にしたことがある人や女性ならわかると思いますが、ロン毛って髪洗うのが大変です。

シャンプーするにも洗い流すにも時間がかかるし、乾かすのにも時間がかかる。

そして、髪の毛のダメージを気にして、トリートメントなんかつけたりして。。。

あの頃のロン毛の男たちは、毎晩のように、トリートメントやリンスをしてたんだろうなぁ。

トリートメントって男に必要?


結論からいってしまうと、本来、髪の毛にはトリートメントやリンスって必要ないものです。

女性にも、もちろん男性にもです。

髪の毛のダメージ

出典:photo AC


トリートメントの目的は、傷ついて乾燥してしまった髪の毛を補修補正するためのものとされています。

確かに、トリートメントを使うと、一旦ツヤが戻ってツルツルになって、手触りも良くなったように感じますが、実のところ2~3週間もすれば、また元に戻ってしまうんですね。

これが、いわゆるリバウンドというやつです。

まず、髪の毛というのは本来、他の器官と同様に「自然治癒力」が備わっています。

毛母細胞から生まれた髪の毛(毛髪)は、食べ物から得た栄養分をもとに毛穴の中でで成長し、毛穴から外に出てくると、空気中の水蒸気を取り入れることで、潤いを維持します。

だから、正常な髪の毛では、濡れているときに引き締まって、乾いていくとサラサラとした手触りを感じます。

これが俗にいう、「髪の毛のキシミ」です。

このキシミは正常な髪の毛の状態でも見られるものです。

このキシミを、髪の毛のダメージと思って、トリートメントやリンスをつけてしまいがちですが、逆にそのことが、髪の毛が乾いた後もゴワゴワした硬い手触りが残る原因になってしまうのです。

ハッキリいいますが、トリートメントは必要ありません!

髪の毛の乾燥対策、潤い対策として、トリートメントを使用している女性もいますが、髪の毛の潤いというのは、水分(ミネラル)によって保たれています。

髪の毛にある皮脂がフタの役目をして、水分の蒸発をコントロールしているんですね。

髪の毛の潤いは、毛髪にある7層のキューティクルの隙間に皮脂が染み込んで、内部の水分(ミネラル分)を保っているのです。

そう、トリートメントなどの外部からの異物を使って、潤いを持たせるものではないのです。

シャンプーとトリートメント


そして、男性諸君。

特に短髪の男性が、トリートメントを使うと頭皮についてしまう可能性が高いです。

それが流しきれずに残ったままだと頭皮にムチャクチャ負担がかかります。

トリートメントに含まれる成分や化学物質は、シャンプーに比べてもよくないものが多く、頭皮や毛穴の環境悪化につながるので、本当にヤメたほうがいいですよ。

男性はもちろん女性も、髪の毛のダメージ補修のためにトリートメントを使うのはよくないということです。
スポンサーサイト

髪の紫外線対策にはトリートメントが効果的?【男性も必見!】

私たちの髪の毛は常に外気にさらされており、日々知らず知らずのうちに
紫外線を浴びてダメージを受けています。特に春から夏にかけては紫外線量も増えて
くるため、ダメージ量もハンパないのです。


紫外線を浴びることによって髪の毛に紫外線が吸収され、髪の毛を
構成しているアミノ酸が酸化してしまいます。そうすると髪の毛を作る
タンパク質(ケラチン)がダメージを受けます。

こうしたダメージをほっておくと、髪がぱさついたり、傷ついたりします。

紫外線による髪のダメージ

ダメージを放ったらかしにしたつけが、いわゆる「秋の抜け毛」につながるのですが、
夏にしっかりと紫外線対策を行っていれば、髪のダメージはもとより、
秋の抜け毛も防げますので、最近、薄毛に悩んでいる方はぜひ、
しっかりとした紫外線対策をすることをおすすめします。


夏の紫外線対策といいましたが、年間の月別紫外線量を見てみると、
UVA(紫外線A波)は4月~8月がピーク、UVB(紫外線B波)は5月~8月がピークなので
実際には春ぐらいから本格的な紫外線対策が必要になります。


紫外線から髪の毛を守るには、つばの広い帽子をかぶるのが直接の日差しを
防ぐことができるのでおすすめなのですが、仕事中はかぶれませんよね。

そこでおすすめしたいのが、トリートメントです。

トリートメントの役割は、髪表面の状態を整えて、水分と油分を補ってくれます。
また表面が傷んだ髪の毛の内部に浸透して、タンパク質成分を補給してくれるので
外側からだけでなく、内側から髪の毛を回復させてくれるのです。

ですから、ぱさついた髪、枝毛や切れ毛にはもってこいなんですね。

似たもので、リンスやコンディショナーがありますが、これらはいずれも髪の表面に
のみ作用し、髪の内部までには作用しませんので、紫外線対策には
やはりトリートメントがベストなのです。

トリートメントの使い方



シャンプーが終わったら、トリートメント剤を手に適量とり、髪を撫でるように
髪の中間から毛先を中心につけるようにしてください。

⇒正しいシャンプーの方法はこちらから

その後、目の細かいクシを使って根本のほうから毛先に向かって通してください。
こうすることでよりトリートメントが髪の毛に浸透しやすくなります。


注意点は、リンスと同様、トリートメント剤は
絶対に頭皮につけないでください。

頭皮の毛穴に油分がつまってしまい、フケやかゆみの原因にもなりますし、
最悪の場合、雑菌が繁殖して抜け毛の原因にもなりかねません。


女性は割りと、日頃から、リンス、コンディショナーそしてトリートメントを
使っている方も多いと思いますが、男性の場合、シャンプーのみ、という方が
ほとんどだと思います。

「トリートメントなんて女のするもんだろ」

もはやそんなことは言ってられませんよ(笑)
最近では、男性用のトリートメントや育毛シャンプーのトリートメント版も
販売されていますので、自分に合うものを選んでみてください。


いつも秋になると抜け毛がひどくなる方、最近、髪の毛がぱさついてる方、
髪のダメージをほっておいて後で後悔する前に、シャンプー+トリートメントの
習慣をはじめてくださいね。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。