ホーム » シャンプー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ /

シャンプー洗髪で皮脂を取り過ぎると薄毛になる理由をまとめ

管理人は、一時、湯シャンに励んでいまして、1ヶ月くらいでまたシャンプー洗髪に戻しました。

それは湯シャンの効果を知りたかったというのもありますが、いつの間にか、以前の習慣に戻ってしまったという理由もあります。習慣って怖いですね。

そしてまた今、湯シャンに励んでいます。ちょうど3週間くらい経ちましたが、今回は長期間続けられそうです。


湯シャンの記事はちょくちょく書いてきましたが、こればかりは実際にやっていただかないことにはわかりませんので、思い立ったが吉日、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

湯シャン後1週間くらいは、髪があぶらっぽくて頭皮もテカテカしている感じ、加えて地肌が痒くて・・・という現象が起きます。私の場合もそうでしたので、特にこれから夏本番を迎える季節からはじめるのは辛いかもしれません。

ただ、2週間を過ぎたあたりから、そういった症状が解消されてきます。


そもそも皮脂が増えすぎるとなぜいけないのか?

シャンプー剤で洗髪すると、頭皮の下にある毛根部分の皮脂腺が大きくなります。これはシャンプー剤で頭皮を洗うことにより皮脂を取り過ぎてしまい、かわりに皮脂を増やそうと皮脂腺が発達して皮脂の分泌量が増えるためです。

ではなぜ皮脂が増えちゃいけないのか?

私たちの髪の毛は、毛細血管から栄養分をもらって細胞分裂を繰り返すことにより、太くたくましくなります。これが正常な髪の毛です。

でも皮脂腺が発達して皮脂の分泌量が増えてしまうと、本来髪の毛に行くはずの栄養が皮脂腺に行ってしまうのです。これでは髪の毛が成長するための栄養分が足りずに、結果正常な髪の毛が減って、かわりに細くて弱い髪の毛が増えていきます。

皮脂腺


通常、髪の毛はひとつの毛穴から2~3本生えていますが、栄養分が行かないため、そのうちの1本、そして2本、最後には3本とも細く弱い毛に変わっていきます。

これが進行することで、薄毛になるというわけなのです。


シャンプー洗髪で新陳代謝も悪くなる

シャンプー洗髪の弊害はもうひとつあります。それはシャンプーをしすぎると頭皮を痛め、頭皮が薄くなり、新陳代謝が衰えていきます。ご存知の通り、ほとんどのシャンプーには高い洗浄力がある界面活性剤が入っています。頭皮の表面には外部からの異物の侵入を防ぎ、水分の蒸発を防ぐためのバリア機能がもともとありますが、シャンプーに含まれる界面活性剤によってこのバリアが破壊されてしまいます。その結果、頭皮は乾燥して細胞の再生機能が衰えてしまいます。

つまり、シャンプー洗髪のしすぎは、髪の毛そのもの、そして髪の毛を支える頭皮にも良くないということですね。

実際、この皮膚バリアは5日ほどで再生するのですが、その間にまたシャンプーをしてしまうと、また破壊されます。ほとんどの日本人が毎日シャンプーしていますから再生できませんよね。

その他にも、シャンプー洗髪による弊害はあるのですが、ここでは割愛します。(また今度)


そして、これらを解消するのが湯シャンです。

髪や頭皮についたほこりや汚れなどは、ぬるま湯で2~3分も洗えばほとんど取れてしまいます。わざわざシャンプーをする必要はないのです。

シャンプーをやめることで髪の毛や頭皮が本来の機能を取り戻し、皮脂量は落ち着いて、皮膚のバリア機能も正常にもどります。


湯シャンには興味があるけど、臭いが心配という方もイルと思いますが、3週間、ぬるま湯のみで洗った私の髪と頭皮ですが、妻に臭いを確認してもらったところ、シャンプーで洗っていた時と変わらないとのことでした。

中年の方であれば多少の加齢臭はするでしょうが、それは加齢によるもの。湯シャンが原因で、イヤな臭いはしません。

この夏は湯シャンで乗り切っていこうと思います。

スポンサーサイト

危険!大切な新生毛が間違ったシャンプーで抜けてしまう!

人間の髪の毛は、ヘアサイクルにそって、抜けてはまた、
新たに新しい毛が生えてきます。あらたに生えてくる髪の毛を新生毛といいます。

http://ikumoujyouhou.blog.fc2.com/blog-entry-79.html


ヘアサイクルは1本の毛が成長して伸び、最終的に抜け落ちるまでの期間で
男女平均するとおおむね2~6年で1サイクルです。このヘアサイクルの内、
ほとんどが成長期にあたります。


ヘアサイクル02



1日あたりに抜ける髪の毛は50本~100本程度。これくらいは正常の範囲なんですね。
「シャンプーをした後に、髪の毛が排水口のカバーに何十本も見つかって心配」だ、
なんていう声をよく聞きますが、その程度の抜け毛なら正常な範囲で、
いたって普通のことですから全く心配は入りません。


むしろ恐いのは、間違ったシャンプーをすることで、
新たにこれから成長してくる新生毛を引き抜いてしまうことです。


これ、まじでヤバイです。


だってこれから髪の毛になるはずの髪がなくなるのですから・・・。


ですから、正しいシャンプーは育毛環境を保つのに最も重要な習慣です。
ということで、こちらのページを今一度チェックしてみてください。

⇒正しいシャンプーの方法


このページでも説明していますが、洗髪の肝は指の使い方です。


爪をたててゴシゴシ洗うのは言語道断ですが、指の腹ではなく、
指の頭を使うのが重要です。良く「指の腹を使って洗いましょう」と言われますが、
指の腹でゴシゴシ洗っても新生毛が抜ける可能性があるのでNGです。



ポイントは指の頭を使って、頭皮を揉むように小刻みに動かして
マッサージすることです。感覚としては髪の毛を洗うのではなく
頭皮と毛穴を洗う感覚です。


このやり方でシャンプーをすると、洗髪後のスッキリ感が断然違ってきますよ。


とにかく、頭皮というのは私たちの体の中でも最も不潔になりやすい部位の一つです。
そして最も”洗いにくい”部位でもあるのです。


忙しいからといって、正しい方法でシャンプーすることを怠ると、
あなたの髪の毛や頭皮にとって、危険なことが起こりかねません。


今一度まとめると、健康な髪の毛を保つには、規則正しい生活習慣と食生活、
そして睡眠と、正しいシャンプーを毎日続けることです。
ヘタに育毛剤などに頼らなくても、強くてたくましい新生毛が生えてくるでしょう。


今回は、新生毛を大切に!というお話でした。

1日に2回シャンプーしてもいい人の条件とは?

最近では、夜にシャンプーしても、朝起きてから、もう一度シャンプーする人が増えています。
ただ、統計的にみても1日に2回シャンプーする必要のある人はほとんどいません。


髪の毛をケアしたいという理由で、男性よりも女性のほうがこの傾向があります。
確かに、カラーリングやパーマなどをするのは男性よりも女性に多く、
「ヘアケアをちゃんとしなきゃ」という半ば強制観念で複数回シャンプーしている方も多いといいます。


なぜこれほど1日に2回シャンプーする人が増えたのでしょうか?その理由のひとつに、
広告があります。テレビをつけたり、雑誌を開けば、必ずと言っていいほど「ヘアケア」や
「スカルプケア」に関する広告や宣伝がありませんか?


こういった広告のおかげで、本来気にしなくていい人も、過剰に反応してしまうのです。
特に女性は一般的に男性に比べて皮脂量が少なく、1日に2回シャンプーするのは
洗いすぎの可能性が高いです。


シャンプーのしすぎ



洗いすぎや、間違ったシャンプーの方法を続けることで、逆に髪を痛めたり
新たに生えてくる毛(新生毛)が抜けてしまう可能性があるので注意しましょう。

⇒正しいシャンプーの方法


ただ、中には1日に2回シャンプーをしたほうがいい人もいます。
それは下にあげるような人です。

10代後半から20代前半の男性で皮脂量が多い人
(男性ホルモンが活発なため皮脂量が多い)

脂性肌の人


皮脂量が多い、いわゆる脂性肌の人の場合、皮脂で毛穴が塞がれ、
頭皮の炎症の原因になったり、ニキビができたりします。
また、皮脂が多いと育毛剤が頭皮や毛穴に浸透しません。
(育毛剤は一般的にアルコール+水系のものが多く油とはなじまない)


また、皮脂量が多いと、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症などの原因にもなりかねません。


ただ、自分が脂性肌かどうかというのは、専門機関などでマイクロスコープを使って
調べる必要がありますが、そんな面倒くさいことやってられない!という方におすすめの、
自宅でできる脂性肌のチェック方法をお伝えします。

500円玉



1.まず500円玉を用意し、予め額の部分をタオルで拭いておきます。

2.500円玉を額に当てて、3秒間手で押します。

3.手を離して、そのまま下を見ます。

4.500円玉がすぐに落ちるようなら乾燥肌、3秒程度でおちるなら普通肌、
 しばらく落ちないようなら脂性肌です。



その他にも、皮脂量チェッカーなどを使うと正確な皮脂量を確認できますので
気になる方は量ってみてください。

Amazon


楽天


皮脂量が多くても少なくても、頭皮にはよくありません。
まずは自分の皮脂量を確認しておくことが大切です。

その上で、1日に2回シャンプーをしてもいいかどうか判断してくださいね。

抜け毛を増やさない効果的なシャンプーの方法を知っていますか?

抜け毛を増やさないためには、シャンプーは毎日しないほうがいいとか、
シャンプーは頭皮に良くないから湯シャン派だ、など、いろんな方がいると思いますが、
最近の管理人は1日1回、寝る前のシャンプー(洗髪)をしています。


抜け毛云々以前に、やっぱり寝る前にはキレイにして布団に入りたいですからね。
髪や体を洗わないで寝るのは気持ち悪いですし、個人的にはあまりやりたくありません。

以前使っていた育毛シャンプーではなく、家族が使っている、
肌にやさしい低刺激のものを使っていますが、ここのところは
特に抜け毛が増えてはいませんので育毛シャンプーにはこだわっていません。


さてさて、正しいシャンプーの方法はこちらの記事にまとめてあるので参考にしてもらうとして、
改めて、シャンプーの目的は頭皮の汚れを落とすことです。「洗って落とす」
つまり、一番重要なのは言うまでもなく、すすぎです。


いくら頭皮をキレイにしたとしても、シャンプー剤が皮膚に残ってしまったら言語道断です。
頭皮も荒れますし、髪の毛にとってもいいことがありません。

シャンプーはすすぎが一番大切


では、なるべく簡単に確実にすすぎを行うテクニックをお伝えします。

それは、シャンプー液は少なめにして洗うことです。

よく、ちゃんと洗いたいから大量のシャンプー液をドバっと手の平に出して、
頭に付けているなんて言う人もいますが、あれはいけません。
シャンプー剤を落とすのに時間がかかりすぎてしまい、すすぎ残しの原因にもなります。


もちろん、シャンプーをつける前の予備洗いでも、ある程度の汚れは落ちているので、
後は少量のシャンプー液をつけて、頭皮を洗って、さっと流せばOKです。
だいたい2~3分もあれば余裕で終わります。

管理人はカラスの行水ですので、入浴自体が全部で10分程度で終わってしまいますけどね(笑)


あと、もうひとつ注意点があります。
シャンプー液を直接髪につけて泡立てないことです。
シャンプー液で髪をこするとキューティクルが失われますし、頭皮にも良くありません。


少ないシャンプー液では泡が立ちにくいという方は、洗顔用の泡立ちネットがおすすめです。
管理人もネットを使っていますが、最初使った時は、少量のシャンプー液でこんなに泡立つのか!
とびっくりしました。手で泡立てている場合ではありません(笑)

⇒耐久性抜群の簡単泡立ちネット


ちなみに、育毛とは関係ない話ですが、洗う順番は頭→体です。
逆ですとシャンプー剤が体に残る可能性がありますので、
もう1回流す必要がでてきますからね、とっても効率が悪いです。

ではでは。

パラベンフリーのシャンプーは敏感肌の人にとっていいのか

最近は化粧品などもそうなのですが、敏感肌の方向けに、
天然成分、自然派、低刺激でお肌に優しい商品がたくさん
販売されています。

実際に育毛シャンプーの裏側の成分表記をみてみると、
無添加・無香料・ノンシリコン、そして、パラベンフリーなどと
書かれてあるものも、たくさんありますね。

パラベンフリーのパラベンとは何どんな成分なのでしょうか。

パラベン、簡単に説明すると、防腐剤です。
正式名称を「パラオキシン安息香酸エステル類」と言い、
薬事法で表示が義務付けられている指定成分です。


なぜパラベンが入っているのか、というと、
例えばシャンプーや育毛剤を一度開封して、そのままにすると
バラベンが入ってなければ、腐ってカビだらけになってしまいます。

ですから、商品を長く使っていくには必要な成分なのですね。

ただパラベンは、皮膚にアレルギーを起こす可能性があるとされ,
肌を弱酸性に保てないため、敏感肌やアトピーの方にとっては
刺激となってしまうとも言われています。


ただ、最近では、刺激性の低いメチルパラベンが使用されているので、
世間で言われているほど悪くはなく、実際に肌荒れを起こす人は
1万人に3人くらいの割合でしかないという報告もあります。


パラベン自体が、1940年代に指定された成分のため、
危険性の基準が古いため、当時は確かに刺激や危険性のある防腐剤という
認識だったかもしれませんが、今ではその安全性は高くなっております。

ですから、パラベンが悪いもの、というのは、ある意味、本当ですし、
ある意味では本当ではないとも言えます。



自分が敏感肌、アトピーと認識されているのであれば、
できるだけ弱酸性のもの、そしてパラベンフリーのものを
選んだほうが良いでしょう。

ただ、それ以外の方にとってはパラベンの安全性に関しては
それほど気にするものではないと思います。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。